巻頭特集

この夏行きたいルーフトップバー

 

友と気取らない一杯を
ラストライト

今年4月にローワーイーストサイドにオープンしたホテル「シスターシティー」は、ニューヨークを代表するデザイナーズホテルの一つ「エースホテル」の姉妹店。内装や家具は、素朴で温かみのある木製がメインで、全体的に柔らかくて優しい雰囲気だ。

1019-Rooftop_4_4

店内は、どこかレトロで落ち着いた印象。まるで大都会の隠れ家だ

 

このホテルの11階にオープンした、こぢんまりとしたルーフトップバーが「ラストライト」。午後3時という比較的早い時間からオープンしている。バーカウンターまでガラス張りの店内には、陽の光がたっぷり差し込み、床面積以上の開放感がある。

 

1019-Rooftop_4_5

午後3〜6時は、一部カクテルが$10に!

 

鞄掛けのフックの曲線やスツール(丸椅子)の色に至るまで、随所にデザインの統一性とこだわりが見え隠れ。居心地良の良さが、若いニューヨーカーたちを中心に早速話題となっている。

そんなカジュアルな雰囲気だから、ドレスアップしするよりも、普段着でふらっと立ち寄る方が似合っている。気心知れた相手と酒を酌み交わしたり、一人で気楽にカウンターに腰掛けたり、そんな過ごし方がオススメだ。

高層ビルの代わりに、歴史を重ねた中層の建物がひしめくローワーマンハッタンの景観も味わい深い。装飾が控えめなテラスが、そのにぎやかさをより引き立てる。派手なナイトライフに疲れたら、このバーがオススメだ。

1019-Rooftop_4_6

 

Last Light
at Sister City
225 Bowery, 11th Fl. (bet. Rivington & Stanton Sts.)
lastlight.nyc

 


 

美しき夜に花を添えて
ザ・フルール・ルーム

チェルシーにあるホテル「モクシー」は今年3月にオープンしたばかり。市内有数の高級レストランとして知られる「タオ」や「ノブ」などの内装を手掛けている、ロックウェルグループがプロデュースする。そして、このホテルの35階にある「ザ・フルール・ルーム」は、今市内で最もアツいナイトスポットの一つだ。

 

1019-Rooftop_5_1

花を随所にあしらったバーで、静かな大人のひとときを楽しもう

 

マンハッタンを360度ぐるりと一望できる店内は、フルール(フランス語で「花」)テーマで統一。各テーブルや店内の随所にさり気なく飾られた生花が、ドレスアップしたニューヨーカーたちを一層華々しく見せる。カクテルも花にインスパイアされたものが多く、ジンにハーバルティー、ラベンダーを合わせた「ライラック・ジェーン」や、ウオツカベースにバジルとイチゴが香る「フルール・オブ・ザ・バレー」など。

銅製のバーカウンターや革張りのシックなソファー、そしてラスベガスから持ってきたディスコボールなど、ビンテージテーマの家具が品格と温かみをプラス。初めて訪れるのに、どこか懐かしい感覚を覚える。

 

1019-Rooftop_5_2

天井までガラスのラウンジはインパクト大

1019-Rooftop_5_3


The Fleur Room
 at Moxy Chelsea
105 W. 28th St., 35th Fl.
moxy-hotels.marriott.com/nyc/chelsea/the-fleur-room

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1179

今年も始まるホリデーシーズン とっておきのクリスマスギフトを見つけよう!

もうすぐクリスマス。ギフト選びに苦戦する人も少なくないはず。大切な人に喜んでもらえるものを、心を込めて贈りたいですよね。そこで今年人気のあるギフトの紹介からラッピング情報まで編集部がリサーチ。

Vol. 1178

知りたい! ペンステ改装計画

パンデミックの収束とともに、ニューヨークにも本格的ににぎわいが戻ってきた。今週は30年越しのリニューアル計画で活気付くペンステーションに迫る。

Vol. 1177

帰省特集 今年の冬休みは日本で過ごす!

コロナの規制が大幅に緩和され、帰国・入国がだいぶスムースになったこの冬。久しぶりに日本で年末年始を過ごそうと計画している方も多いでしょう。今回はそんな帰省事情をリサーチ。

Vol. 1176

ホリデーシーズン到来! みんなで楽しむサンクスギビング

サンクスギビングも近づいてきて、いよいよホリデーシーズンだ。ショッピングや冬のアクティビティーも楽しめる、大切な祝日であるサンクスギビング。そのルーツや習慣も知って、アメリカの祝日を楽しもう!