コマを動かし、脳を鍛える 最強の対人ボードゲーム

ロンドン在住のチェスコーチ、ラファエル・オルティス・カバレロさんによるグループレッスン「チェス入門講座」が、ユニオンスクエアで行われている。

27歳でチェスの面白さに目覚めたラファエルさんは、ロンドンの学校で子供たちに教えていたが、現在は世界中を旅してゲームに興じながらクラスを開催。「チェスはいくつになっても始められて、人に教えることもできる。僕がそのいい例です」と笑う。

「チェスの起源は、古代インドのチャトランガというゲームといわれています」と歴史を簡単に説明した後、先手・後手それぞれが6種類16個の駒を使うという基礎から教えていく。

「まず、白マスが右になるように駒を置きましょう」と、実際にチェス盤の上で駒を動かしながら指導が続く。「ナイトはジャンプできて、ビショップは斜めに動ける」「クイーンは最強」と、一つ一つの駒の役割とどういう動きができるかを解説する。

その合間に、チェスのメリットも紹介する。「チェスは脳の全パートを使うので脳トレ効果があり、記憶力が向上するので認知症予防になる」そうだ。

そしていよいよ対戦。この日参加の4人は全員初チャレンジ。「ここにビショップを動かしてみては?」「そこは一つ前に動かした方がベターかも」と、ラファエルさんがヒントを与えながら、なぜそう動くといいのかを説明。「そうか、次の次の次の手まで読んで動かさないといけないんですね」と、生徒も少しやり方が分かってきたようだ。

「ほら、キングに向かって行くことばかり考えていたらダメ」と指摘されて「あ、クイーンのことを忘れていた」と慌てて手を変えると、「そう! それはいい動きだね」と褒められていた。

子供を連れて参加した奥仁美さんは、「相手の手を考えながらストーリーを組み立てて行くのが面白かったです。頭の体操にもなって、ジムで運動した後のようなスッキリ感がありました」と楽しんでいる様子だった。

金融関係会社に勤務の野口紀子さんは、「息子が7歳からチェスを習っています。アメリカでは、親が子供の人生の質を高めるためにチェスを習わせているそうです。広い視野で考える力を付け、年齢や人種を超えてつながれるところに魅力を感じます」と話す。

明子・石亀・ペーガンさんは、「子供の教育に良さそうなので、基礎を知っておきたくて参加しましたが、脳やメンタルのトレーニングになると実感しました。引いているように見せ掛けて攻める、罠にはめるやり方を習ったので実践してみました(笑)。6歳の息子がはまりそうです」と喜んでいた。

ラファエルさんは、「生徒さんは皆ゲームをよく理解してどう動けばいいか分かっていて、とてもいいゲームでした」とうなずいていた。

 

対戦中は頭をフル回転。次の一手を見据えて沈思黙考が続く

 

チェスは2人で行うボードゲーム。クラスでは実際に対戦し、駒の動かし方やルールを学んでいく

 

チェスは人生初という4人が参加

 

Chess for Beginners with Rafael

初心者対象のグループレッスンを不定期で開催している。
日程や場所などの詳細についてはEメールで問い合わせること。
【問い合わせ】naoko.tf@gmail.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1074

風を感じる

新型コロナウイルスの影響により、普段あまり気にしていなかった「換気」に注目が集まっている今、やはり「風」が生活のポイントといえるだろう! そこで、今号では身近な場所で「風をどこまで感じられるか」をテーマに、NYCや近郊で体験できる場所を紹介していく。

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。