今週のトピックスまとめ

ドン・キホーテ公演
日本人ダンサー2人が出演

ニュージャージー・バレエカンパニー

ニュージャージー・バレエカンパニーは、14日(土)はMPAC、4月18日(土)はバーゲンPACで、各日午後8時〜、演目「ドン・キホーテ」を上演する。

ダンサーの望月理沙さんと山本裕貴さんが出演する。チケットは下記のウェブサイトから申し込む。

望月さんは東京生まれ。ルーマニアのシビウ劇場、コンスタンツァ国立歌劇場バレエ団、ティミショアラ国立歌劇場バレエ団でプリンシパルやソリストとしての経験がある。

山本さんは白鳥バレエ学園出身。日本グランプリのファイナリストで、ニューヨークのアイリースクールの奨学金を獲得した。

「ドン・キホーテ」のステージに立つ、ダンサーの望月さんと山本さん

【場所/問い合わせ】

MPAC

100 South St.
Morristown, NJ 07960
mayoarts.org

Bergen PAC

30 N. Van Brunt St.
Englewood, NJ 0763
bergenpac.org


無 料
コーチング型リーダーシップ
ウェビナーを開催

コーチ・エィ

コーチ・エィは、16日(月)午後7時〜8時15分に、Zoomで「コーチング型リーダーシップウェブセミナー」を開催する。同社は、個人と周囲の関係性にアプローチするシステミック・コーチングをいち早く体系化し、100名以上のプロフェッショナルコーチを抱え世界5カ所に拠点を置く。左記ウェブから要事前登録。

【問い合わせ/申し込み】

TEL: 212-682-1645
coacha_nyevents@coacha.com
coacha.com/form/seminar/us20200316/form.html


BOROテキスタイル展
クリエーターの作品も展示

ジャパン・ソサエティー

ジャパン・ソサエティーは、6月14日(日)まで、同ギャラリーで、展覧会「BORO(ぼろ)テキスタイル〜継続性の美学」を開催している。

Boro収集・研究の第一人者である民俗研究家、田中忠三郎さんの米国初公開となる個人コレクションから、日常着や敷布などのBoroテキスタイル、その手法から影響を受けた川久保玲、三宅一生、山本耀司などの作品までを展示。

チケットは一般12ドル、学生・シニア10ドル、同会会員、16歳以下・障がい者および付添者無料。毎週金曜日午後6時〜9時は無料。申し込みは、左記の電話か、ボックスオフィスで。

(左)Tanzen (padded oversized kimono). Photo by Kyoichi Tsuzuki. Courtesy of Amuse Museum, Chuzaburo Tanaka Collection; (右)Susan Cianciolo, Run 12: God is a Jacket, 2018. Courtesy of the artist and Overduin & Co.

 

【場所/問い合わせ】

333 E. 47th St.
TEL: 212-715-1258
japansociety.org


ジャズコンサートを開催
歌手生活40年の集大成

豐田チカ

ジャズシンガーの豊田チカさんが、27日(金)午後8時〜と午後10時〜の2回、ジャズ・アット・キタノでコンサートを開催する。

特別ゲストはルイス・ナッシュさん(ドラム)。出演は他に、椎名豊さん(ピアノ)、マーティー・ジャフィーさん(ベース)。カバーチャージは35ドル。別途20ドル以上の飲食オーダーが必要。下記の電話かEメールで申し込む。

豊田さんは故大橋巨泉さんの次女。2001年と02年にアポロ劇場の「ア・グレート・ナイト・イン・ハーレム」に旧芸名チカシンガーで出演。19年に歌手生活40年を迎えた。

ジャズシンガーの豊田チカさん

 

【場所/問い合わせ】

66 Park Ave.
TEL: 212-885-7119
jazz@kitano.com
chikajazz.com


【編集部よりおしらせ】

コロナウイルスの感染拡大に伴い、2月28日付紙面で開催を告知した「Together for 3.11 追悼式典」(3月8日開催予定)が急きょ開催を中止しました。また1月24日付紙面で告知した「ニューヨーク合唱フェスティバル」(3月11日開催予定)は、3月16日(月)へ開催を延期しました。

今後も同様に、当地で開催予定のイベントが、急きょ延期・中止される可能性があります。弊紙で掲載済みのイベントに関しては、主催元のウェブサイトおよびSNSなどで最新情報を確認してください。

ニューヨーク市保健局によると、現在、全世界で猛威をふるっているコロナウイルス(COVID-19)の症状には、発熱、せき、息切れなどが挙げられます。感染の疑いがある場合は、各医療機関にお問い合わせください。

同市が推奨している予防対策は次の通りです。

▽石けんを使用して、20秒以上手を洗う(アルコール除菌液も代用可)

