今週のトピックスまとめ

割 引
骨盤底筋コアヨガクラス
本紙読者は10ドル引き

村井ゆきこ

ヨガインストラクターの村井ゆきこさんが、4月2日〜5月21日までの各木曜日の午前10時〜11時30分に、ファンクフィジオ・フィジカル・セラピーで、「産後、更年期前後の母親向け 骨盤底筋コアヨガワークショップ」を開催する。

料金は全8回で200ドル。1回ごとに参加の場合は30ドル(8回コースへの参加者優先)。申し込み時に「ジャピオンを見た」と伝えると10ドルオフになる。申し込みは左記のEメールから。ベビーシッターサービス付き(別途料金)。

初回クラスで、骨盤のスペシャリストのニディ医師が、産後、更年期における骨盤底筋群の変化について講義を行い、その後のクラスでは、骨盤の歪み、骨盤底筋群にフォーカスした骨盤調整コアヨガを実施。

ヨガインストラクターの村井ゆきこさん(左)と、二ディ医師

 

【場所/問い合わせ】

16 E. 40th St., #703
murai.yukiko@gmail.com
team4seasons.net

 


無 料
幼児部見学ツアー
参加者を募集

育英サタデースクールポートワシントン校

育英サタデースクールポートワシントン校では、7日(土)午前10時〜11時に、「幼児部見学ツアー」を実施する。

対象は2020年度の年中〜年長(14年4月2日〜16年4月1日生まれ)に該当する子供。参加無料。下記のメールか電話で6日(金)までに申し込む。

同校では、海外に住んでいるために不足がちな日本語との接触を補いながら、日本語による集団遊び、制作、言葉遊び、文字遊び、季節の行事活動を取り入れた保育を行っている。見学ツアーでは保育の様子や利用施設を見て回る。

幼児部対象の無料見学ツアーを実施

 

【場所/問い合わせ】

52 Campus Dr.
Port Washington, NY 11050
TEL:516-455-3871
satpw.nyikuei@gmail.com


ジャズコンサートを開催
カルテットで演奏

コ・ユウゼン

ジャズシンガーのリコ・ユウゼンさん率いるリコ・ユウゼン・カルテットが、23日(月)午後8時30分(開場8時15分)〜、ロックウッド・ミュージック・ホールのステージ3でコンサートを行う。

出演は他に、アート・ヒラハラさん(ピアノ)、マイケル・オブライエンさん(バス)、アンドリュー・アトキンソンさん(ドラムス)。15ドル。左記のウェブサイトから申し込む。飲酒には身分証明書の提示が必要。

ユウゼンさんは2017年にセカンドアルバム「アイ・ウィッシュ・ユー・ラブ」を日米でリリースした。

ジャズシンガーのリコ・ユウゼンさん

 

