第45回 二つのクラブ誕生

東京に二つのクラブ
ブランド力で立ち上げ

東京(TOKYO)というブランド力は、世界的に見て非常に大きいと聞いたことがあります。その東京で、今年はオリンピックも開催されますし、さらに世界的な認知度がより向上すると思っています。

そのような中、「東京」を本拠地とする、Jリーグを目指すサッカークラブで、話題性を呼ぶクラブが今年に入って二つも発表され、非常に注目しています。

一つ目は、堀江貴文氏が発表した「Tokyo2020FC」です。そしてもう一つが、最近ブラジルの「ボタフォゴ」に移籍を発表した、元日本代表の本田圭佑選手が立ち上げた「One Tokyo」です。どちらも、東京都リーグの下位リーグから勝ち上がり、昇格を繰り返して、Jリーグ入りを果たさないといけないので時間はかかります。

ただし、ここで私が非常に面白いと感じているのが、両クラブ共にスポーツのメインの売り物である「強さ」や「スター選手」はまだいないものの、すでに多くのムーブメントを起こし、話題を喚起してサッカーファンを引きつけている点です。

ブラジルに移籍した本田選手は、「One Tokyo」をツイッターで突然報告し、世間を驚かせた

スター選手の不在
ビジネス戦略は?

このコラムで今までにも解説させていただいておりますが、スポーツビジネスにおいて、確約できない「勝利」や「スター選手」の他に、確約できるものも考案して売らないといけない。

今回の2チームは、このことを体現しているところが非常に面白いなと思います。今までのスポーツ界にはなかった発想がどんどん出てきて、何よりもスピード感が抜群に速いと感じています。

また、冒頭でも書きました通り、「東京」にクラブを保有することの効果です。東京にはすでに、Jリーグで活躍する、「FC東京」「東京ヴェルディ1969」「FC町田ゼルビア」と、3クラブがひしめき合っています。

そこに加えて、すでに昔から戦っている、J3の「東京武蔵野シティフットボールクラブ」や、さらに別リーグには、「東京ユナイテッドFC」、そしい「TOKYO CITY F.C.」など、非常に多くのクラブが存在します。これはもちろん、東京という大都市の規模だからこそ、可能なことです。

同時に海外目線で言うと、「東京」というブランドが強く、それに加え、プロサッカークラブのオーナーをしているということで出会える人も増えますし、オーナーが他のビジネスも展開しているのであれば、そちらでメリットを享受することができる可能性も高まります。

PR力が鍵
新しい日本流とは?

プロスポーツクラブのオーナーとしてのメリットに関しては、またの機会に詳しくお話しさせていただければと思いますが、今回注目しております堀江氏、そして本田選手のクラブは、オーナーの存在感ですでに多くの人が知るサッカークラブとなりつつあります。

まだクラブにはスター選手もいない、試合もしてもいないというのに、他の話題性のあるセレブの人々を、そしてオンラインサイトを開設して一般の人も巻き込んだりと、PR力が抜群に上手です。立ち上がったばかりにもかかわらず、ブランド力が出来ていることは、今までになかなかなかったことだなと感じています。

プロスポーツ、そしてスポーツビジネスにおいては、「勝たないと!」という気持ちが優先されるのは分かるのですが、それが実現できないフェーズや確約できないこともある中で、「今後、ビジネスをどう展開していくのだろうか?」と気になるところです。

海外でもあまり見たことも聞いたこともない、日本流の新しいスポーツビジネスが見え始めているのではないかと感じており、この先の展開を楽しみにしています。

 

 

<今週の用語解説>

日本サッカーリーグ

1965年に誕生した日本サッカーリーグに代わり、93年に日本初のプロサッカーリーグ(以下、Jリーグ)が発足した。99年からは、ディビジョン1とディビジョ2の2部制に移行。2014年にはJリーグを3部制にしたことで、J3リーグが発足し、現在のリーグ構成が形成された。制度上、J3はアマチュア最高峰の「日本フットボールリーグ(JFL)」と同格と位置付けられ、J1、J2と違いリーグエンブレムや参加要件など、さまざまな点で差別化を図っている。

19年のシーズン開始時では、国内に本拠地を置く、55クラブがリーグに参入している。

 

中村武彦

マサチューセッツ大学アマースト校スポーツマネジメント修士取得、2004年、MLS国際部入社。
08年アジア市場総責任者就任、パンパシフィック選手権設立。
09年FCバルセロナ国際部ディレクター就任。
ISDE法科大学院国際スポーツ法修了。FIFAマッチエージェント。
リードオフ・スポーツ・マーケティングGMを経て、15年ブルー・ユナイテッド社創設。

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1054

ちょっと拝見!
ニューヨーカーの
通勤バッグの中身

通勤バッグは、見た目に機能性にと、いろいろなポイントで選びたいところ。かつてはカッチリとしたブリーフケースのイメージも強かったが、職種や働き方の多様化に伴って選びも多くなってきた様子。バリバリ働くニューヨークの男性陣に、通勤バッグについて聞いてみた。(取材・文/菅礼子)

Vol.1053

焙煎したての
コーヒーが飲みたい

コーヒーは焙煎(ばいせん)してからすぐに香りや味の変化が始まってしまうので、持ち味を十分に楽しむには、焙煎したての豆からいれるコーヒーが一番。そこで、今号では店内焙煎のコーヒーを提供するカフェを紹介する。(取材・文/古村典子)

Vol.1052

今から始める
安全対策

犯罪や災害は、実際に降りかかってから行動するのでは遅い!手の届く範囲で始められる対策を、ジャピオンと一緒に講じよう。(取材・文 / 南あや・音成映舞)

 

Vol.1051

英語が得意になりたい!

「日常会話はできるし・・・」「どうせ数年後に日本に戻るし・・・」と言いながら、バイリンガルの友人がうらやましい、そこのあなた。今年こそ本腰入れて、英語力を鍛えてみない?(取材・文/南あや)