ミシュランシェフの誇り 正統派のイタリア料理

「ニューヨークには創作イタリアンが多いが、うちは伝統料理だけを扱う。本物のイタリアンなんです」

そう胸を張るのは、サウスシーポート地区にあるレストラン「アクア」のシェフ、マッシモ・ソラさん。北イタリア出身で、母国のレストラン「Eataly Rome」在籍中に、ミシュランの星を獲得した実力派だ。「アクア」では、ソラさんがイタリアの家庭の味(grandma’s recipe)を手作りで、忠実に再現する。

 

「Fettuccine($24)」を、今回は特別にシーフードバージョンにアレンジしてもらった(実際に注文可能。金額は要問い合わせ)。経験豊かなイタリア人シェフが手ごねするパスタは、硬過ぎず、柔らか過ぎずの見事なバランス! プリプリのムール貝がポイント

 

コシが自慢のパスタは、ナポリから取り寄せた小麦粉を卵白と合わせ、毎日店内で手作りしている。今回は、「日本人はシーフードが好きでしょ?」と、ソラさんがフェットチーネをシーフード版にアレンジしてくれた。チェリートマトベースのソースに、エビやヨーロピアンシーバスのうま味がぎゅっと詰まっている。そして驚くほどしっとりとした、身の柔らかいタコのグリルは、ズッキーニとグリーンサラダを合わせてさっぱりといただこう。サイドにはもちろん、イタリアン定番のカプレーゼを。

 

ビジネスランチや地元住民の利用も多い店内は、カジュアルで気軽に立ち寄りやすい。注目メニューは他にも、レモンやトリュフと合わせたサーモンのカルパッチョなど

 

Acqua Restaurant
21 Peck Slip
TEL: 212-349-4433
acquarestaurantnyc.com

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1078

リアルで! バーチャルで!

ハロウィーン体験

大規模なパーティーやパレードが難しくとも、10月だけのホラーな雰囲気は楽しめるはず! 今号は、ニューヨーカーが仕掛けるハロウィンの試みの数々をご紹介

Vol. 1077

こだわりのダイナー

ニューヨーク市内の飲食店では先月30日から、インドアも再開。がんばる飲食店への応援も込めて、老舗ダイナーから新しいダイナーまでを紹介します。あなたにとってのお気に入りの店が見つかるかも。

Vol. 1076

ニューヨークらしい秋冬ファッション

先行きが不安な今年の秋冬だからこそ、自分らしいおしゃれで、毎日を明るく過ごしたい! 日本に一時帰国するのを控えている人も多い今年は、あえて「ニューヨークらしい」ファッションを楽しんでみない?

Vol. 1075

さりげなく差を付ける身だしなみ

新型コロナウイルスの影響で自粛生活が続き、外出しないため、身だしなみにもこだわらなくなった人も多いのでは? 外出の機会も増えていく中、さりげなく、そして、かっこよくきめる、NY在住者のこだわりの身だしなみを今号では探ってみた。