巻頭特集

野球の魅力を今こそ語り合おう!

日本人アマチュアリーグの歴史を紐解く!
JAA外務大臣杯軟式野球大って

36年の伝統を誇る日本人草野球リーグ、JAA外務大臣杯軟式野球大会。

1986年に発足してから今年で35回目を数えるリーグだ。前年に中山太郎外務大臣(当時)がニューヨークに訪問し、日系人スポーツの興隆のために大臣杯を贈呈したのがきっかけで、それ以前からあった2つのリーグが統合された。参加チームのメンバーの職業は、日系企業の駐在員、飲食関係、アーティスト、美容系、学生、医師、弁護士など多種多彩。毎年、栄光の優勝カップを目指して10数チームが火花を散らす。

 

発足当時からリーグの運営を見守っている名誉大会委員長の加藤脩治さんいわく、大会のモットーは「NY近郊に住む全ての人を対象にし、国籍、年齢、男女を問わず野球を愛する人なら誰もが自由に参加できる」こと。発足当時は、試合会場の場所取りや荒れたグラウンドの整備に苦労したと言う。

「思い出は数えきれないほどありますが、97年の東京都職員軟式野球チームや女子ソフトボールと行った日米親善試合は盛り上がりましたね」と加藤さん。ニューヨークでこのリーグを経験したOBやOGは、日本全国に散らばっており、今でも固い絆で結ばれているそう。いまだコロナ禍が続く今季も開催が危ぶまれたが、長年、ニューヨーク市との間に築いてきた信頼関係を元に、厳しい感染防止対策を各チームに課して、ようやく開幕にこぎつけた。「ここまで2カ月、無事に試合が続けられたのはみんなの努力の成果です」。草野球の真髄は勝ち負けだけではないという。「35年間続けられたのは皆さんの情熱と協力のおかげ。何よりもうれしく、そして大事なのは野球を通して作ってきた人とのつながりです」と熱く語ってくれた。

jaabaseball.blogspot.com


素晴らしきニッポン野球!
米国人選手いた草野球魅力

左からタイラーさん、オオクボさん、イーライさん。3人ともJAAの軟式野球リーグで日本人と共に活躍している

年齢、国籍、男女の差別のないJAAの軟式野球リーグに興味を持って参加するアメリカ人選手も少なくない。合同チーム「キザル」で今季マウンドに立つタイラーさんもその一人だ。ブルックリンのウィリアムズバーグ出身で、ルームメイトで幼馴染のイーライさんと一緒にチームに加わった。「日本人とプレーする野球は素晴らしいよ! 僕の女房役のオオクボさんはすごい。どんな球だって絶対に捕球するんだから!」とタイラーさん。また試合だけでなく試合後の親睦会も楽しみだと言う。「今週末はゲームの後、僕らの家にみんなを招待してタコパ(タコ焼きパーティー)をするんだ」と声を弾ませる。

「じゃんくす」の主砲でショートを守るロスさんも5歳から大学まで続けていたという無類の野球好き。「じゃんくすはメンバーがみんな面白くてタノシイ!」と日本語で答えてくれた。


ランドールズ島行ってみよう!

Photo by Randall’s Island Park Alliance

日本人草野球リーグの試合会場の一つであるイーストリバーに浮かぶランドールズ島は、マンハッタンとクイーンズ、ブロンクスの間に位置する島。長い間、孤児院や隔離病棟のみが建つ孤島だったが、1936年に当時のニューヨーク市土木部長ロバート・モーゼスの肝入りで一大市営スポーツセンターが開設された。島内には50面近くある天然芝野球場のほか、サッカー、ラグビー、ラクロス、ホッケー、陸上などの競技場がひしめく。64年の東京五輪の陸上代表選考会もこの島で行われたそう。紺碧の空の下、遠景に摩天楼を見渡し、芝の上で球技を楽しめるのは、ニューヨークならではだろう。夏の週末、ピクニックの用意をして観戦に行くのもいいかも。

 

Randalls Island

マンハッタン125丁目から、
市バスM35に10分ほど乗車

 

NYジャピオン 最新号

Vol. 1121

秋から楽しむ ホットカクテル

秋風が吹き始め、ここから一気に冬へと向かうニューヨーク。そんな時、肌寒さをほんわか癒やしてくれるのが燗酒だ。今号では、心も体も温まる燗酒の楽しみ方と魅力、そして自宅で作れるホット酒カクテルを紹介する。

Vol. 1120

知っておこう マリファナ基礎知識

今年3月より、ニューヨーク州でマリファナの使用が合法化された。これにより今後免許保持者の自家栽培や許可された公共の場での吸引が可能になる。アメリカで拡大するマリファナ市場。注意点も含め、まずは正しい基礎知識を身に付けよう。

Vol. 1119

コミュニティーガーデン探訪

摩天楼や住宅街の一角にひっそりと佇む緑の園。今号では、時代の荒波を生き抜いてきたコミュニティーガーデンの歴史と現在の姿を紹介する。

Vol. 1118

舞台再開! 再始動する日本人パフォーマーたち

劇場の灯が消えて1年半、ニューヨークの劇場が戻ってくる。ブロードウェーやメトロポリタンオペラ、カーネギーホールなどの劇場再開とともに、小・中劇場やコミュニティーに根ざすアーティストたちも、新たな決意を胸に再始動しつつある。ニューヨークで頑張る日本人パフォーミングアーティストたちに取材した。