チェルシーに根ざして19年 歴史あるウニクリームパスタ

1019_Basta-Pasta_1

「Linguine ai Ricci di Mare($26)」は同店の看板商品。クリーミーなピンクソースが、アルデンテのリングイネパスタによく絡む。濃厚なウニの味わいをマイルドに仕立てつつ、ハバネロペッパーオイルで遊び心をプラス

 

日本発のパスタ専門店「バスタパスタ」がチェルシーに店舗を構えたのは、1990年のこと。同エリアに根を下ろして久しいが、日本らしい細やかなホスピタリティーは健在だ。平日はビジネスランチでの利用も多い。同店の最大の特徴は、ダイニングの真正面に構えたオープンキッチン。自分の注文の品がシェフによっておいしく調理されていく様子を鑑賞するのが、この店の醍醐味(だいごみ)なのだ。

シグネチャーはウニクリームパスタ。1980年代に日本の本店で考案されたこのソースは、今ではこのニューヨーク店でしか味わえない。アルデンテの麺に盛られた、大ぶりでプリプリのウニ(この日はメーン州産)のコクと香りが主役。ここに、裏メニューの「ハバネロペッパーオイル」を数滴垂らすのがオススメだ。まろやかな味わいが、ほどよい辛みでぐっと締まる。ただし本当に辛いので、量にはご注意! セコンド・ピアット(メインディッシュ)は、トリュフオイルが薫る鶏の香草焼きを。さっぱりしたレモンソースは、だんだんと暑くなるこの時期には、特によさそう。

 

取材時の「季節のデザート」は、栗がゴロゴロ入ったクレープだった。微かな渋みと素朴な甘みが調和した、シンプルだが味わい深い逸品。店内のどこからでもキッチンがよく見える

 

Basta Pasta
37 W. 17th St. (bet. 5th & 6th Aves.)
TEL: 212-366-0888
bastapastanyc.com

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1030

観なきゃソン!
全米オープンテニス

世界4大大会(グランドスラム)の一つとなる、全米オープンテニス。世界的に有名な選手たちの試合が間近で観れる、数少ない機会を利用し、ぜひコートへ観戦に行ってみよう。知っているようで意外と知らない!? お得な情報と共に、今回は大会の魅力を紹介していく。

 

Vol.1029

華麗にこなしてステップアップ
ジャピオン読者の出張事情

普段から慣れない米国で頑張る社会人にとって、見知らぬ土地でビジネスチャンスを決めるのはひと苦労。今号は、そんな読者をほんの少し手助けする特集です。

Vol.1028

まだ間に合うよ!屋外サマーイベント

いよいよ8月に突入!一年の中でもイベントの多い夏は、気軽に行ける屋外イベントが目白押し。「忙しくてまだどこにも行けていない」という人のために、今号は「演劇」、「映画」、「音楽」とジャンル別に分けて紹介していく。(文=音成映舞)

Vol.1027

大都会にも星はある

高層ビルと人であふれたニューヨーク、下ばかり見て歩いていない?野外にいる時間が長くなる夏こそ、夜空の美しさを楽しもう!今号は、ジャピオンがニューヨーク市内で天体観測にトライ。