チェルシーに根ざして19年 歴史あるウニクリームパスタ

1019_Basta-Pasta_1

「Linguine ai Ricci di Mare($26)」は同店の看板商品。クリーミーなピンクソースが、アルデンテのリングイネパスタによく絡む。濃厚なウニの味わいをマイルドに仕立てつつ、ハバネロペッパーオイルで遊び心をプラス

 

日本発のパスタ専門店「バスタパスタ」がチェルシーに店舗を構えたのは、1990年のこと。同エリアに根を下ろして久しいが、日本らしい細やかなホスピタリティーは健在だ。平日はビジネスランチでの利用も多い。同店の最大の特徴は、ダイニングの真正面に構えたオープンキッチン。自分の注文の品がシェフによっておいしく調理されていく様子を鑑賞するのが、この店の醍醐味(だいごみ)なのだ。

シグネチャーはウニクリームパスタ。1980年代に日本の本店で考案されたこのソースは、今ではこのニューヨーク店でしか味わえない。アルデンテの麺に盛られた、大ぶりでプリプリのウニ(この日はメーン州産)のコクと香りが主役。ここに、裏メニューの「ハバネロペッパーオイル」を数滴垂らすのがオススメだ。まろやかな味わいが、ほどよい辛みでぐっと締まる。ただし本当に辛いので、量にはご注意! セコンド・ピアット(メインディッシュ)は、トリュフオイルが薫る鶏の香草焼きを。さっぱりしたレモンソースは、だんだんと暑くなるこの時期には、特によさそう。

 

取材時の「季節のデザート」は、栗がゴロゴロ入ったクレープだった。微かな渋みと素朴な甘みが調和した、シンプルだが味わい深い逸品。店内のどこからでもキッチンがよく見える

 

Basta Pasta
37 W. 17th St. (bet. 5th & 6th Aves.)
TEL: 212-366-0888
bastapastanyc.com

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1114

楽しい夏こそ紫外線対策!

太陽が燦々と照りつける毎日、外で楽しく遊べる季節だからこそ、きちんとした知識を持って、紫外線対策をしたいところ。紫外線に当たることで起こるさまざまな弊害も今号できちんと把握しておこう!

Vol. 1113

ちょっとそこまで  魅惑のシティーアイランド

ブロンクスにあるシティーアイランドは、シーフードやマリンスポーツをはじめ、のんびり散歩も楽しめるという魅力的な海辺の街。知る人ぞ知るリゾート地なだけに、訪れたことがないという人も多いかもしれない。そんなシティーアイランドの見所をたっぷりご紹介!

Vol. 1112

この夏は野球アツい!

野球大国であるアメリカ。シーズン真っ最中のMLBの観戦はもちろん、ここニューヨークでは日本人チームによる草野球も盛り上がっているようだ。そんな幅広い野球の魅力を今こそ語り合おう!

Vol. 1111

いよいよ経済再開! ニューヨーク復活へ

6月24日、ついにニューヨーク州の非常事態宣言が解除された。新型コロナウイルスのあらゆる制限が解除となり、約1年3カ月ぶりに本格的に経済再開を果たしたニューヨーク。街は復活に向け着々と進んでいる。