今週のトピックスまとめ

「阪神淡路大震災25年」追悼と懇親会
黙とうや歌曲鎮魂曲の演奏

「CLUB GO!」/神戸インターナショナルクラブ

北東アメリカ兵庫県人会「CLUB GO!」と、神戸インターナショナルクラブ NY支部は、来年1月16日(木)午後7時(開場6時30分)〜、日系人会館で「阪神淡路大震災25年」追悼と懇親会を催す。6434人の犠牲者と多大な被害をもたらした「阪神・淡路大震災」が、1995年1月17日に発生してから来年で25年を迎えるにあたり、日本時間の17日に合わせて開催。追悼式典では、ソプラノ歌手の田中智弥(もとみ)さんによる歌曲鎮魂曲の演奏や、NY仏教連盟副会長の中垣顕實(けんじつ)さんによる黙とうなどを予定。一般45ドル、学生30ドル(学生証と年齢が確認できるものを持参)。当日現金もしくはチェックで支払う。申し込みは下記から。

49 W. 45th St., 11th Fl.forms.gle/jsEYuZ41Nu7YwSo4A


クリスマス・チャリティーイベント
日系の4会社も寄付

イーストビレッジ第9警察署

イーストビレッジ第9警察署は、14日に恒例のクリスマス・チャリティーイベントを開催した。同イベントへの寄付を続けている、TICレストラングループ代表八木秀峰さんをはじめ、「ラーメン味噌屋」の西田則光さん、「タカハチ」レストランの高橋浩之さん、ダイエートレーディング会長の武田宜己さんが、今年も総額約5000ドルの寄付を行った。同地域の治安が不安定だった約40年前から続くイベントで、近年ではおよそ2000人の地元の子供たちが集まる。


「2020新春セール」を開催
公式メルマガ・SNSで詳細を発表

アムネット

アムネットは、来年1月2日(木)に、毎年恒例の「2020新春セール」を開催する。詳細はアムネット公式メルマガ・SNSで後日発表。事前に下記から登録・フォローを行うこと。メルマガ・LINE登録はQRコードから(本紙11ページの広告を参照)。同社は1988年創業で、日本行き航空券や各種ツアーなどを扱っている。

TEL: 800-929-2663(24時間受付)/amnet.jp
Facebook: amnet.usTwitter: AmnetNYInstagram: amnetny


週末限定ブランチを開始
定番&ブランチ限定メニュー

焼肉ふたご

焼肉ふたごは、来年1月4日(土)よりブランチを開始する。今まで月〜土曜日に営業していたランチタイムを、土・日曜日の正午〜午後4時(ラストオーダー3時15分)限定のブランチに変更。定番のメニューと、ブランチ限定メニューを提供する。

同店担当者は、「今後は、ご要望の多かったディナーメニューをブランチタイムにご提供することが可能になります。お客さまに、お昼の時間からでも焼肉ふたごを堪能し、ご満足いただきたいと思っております」と話している。

USDAプライム認定の牛肉と、日本の黒毛和牛、同店オリジナルのタレを使用。「お客さまの目の前で説明を交えながら、最高の状態で肉を焼き上げる、『グリル・コンシェルジュ』というサービスも提供しています」と同担当者は話す。

看板メニューの4種類の部位が詰まった1枚肉の「はみ出るカルビ」をはじめ、「和牛の切り落としカルビ」、「Futago Premium 4 Beef」などがそろう。アペタイザーは、ゴマ塩キャベツやキムチなど。また、常時およそ30銘柄の日本酒をそろえている。

焼肉ふたごは大阪出身の双子の兄弟が、2010年に東京で創業。15年にオープンしたニューヨーク店の他に、ハワイ、香港、中国など、世界各国で50店舗以上を展開している。同店担当者は、「今後も皆さまに焼肉ふたごの名を知っていただくために、お客さまの満足度を超えるサービスとお料理を提供させていただきたいと思っております」と話している。

 

ゆったりとした空間にゴージャスなイメージの店内

 

「Futago Premium 4 Beef」は、特選のタン、カルビ、フィレ、ハラミの4種類を盛り合わせた一品

 

ハワイ店から来た、経験豊富なストアマネジャーが接客する

 

37 W. 17th St.
(bet. 5th & 6th Aves.)
TEL: 212-620-0225
futago.nyc@gmail.com
futago25usa.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1074

風を感じる

新型コロナウイルスの影響により、普段あまり気にしていなかった「換気」に注目が集まっている今、やはり「風」が生活のポイントといえるだろう! そこで、今号では身近な場所で「風をどこまで感じられるか」をテーマに、NYCや近郊で体験できる場所を紹介していく。

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。