【場所/問い合わせ】

185 Orchard St.
ricoyuzen.com

【申し込み】

eventbrite.com/e/90196224 335


ハンドモデルをゲストに
トークセッションを開催

NYエンタメの会

NYエンタメの会は、13日(金)午後7時30分(7時受付開始)〜10時に、グローバルラボで、「第37回NYエンタメの会」を開催する。 

ゲストスピーカーは、ニューヨーク在住のハンドモデルの永瀬まりさん。トークセッション後は、ゲストも含めた参加者全員で座談会を行う。

一般20ドル、学生15ドル(要学生証提示)。当日現金払い。バーテン・ケンさんの「ほっこりハンドメイド軽食」付き。

永瀬さんは19歳でハンドモデルとしてのキャリアをスタートし、2016年に来米。ティファニーのワールドキャンペーンにも抜てきされた。

【場所/問い合わせ】

545 8th Ave., Suite 1410
ny.entame@gmail.com


日米合同特別勉強会
経営について学ぶ

盛心塾ニューヨーク

盛心塾ニューヨークは、19日(木)午後6時〜、グローバルラボで、「日米合同特別勉強会」を催す。

日本から元「盛和塾」塾生の経営者十数人を迎えて、経営体験発表や質疑応答、懇親会などを行う。

参加費は、一般30ドル、同塾塾生20ドル(軽食、ドリンク、スナック付き)。申し込みは左記のウェブサイトから。

盛和塾は昨年12月31日に解散し、今年1月から盛心塾ニューヨークと改名して、新たに「経営について学びに学んでいく団体」としてリリースした。

【場所/問い合わせ】

545 8th Ave., Suite 1410
seiwajyuku.ny@gmail.com

【申し込み】

eventbrite.com/e/96105779 975


春のアニメまつり
「アクエリオン」と「牙狼」を放送

米国ファミリー劇場

24時間放送の日本語放送チャンネル「米国版ファミリー劇場」は、3月と4月に「春のアニメまつり」を実施する。

放送から15周年を迎えた「アクエリオン」シリーズより「創聖のアクエリオン」を16日(月)〜、「アクエリオンEVOL」を4月6日(月)〜、「牙狼(GARO)」アニメシリーズより「炎の刻印」を18日(水)〜、「紅蓮の月」を4月6日(月)〜、それぞれ一挙放送。他にも、「クッキングパパ」「宇宙戦艦ヤマトシリーズ」「超者ライディーン」を放送する。

視聴には、米衛星テレビのディッシュネットワークに加入していることが必要。詳細は下記ウェブサイトを参照。

fami-geki.tv


紙を使ったアート展
日本人アーティストの作品も展示

Art on Paper

8日(日)まで、ピア36で、イベント「Art on Paper」が開催されている。紙をベースにしたアート作品をコンセプトにしたフェアで、アメリカ国内の他に、イギリス、メキシコ、スペインなど、世界各国の先鋭的なコンテンポラリーアートを扱う90件以上のギャラリーが参加。日本から参加のhpgrpギャラリーでは、会場ブース#25でアーティストの八木秀人さんの作品を出展している。

チケットは1日券25ドル〜。下記のウェブサイトから申し込む。開場時間は、6日(金)および7日(土)の午前11時〜午後7時、8日正午〜午後6時。

299 South St.thepaperfair.com/ny


ファッションショーを開催
ウィービングとかぎ針編み

MIKAORI(三香)

MIKAORI三香)」主宰でウィービングアーティストのMIKAさんと、ジュエリー&かぎ針編みアパレルデザイナーのミユキ・フュークスさんが、20日(金)午後8時(開場7時30分)〜9時と、21日(土)午後2時(開場1時30分)〜3時に、MNNスタジオでファッションショー「Invisible Threads」を開催する。入場無料。身分証明書を持参。申し込みは下記ウェブサイトから。

 

537 W. 59th St.399newyork.com


ピアノとチェロのコンサートを開催
バッハからラフマニノフまで

花岡伸子/内田玲子

チェロ奏者の花岡伸子(しんこ)さんとピアニストの内田玲子さんが、12日(木)午後7時30分〜、カーネギーホールのワイル・リサイタル・ホールで、コンサート「From Bach to Rachmaninoff, Cello and Piano Virtuosi」を開催する。

演目はクライスラー「プレリュード&アレグロ・プニャーニ風」、バッハ「無伴奏チェロ組曲・第一番・ト長調BWV1007」、シューマン「アダージオ&アレグロ・作品70」、ラフマニノフ「チェロソナタ・ト短調・作品19」の4曲。

チケットは50ドル。下記の電話かウェブサイト、もしくは、カーネギーホールのボックスオフィスで申し込むこと。

花岡さんは、ロイヤル・アカデミー音楽院大学院を首席で修了。英国のスペンサー伯爵邸でのダイアナ妃メモリアル・コンサートや、ヴィクトリア&アルバート美術館での天皇・皇后両陛下訪英記念晩さん会などで演奏。トーマス・ツェトマイヤー音楽監督率いるノーザン・シンフォニアの、ゲスト首席チェリストとして演奏。日本人初の英国フィルハーモニック管弦楽団員として活動するなど、ロンドンを拠点に活動してきたが、現在拠点をニューヨークに移している。

内田さんはニューヨーク在住。ジョアンナ・ホッジス・ピアノ・コンペティションの最優秀賞を受賞、ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団、カーティス研究所管弦楽団、サンタフェ交響楽団など、多くのオーケストラのソロピアニストとして出演。また、室内楽演奏家としても活動し、世界各国でソロと室内楽コンサートを開催。コロンビア大学で准教授も務めている。

 

チェリストの花岡伸子さん

 

ピアニストの内田玲子さん

 

on 57th St. (at 7th Ave.)
TEL: 212-247-7800
carnegiehall.org

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1074

風を感じる

新型コロナウイルスの影響により、普段あまり気にしていなかった「換気」に注目が集まっている今、やはり「風」が生活のポイントといえるだろう! そこで、今号では身近な場所で「風をどこまで感じられるか」をテーマに、NYCや近郊で体験できる場所を紹介していく。

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。