今週のトピックスまとめ

無 料
ステージ出演と出店者募集
よさこいの踊り手も

ザ・

第7回「ザ・祭」が、5月3日(日)午前11時〜午後4時、ハリソン市のベテランズ記念公園で開催される。屋台、ステージ・パフォーマンス、ラッフル、伝統文化交流イベントなどを催す。雨天決行予定。入場無料。

同実行委員会では、当日のステージ出演者とブース出店者を募集している。ステージ出演者はプロ、アマチュア、ジャンル不問。書類審査あり。出店者は、店の新商品、物産品の紹介などの他、飲食品に限らず、アート作品や企業の紹介なども受け付ける。また、よさこいの踊り手も募集。年齢不問。2回以上の練習に参加する必要あり。

参加希望者は、3月15日(日)までに左記ウェブサイトから申し込む。同委員会はスタッフも常時募集。

日本文化の紹介を通して交流を図ることを目指す

 

【場所/問い合わせ】

182 Crystal St.
Harrison, NY 10528
thematsuri.ny@gmail.com
thematsuri.org


無 料
和紙・和紙製品の展示会
ワークショップも開催

愛知県立大学/愛知県立芸術大学

愛知県立大学と愛知県立芸術大学は、28日(金)〜3月8日(日)の午前11時〜午後6時、Jコラボで和紙の展示会「ストーリー・オブ・ワシ・イン・ニューヨーク」を催す。講演会とレセプションは29日(土)午後4時〜。3月1日(日)、7日(土)、8日にワークショップを行う。入場無料。

【場所】

300 7th St.
Brooklyn, NY 11215

問い合わせ

thestoryofwashi.wixsite.com/brooklyn


無 料
合唱フェスティバルにて
山野内総領事がピアノ伴奏

カーネギーホール

3月11日(水)午後8時(開場7時30分)〜、カーネギーホール大ホールで、ニューヨーク合唱フェスティバルが開催される。在ニューヨーク日本国総領事館の山野内勘二総領事・大使が、「イマジン」のピアノ伴奏を務める。

同イベントでは、日米の10合唱団約400人がステージに立ち、1000人近くの聴衆も加わって大合唱が行われる。指揮は名古屋市、豊田市少年少女合唱団などの常任指揮者の永ひろこさんが務める。

同イベントは日米親善、東日本大震災復興支援を目的としたもの。入場無料。要チケット。当日券なし。チケットはカーネギーホールで入手する。

在ニューヨーク日本国総領事館の山野内勘二総領事・大使

 

【場所/問い合わせ】

on 57th St. (at 7th Ave.)
carnegiehall.org


ハッピーアワーで提供
福岡の地酒「庭のうぐいす」

ソウル・オブ・サケ/酒舞

ローワーイーストサイドの「酒舞」では、3月2日(月)午後6時〜8時のハッピーアワーにイベントを開催。山口酒造場(福岡県久留米市)の「庭のうぐいす 純米吟醸60」を、特別価格の1杯9ドルで提供する。

このイベントは、「ソウル・オブ・サケ」シリーズの一環。同シリーズでは、ミス・サケUSAのジェシカ・ジョリーさんが毎回1銘柄の日本酒を選んで、その酒の味わいや醸造蔵についてのストーリーを交えながらサーブする。

当日は、「庭のうぐいす 純米吟醸60」と生がきのペアリングも、12ドルで楽しめる。

山口酒造場の「庭のうぐいす 純米吟醸60」を特別価格で提供

 

【場所/問い合わせ】

157 Ludlow St.
(bet. Rivington & Stanton Sts.)
TEL: 646-590-0684
sakamai.com


日本酒とつまみフェア
ジャパンビレッジで開催

サンライズマート/エイグローブ

サンライズマートとエイグローブは29日(土)と3月1日(日)に、ブルックリン区の日本食の複合施設ジャパンビレッジ内のサンライズマートで、「日本酒と肴 サクラフェア」を開催する。

「今米国の東海岸で手に入らないもの」を、メーカー直々にニューヨーカーやバイヤーに紹介・販売し、米国への本格輸入につなげることを目的としている。一般来場者および日本食レストランのオーナーに向けたもの。

日本酒「御湖鶴(みこつる)」の試飲や三浦水産(静岡県伊藤市)の金目鯛の試食、他にも沼津、伊豆、焼津直送の水産物と、おでんの具材などの出展を予定。

【場所】

934 3rd Ave.
Brooklyn, NY 11232


うま味のワークショップ
だし試食テストも開催

レゾボックス

イーストビレッジのレゾボックスは3月1日(日)午後2時〜3時30分に、「うま味」に関するワークショップ「What is “Umami”? The Key to Japanese Cuisine」を開催する。

人間の五つの基本味の一つであるうま味成分や、味と食品の風味を引き出す代表的な化学物質との関係、うま味を高める方法について学ぶ。また、日本料理に欠かせない数種類のだしを比較する試食テストを通して、だしが日本料理の鍵である理由を探る。

チケットは15ドル。参加希望者は左記のウェブサイトから申し込む。

【場所/問い合わせ】

91 E 3rd St.
(bet. 1st & 2nd Aves.)
TEL: 212-598-5993
resobox.com


日米合同インディー映画
完成試写会を開催

報道バズ!