▽他人と握手をしない

▽洗っていない手で顔を触らない

▽症状のある人との、至近距離での接触を避ける

▽せきやくしゃみをする際は、ティッシュで口と鼻を覆う

▽可能であればリモート勤務を行う。出勤時は徒歩および自転車での通勤を考慮する。あるいは、出勤時間をずらす

▽多くの人が触った物をこまめに拭く、または消毒する

詳細は、同市特設ウェブサイト(nyc.gov/corona virus)をご確認ください。


チェキ新機種「instax mini 11」
明るさ自動調節機能を実装

富士フイルム

富士フイルムは2月、マンハッタンの同社店舗「ワンダーフォトショップ」にて、新製品「instax mimi 11」の北米発表会を開催した。

1998年の発売以来、根強いファンを持つというチェキ「instax mini」シリーズの最新機種で、重量293グラムという軽量化を実現。周囲の明るさに合わせて、特別な操作なしでシャッタースピードやフラッシュ光量を調節する「明るさオート」や、レンズを引き出すことで作動する「セルフィーモード」などの新機能を搭載している。色は「ブラッシュピンク」「ライラックパープル」など全5色展開。着せ替え様シャッターボタンも別売り予定(2個同梱)。

発表会では、富士フイルム・ノースアメリカ・コーポレーション社長兼CEOの岩﨑哲也さんが、「プリント写真が、人々が感情を共有して互いを知るための架け橋となれば」とコメントを述べた。

ユーザー層を意識した5色を展開。シャッターボタンやストラップも着せ替え(別売)可能

 

プリント写真の重要性と役割を力説する、岩﨑哲也社長兼CEO

 

Fujifilm Wonder Photo Shop

176 5th Ave.instax.com/mini11/en


ジャズトランペット奏者
アルバムリリース公演

大野俊三

ジャズトランペッターの大野俊三さんが、4月1日(水)午後8時30分(開場7時30分)〜、バードランドシアターで、アルバム「Runner」リリースコンサートを開催する。

出演は他に、アイラ・コールマンさん(ベース)、ジーン・ジャクソンさん(ドラム)、デービッド・バークマンさん(ピアノ)、サーシャ大野さん(チェロ)など。チケットは20〜30ドル。下記ウェブサイトから申し込む。大野さんは74年に来米。これまでにグラミー賞を2度受賞。昨年9月に著書『君に届け! 希望のトランペット』(潮出版社)を刊行した。

315 W. 44th St.birdlandjazz.com


「儀式と伝統」テーマの展覧会
特別講演会も開催

日本クラブ

日本クラブは19日(木)まで、同クラブ7階の日本ギャラリーで「儀式と伝統〜日本の美術工芸」展を開催している。

主に帝室技芸員や人間国宝により制作された、近現代工芸品を紹介。日本古来の香道、茶道、華道、仏教や神道の儀式、宮中や武家の生活様式、劇場、舞踊など、幅広い分野での美術工芸品を展示する。

帝室技芸員の並川靖之さんによる、修学院離宮を描いた七宝の「香炉」や、人間国宝の2代目前田竹房斎(まえだ・ちくぼうさい)さんの、竹の花かご「輪違文花籃(わちがいもんはなかご)」、漆芸家の岡田紫峰(しほう)さんによる蒔絵(まきえ)の重箱など、技巧を凝らした珠玉の美術工芸品を展示。

また、明治から大正期にかけて東京・浅草で活躍した金工家の長谷川一清(玉東斎)さんの作品「鴨の香炉」も展示する。

他にも、現代陶芸家の木村芳郎さんの花瓶や、岐阜県重要無形文化財保持者の林正太郎さんによる、志野焼の茶わんなども展示。

担当者は「本展を通じ、ニューヨークをはじめアメリカ全土、および世界中から集まる多くの人々と美術品鑑賞の喜びを分かち合えれば幸いです」と話している。

入場無料。開館時間は、月〜金曜日の午前10時〜午後6時、土曜日は午後5時まで。

また、16日(月)午後3時〜4時に、特別講演会「日本の美術工芸における儀式と伝統」を開催する。講師は、ロサンゼルス・カウンティー美術館の日本美術学芸員、ホリス・ゴダールさん。入場無料。要予約。下記のEメール宛てに申し込むこと。

長谷川一清(玉東斎)さんによる、高い彫金技術で迫真的に表現された作品「鴨の香炉」

 

並川靖之さんによる、修学院離宮を描いた七宝の香炉

 

漆芸家の岡田紫峰さんによる、トンボのデザインの重箱

 

145 W. 57th St., 7th Fl.
TEL: 212-581-2223
yhonda@nipponclub.org

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。

Vol.1070

ちまたで噂のCBDを有効活用

「CBD(シービーディー)」をご存知だろうか? 有効活用することでリラックス効果や安眠効果も得られるという、ナチュラル由来の成分。おうち時間も多い今、CBDを理解したうえでトライしてみては?