この夏行きたいルーフトップバー

日常から切り離された、特別な景色とドリンクで、ニューヨークの夏を刺激的に過ごそう。今号は、最近オープンしたものを中心に、市内で話題のルーフトップバーをご紹介!

 



40階で過ごす、極上の夜

ディア・アーヴィング・オン・ハドソン

「夏はオープンテラスのカフェも気持ちいいけど、ビルの上のルーフトップバーには、また違った特別感がある。だからみんなが行きたがる」

そう語るのは、タイムズスクエアで今年1月にオープンしたバー「ディア・アーヴィング・オン・ハドソン」の共同経営者、アルベルト・ベネナティさん。「でも、40階の高さのルーフトップバーは早々ない。だからここの眺めは格別だよ」

ガラス張りの店内にはミッドタウンの高層ビル群が目の前いっぱいに広がり、ハドソン川、そして遠くはジョージ・ワシントン橋まで見渡せる。ビルの反対側にも席があり、マンハッタンの摩天楼を360度楽しめる仕様になっている。どこからでも絶景が見渡せるのはポイントが高い。

1019-Rooftop_3_1

客がみんな記念撮影を楽しむという、シックな40階店内。天気がいい日はテラス(写真奥)でお酒を楽しもう

このバーは2フロア構成。ジェームズ・ボンドの世界を想起させる、ダンディーな雰囲気の40階、そしてタイムズスクエアにある「ディア・アーヴィング」の初号店と同じアールデコ・テーマの41階だ。紫のベルベットのソファーや、夕日をキラキラと反射するビーズのカーテンなど、家具は全て特注品。

1019-Rooftop_3_2

41階はきらびやかなアールデコ調

1019-Rooftop_3_3

 

提供するカクテルは伝統的なレシピをベースにしたものが多い。地元産のスピリッツをなるべく使うようにしているそう。五感を使ってニューヨークを堪能する、特別な夜が過ごせそうだ。

Dear Irving on Hudson
at Aliz Hotel
310 W. 40th St. (bet. 8th & 9th Aves.)
dearirving.com

 



東海岸の夏を満喫!

サマーリィ

ニューヨークの夏をのんびり、穏やかに満喫するなら、ウィリアムズバーグにある「サマーリィ」に行ってみよう。今月15日にオープンしたばかりで、本誌発行現在で最新のルーフトップバーの一つだ。

このバーがあるデザイナーズホテル「ザ・ホクストン」は、ロンドン、パリ、アムステルダムなど世界中に展開している。「街の住民のように楽しむ滞在」がコンセプトで、昨年できたこのウィリアムズバーグ店も、どこか気取らないカジュアルさが評判だ。

1019-Rooftop_4_1

マンハッタンのスカイラインが見渡せるのが、ブルックリンのルーフトップバーのいいところ

「サマーリィ」のテーマは、ずばり、東海岸で過ごすバケーション。「避暑地ハンプトンまでの渋滞なしで、夏を楽しもう!」とうたっている。白とゴールド、シルバーをメインカラーに据え、開放的な雰囲気の中にも都会の洗練された落ち着きを残す。

1019-Rooftop_4_2

東海岸の夏といえば、ロブスターロール

テーブルやソファだけでなく、大理石のバーカウンターもバルコニーに設置。押しも押されぬ高級エリアとなったウィリアムズバーグの夜景と、川の向こうのマンハッタンのスカイラインがどちらも楽しめる、ぜいたくなロケーションが売りだ(屋外につき、悪天候は閉店の恐れあり)。

絶景のお供には、豊富なコレクションのロゼワインと、ロブスターやクラム(二枚貝)などニューイングランド地方にインスパイアを得たフードを。

1019-Rooftop_4_3

 

Summerly
at The Hoxton
97 Wythe Ave., Brooklyn, NY 11249
thehoxton.com/new-york/williamsburg

 

ページ: 1 2 3

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1041

自由気ままに
デトックス

年末も近くなり、何かと忙しいこの季節。2019年を最後まで楽しむために、体の不調やストレスは今のうちに排除しよう!今号は、気軽に立ち寄れる市内のリラクゼーションスポットを探訪。

Vol.1040

読者ランナーを一挙紹介!
NYCマラソンを見る。

NYジャピオンは、今年もニューヨークシティーマラソンを応援します!レースの基礎情報から、知っていると得する応援の豆知識、そして5区を駆け抜ける読者ランナー太刀を一挙に紹介。(文/南あや)

Vol.1039

ジェネレーションZ が
経済を動かす!

「ジェネレーションZ」(略称=Z世代)という言葉を耳にしたことがあるだろうか?今、この若い世代の勢いが止まらない!数年後にはアメリカ最大の消費者層となると言われている彼らの正体・生態を、今号で勉強使用!(取材・文/菅礼子)

 

Vol.1038

ニューヨークで進化する
Katsu Sando

ニューヨークでは日本のカツサンドが今静かなブーム。数年前まではKatsuには“Japanese style cutlet”と英語の説明が必要だったが、今は堂々とkatsuで通じる。また「サンド」もsandwichではなくsandoと表記されることが多くなった。そこで今号では、ニューヨークで進化する、オリジナリティー溢れるカツサンドを紹介する。(取材・分/古村典子)