巻頭特集

読者のみんなでゴルフしようぜ!

ニューヨークのゴルフコースは、仲間と回ると一層楽しい! 今号は、当地の日系ゴルフコミュニティーを取材、グループで楽しむ魅力を探った。さあ、この夏こそコースデビューだ!



当地のアマチュアゴルファー2人が語る
ゴルフ会に入ると、ここがいい!

ゴルフコースに出ている間は仕事の電話(当時は固定電話)に出なくていいと気付き、「これはいい気分転換だ」という理由でゴルフにはまった、橋本純一さん。1986年に、当時の会長に誘われて「育友会」に入って以降、寝ても覚めても、ゴルフのことを考える日々。

仲間を得る喜び

ゴルフを取り入れると、人生が豊かになるんですよ」と橋本さん。

ゴルフはスコアを競う個人競技だ。一人で淡々と練習できるし、ゴルフコースは一緒に回るメンバーが数人いればいい。しかし、それまで細々とプレーしていた橋本さんは、育友会員の多様性に驚いたという。

「職業も年齢もバラバラ。日本だと、どうしても企業や職業で固まる傾向があるので、これは面白いなと思いました」

他の会員と一緒にプレーするうちに、皆と競い合えるようなスコアを目指そうと、平日の練習に力が入り始めた。プレーのために健康も気になる。あっという間に生活の中心がゴルフにシフトしていった。

「ゴルフを頑張っている人は、仕事も頑張っていると思います。フェアプレーをする人はゴルフ以外でも信頼が置ける」と橋本さん。

そして、ゴルフで繋がった人脈は、ゴルフ以外でも生きていく。フリーランスで仕事をしていた橋本さんの就職の手助けをしたのも、ゴルフ仲間だった。

時代と共に変わる

一時は50人近いメンバーがいた育友会も、現在は30人前後。駐在員のメンバーの変動も多い。そして近年は若年層の「ゴルフ離れ」があると、橋本さんは話す。

「そろそろ世代交代も迫って来ていますから、若い世代にもっと来て欲しいです。一人でやるより、仲間とゴルフをした方が絶対に楽しいから、ぜひ気軽に足を運んでくれれば」


複数の会でプレー

鈴木カヨさんは、「無念やな会」の幹事を務めている。当地の人気コンぺ「ベスト30ゴルフトーナメント」「ヘアアーティスト・ゴルフトーナメント」の運営も少し手伝っており、なかなか多忙な日々を過ごす。

「どの団体も、大体同じ顔ぶれがいるんですよね」と笑う鈴木さん。「でも、それぞれの会で雰囲気やルールが違うから、異なる会に複数所属すると楽しいんですよ」。

もう1点、ゴルフ会に入る良さは、「予定が立てやすいこと」だそう。ゴルフ場の予約や仲間との時間調整を個々でする必要がなく、先のスケジュールが見えるから、週末の調整がしやすいのだ。

思い立ったら気ままに

無念やな会で初の女性メンバーだった鈴木さん。男性に比べていまだに数が少ない女性ゴルファーとのプレーができれば、と話す。

「初心者でも、打ちっ放しでボールが当たるようになれば、もうコースデビューできると思います。コースでの打ち方やルールは、会でも教えてくれるでしょうから、心配いりません」

そんな彼女のゴルフスタイルは、週末にぶっつけ本番でコースを回る、というもの。「練習は嫌いなので、しないんです」と、いたずらっぽく笑った。ゴルフは、このくらいの気軽さで始めても良さそうだ。

 

【ゴルフ会のメリット】

・さまざまな職種の人と出会える

・ゴルフの向上心が身に付く

・本当に信頼できる人が見抜ける

・複数のゴルフ会を掛け持ちすれば、気分転換に

・コースの予定を入れやすい

・初心者を教えてくれる人がいる

 

ページ: 1 2 3

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1053

焙煎したての
コーヒーが飲みたい

コーヒーは焙煎(ばいせん)してからすぐに香りや味の変化が始まってしまうので、持ち味を十分に楽しむには、焙煎したての豆からいれるコーヒーが一番。そこで、今号では店内焙煎のコーヒーを提供するカフェを紹介する。(取材・文/古村典子)

Vol.1052

今から始める
安全対策

犯罪や災害は、実際に降りかかってから行動するのでは遅い!手の届く範囲で始められる対策を、ジャピオンと一緒に講じよう。(取材・文 / 南あや・音成映舞)

 

Vol.1051

英語が得意になりたい!

「日常会話はできるし・・・」「どうせ数年後に日本に戻るし・・・」と言いながら、バイリンガルの友人がうらやましい、そこのあなた。今年こそ本腰入れて、英語力を鍛えてみない?(取材・文/南あや)

Vol.1050

ようこそ
「白鳥の湖」の世界へ

チャイコフスキー3大バレエの名作『白鳥の湖』。1月下旬から市内で順次観ることのできる三つのバレエ団による公演と、その見どころを紹介していく(取材・文=音成映舞)