9日、日米合同インディー映画「報道バズ!」の完成披露試写会が、ブルックリン区で開催された。ニューヨークを拠点とする日本人クリエーターチーム「Derrrrruq!!!(デルック)」が、約6年の制作期間を経て作成した作品。ニューヨークのニュースアプリ会社に勤務するスタッフらの奮闘を通し、ニューヨークの多文化性と現代メディアのあり方を描く。全6話。今月から日本の各動画配信サービスで視聴開始、米国放映は未定。

 

derrrrruq.com/hodobuzz


教会で絵画の個展を開催
桜とスイレンがモチーフ

澤野水纓

画家の澤野水纓(みずえ)さんが、個展「Eternal Beauty(永遠の美)」を6月11日(木)まで、ミッドタウンのセント・ピーターズ・チャーチで開催している。入場無料。主催者は「今回の個展は、平和のシンボルともいえる教会での展示として、特別の思い入れをもって準備を進めてきました」と話す。澤野さんは大阪出身。桜とスイレンをモチーフとした作品を多く発表している。

 

619 Lexington Ave.mizuesawano.com


絵画の個展を開催
「魂の形態」

岡田桂

アーティストの岡田桂さんが、3月4日(水)〜22日(日)にアーティファクトギャラリーで個展「魂の形態」を開催する。レセプションは4日午後6時〜8時。「突然亡くした命が、魂としてまだ周囲に浮遊していること」を感じるようにイメージした金色のドットシリーズを用いた「木に宿る精霊」など、新作を含む約16作品を展覧。入場無料。開館時間は水〜土曜日の正午〜午後6時。日曜日は予約のみ。

 

84 Orchard St.
TEL: 212-475-0448artifactnyc.net


ニューヨーク・ファッション・ウィーク
日本人チームがスタイリングを担当

YNNY

名取由稀江さんがオーナーを務める、Yukie Natori New York Salon & SpaYNNY)が、2月に開催されたニューヨーク・ファッション・ウイーク(NYFW)でのニューヨークコレクションに参加。11日に、同サロンの日本人ヘアメークとネイルのチームが、デザイナーのクリスチャン・コーワンのモデルのスタイリングを手掛けた。

コーワンはイギリスのデザイナーで、セントラル・セント・マーチンズとロンドン・カレッジ・オブ・ファッションで学んだ。顧客にレディー・ガガとマイリー・サイラスを抱え、「エル」や「ヴォーグ」などのファッション誌でも取り上げられている。

「ペーパー」誌によると、名取さんは今回のNYFWで、スワロフスキー・クリスタルを使用。黒い爪にクリスタルを施したり、金色の爪にゴールドのジュエリーを装飾するなど、4種類の独自デザインを手掛けた。

名取さんは、日本の「エンパイア・ニューヨーク・ネイルスクール東京」の学院長も努めており、学校やサロン経営の他、美容コンサルタントやネイルセミナーの講師など、幅広く活動している。

同サロンはこれまでもパリコレクションに参加した他、NYFWではデザイナーのラクアン・スミスのコレクションを担当。日本のジェルネイルをアメリカで広めたことでも知られており、25年以上にわたって、ニューヨークに日本のスタイルのネイルアートを提供している。同サロンの営業時間は月〜土曜日の午前11時〜午後9時、日曜日は午後8時まで。

スワロフスキーを装飾したネイルを付けたモデル

 

モデルたちにネイルのスタイリングを施す、YNNYのスタッフ

 

NYFWでランウェーを歩く、クリスチャン・コーワンのモデルたち

39 W. 56th St.
TEL: 212-702-9660
info@yukiebeauty.com
yukienatori-newyork.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1074

風を感じる

新型コロナウイルスの影響により、普段あまり気にしていなかった「換気」に注目が集まっている今、やはり「風」が生活のポイントといえるだろう! そこで、今号では身近な場所で「風をどこまで感じられるか」をテーマに、NYCや近郊で体験できる場所を紹介していく。

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。