記事広告

<6月5日〜11日YouTube限定配信>アメリカ在住者限定オンラインセミナー「知って得する!! 日本での相続の話」開催!

日本に親がいる人、将来日本で終活する予定の人必聴!


日本を拠点とするTOMAコンサルタンツグループは、6月5日(土)から11日(金)まで1週間の限定公開でオンラインセミナー「【アメリカ在住者限定】知って得する!! 日本での相続の話」をYouTubeで配信する。過去5年以上、米国で定期開催しているこのセミナーは、口コミを中心に人気を集め、日本に高齢の親を持つアメリカ在住者に人気の企画だ。

「アメリカに住んでいる自分には、日本の相続税は関係ないだろう」と楽観視する人も多いだろうが、親を日本に残しているなら一大事。

「日本に住んでいる親に相続が発生し、アメリカに住む子が財産を相続する際、書面上の手続きがとても大変です。また、日本にいる兄弟と、誰がどの財産を相続するかという話し合いも、大変困難なのです」

そう話すのは、TOMA税理士法人の資産税部部長、税理士の大谷亜紀さん。これを聞いて「そうなんだ!」と驚いてしまったのなら、なおさらセミナーで学ぶ必要がありそうだ。

今回は、事前に申し込みをすれば、1週間の好きな時間にYouTubeで受講できるため、忙しい人やWEBセミナーに不慣れな人にもぴったりな企画だろう。

 

 

相続税と争族の二つの対策を行うのが、相続対策

日本にいる親に、元気なうちに遺言書作成を進めてもらうのも、大事な相続対策。「日本では、遺言書が強い効力を持っているので、相続人間の争いが防止でき、また相続発生後の手続きの簡略化もできます」と大谷税理士は力説する。

セミナー第1部では、遺言書の具体的な書き方のポイントや、2020年日本で改正された、法務局における「自筆証書遺言の保管制度」などもクローズアップ。これらのポイントはぜひ押さえておきたい。

生前贈与でも、意外と知られていない対策がいくつかある。非課税枠110万円を活用するのはもちろん、通常は親から子、子から孫へ相続が行われるところ、「一代飛ばし」で贈与または遺贈するという興味深い方法も。これは毎回セミナーで盛り上がるポイントの一つだとか。

自分の永久帰国に備えて

もちろん、親だけでなく、自分自身の「終活」を考えることも忘れずに。セミナー第2部は、アメリカにいる間にできる自分の相続対策をクローズアップする。

現在アメリカで暮らす日本人の多くが、老後は日本に永久帰国することを視野に入れているだろう。しかし日米に散らばった相続財産は、財産の種類によって所属判定が異なり、日本人がもし米国に財産を所有していた場合、相続発生後の手続きがとても複雑になるということは、あまり知られていない。

また、アメリカではポピュラーな「Joint Tenancy」や「Joint Account」が、実は日本では贈与税や相続税課税を受けてしまう恐れがある、といった驚きの事実や、海外送金に不可欠となったマイナンバー制度にまつわる最新情報も網羅。

「日本に戻ったときにスムーズに手続きができるように、しっかり準備をしていきましょう」と大谷税理士。セミナー後に開催される無料のWEB個別相談 (要予約)も合わせて利用して、基礎から日本の相続対策を始めよう。

録画配信なので自由な聴講スタイルが可能

セミナーは上記2部構成で合計120分だが、事前録画なので片方だけ、あるいは聞きたいポイントだけの〝つまみ聴講〟もできる。数日にわたって少しずつ聞いていくことも可能だ。2021年版として最新の内容も盛り込まれるので、初めての人はもちろん、昨年視聴した人も改めて聞いておきたい。相談のみ希望の場合も、左上のセミナーに申し込んでみよう。

 

 

【アメリカ在住者限定】
知って得する!!

オンラインセミナー & 無料相談

〈第1部〉
親御さんが元気なうちに行いたい、親御さんの相続対策

〈第2部〉
アメリカにいながらできる、自分の相続対策

 

 

【TOMA 日本での相談 2021】で検索


TOMA税理士法人/
TOMAコンサルタンツグループ
東京/シンガポール/ロサンゼルス

 

税理士20人/国税局OB税理士9人/公認会計士4人/司法書士6人/行政書士5人/不動産鑑定士1人/宅地建物取引士3人…..ほか総勢200人

〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-8-3
丸の内トラストタワー本館3階
※東京駅八重洲北口から徒歩2分

【お問い合わせ】

TEL: 81-3-6266-2561(日本)
Eメール: toma@toma.co.jp
WEB: toma.co.jp

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1109

夏のアートを体験しよう!

さまざまなアートを身近に触れられる芸術の街、ニューヨーク。話題のゴッホ展をはじめ、いよいよ全面オープンとなった市内の美術館でも、夏に向けてさまざまな展示会が始まっている。この夏はアートを存分に満喫しよう!

Vol. 1108

知っておきたい 大学進学への心得  日本編

米国からの帰国生が大学受験において知っておくべきことはなんだろうか? 先週号に引き続き大学の進学事情をお届けする今週号では、海外から日本の大学を受験するための基礎知識と基本最新情報を徹底解剖する。

Vol. 1107

知っておきたい 大学進学への心得  米国編

子供を持つ家庭において教育課程の最難関ともいえる大学進学。そこで、これから大学進学を控える親子が知っておくべき基礎知識と最新情報を、米国編と日本編の2回に分けて特集する。今号は、米国の大学にまつわる受験事情をご紹介!

Vol. 1106

フレキシタリアンのすすめ

昨今にわかに注目を浴びる「フレキシタリアン」ダイエット。一体どんなメリットがあり、どう実践したらいいのか? 今号ではフレキシタリアンの考え方をうまく自分の食生活に取り入れる方法を紹介する。