本格レストランの味 家庭でくつろぎの時間

金曜日の夜、マンハッタンの個人宅で、シェフのKatsuさんによる「特別食事会」が催された。

Katsuさんは、ブルックリンの和食店「ぜんきち」でヘッドシェフを務めた後、昨年4月に独立して飲食ビジネスをスタート。一般家庭でのポップアップディナーや料理教室、スモーガスバーグなどへ出店をしつつ、自身のレストランオープンに向けて精力的に活動。それを妻の町田知美(ちえみ)さんがサポートしている。

 

みんなおしゃれをして参加


この日、Katsuさんの料理目当てに、ワインや日本酒を片手に集まったのは、初参加者を含めた12人。「今夜は『おまかせ5コース』でおもてなしします」とのKatsuさんのあいさつと自己紹介に続いて、参加者の自己紹介からスタート。子育て中の主婦、金融関係者、翻訳ライター、ファッションジャーナリストなど多彩な顔ぶれだ。

牡蠣(カキ)の元焼き、ゆず味噌(みそ)クリームチーズ、レンコンチップなどが美しく盛り付けられた「前菜プレート」が出てくると歓声が上がった。「おいしいね」「これはすごい!」と思わず参加者の顔がほころぶ。「このだしの配分は?」「このチーズの味付けの方法は?」と興味津々の参加者の質問に、Katsuさんは一人一人丁寧に答えて回っていた。

Katsuさんの包丁さばきが光る、メインディッシュの「チリアンシーバスの幽庵焼き」に続いて、「神戸牛のステーキ」がじゅうじゅうと音を立てて出てくる頃には、すっかり打ち解けてみんな笑顔に。おいしい料理を堪能しながら、仕事や生活情報、子育てについて、趣味や美容の話など、会話は尽きることなく続いていた。

 

シェフKatsuさんが腕を振るうレストラン仕込みのディナーを、家庭のテーブルで楽しむひととき


ニューヨークに住み始めて25年の主婦、志茂真奈美さんは「ジムの友達から聞いて、食事にひかれて参加しましたが、高級店の味をリーズナブルにいただけるのでおトクですね(笑)。面白い人達にもたくさん出会えて、こんなすてきな場を提供してもらえてありがたいです」と声を弾ませていた。

子育て中のママ、マクギーのりこさんは「マイアミから引っ越してきて、ニューヨークのママとしては新人です。今日は皆さんとコミュニケーションを取って、いい刺激になりました。食事もおいしくてレストランの雰囲気をたっぷり味わえました」と喜んでいた。

弁護士の小林陽子さんは3回目の参加。「Katsuさんの料理は本当に素晴らしいので、応援しています。接待で外食が続いて胃がもたれ気味だったので、今夜はうまみのあるおいしい和食が胃に染み渡りました。面白い人たちと良い時間を過ごすのが楽しくて、まるでホームのようです」とほほ笑んだ。

Katsuさんと知美さんは、「皆さんに、オーセンティックな和食を気負わず食していただきたい」と話していた。

キッチンに立つKatsuさんを妻の知美さんがフォロー

 

今週のシェフ
KATSUさん

Chef Katsu Brooklyn

食事会は希望に応じ、訪問形式で開催。人数は10人〜16人。
お値段は5コースディナーで1人$100〜。
約3時間。ブルックリン区ダンボでベンダー出店中。
【問い合わせ】km@chefkatsubk.comInstagram: chefkatsubk

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1126

NYCマラソンが復活! おすすめランニングスポット

2年ぶりに開催されるNYCマラソン。今大会の概要やレースの魅力、ニューヨーク在住ランナーたちが紹介してくれるおすすめランニングスポットをチェックしてみよう。

 

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。