巻頭特集

お気に入りを見つけよう!NYで楽しむクラフトビールライフ

飲み比べてお気に入りを見つけよう!
クラフトビールが楽しめるお店を紹介

★一度にいろいろ試せる★ ブルワリーに行ってみよう

ブルックリン区イーストウィリアムズバーグにある、ジョー&ローレン・グリム夫妻によってオープンされたブルワリー。10年間の自家醸造の末、2013年からノマドブルワリーとしてビールを提供し始め、18年に現在の場所にブルワリーをオープンした。

アーティストでありミュージシャンでもある二人が手掛けるビアボトルや缶、ビールグラスは、デザインがおしゃれでかわいいものばかり。大きな窓から自然光のたっぷり入る明るくて広い店内で、さまざまなビールをフライトから楽しむことができる。何台も並ぶ、巨大なビール醸造タンクの手前で売られているオリジナルアパレルグッズも必見だ。

Grimm Artisanal Ales
990 Metropolitan Ave., Brooklyn, NY 11211
TEL: 718-564-9767/hello@grimmales.com
grimmales.com


2010年にイェッぺ・ヤーニット・ビャーウスさんにより、デンマークでスタートしたブルワリー。2018年にクイーンズ区リッジウッドのこちらの醸造所がオープンするまでは、設備を持たないノマドスタイルのブルワリーだった。世界中の有名ブルワリーとのコラボレーションによって生み出される数量限定のビールに定評がある。その他にも、季節限定の商品や通年購入できるものも多数そろえる。ここ最近のトレンドでもある、サワーエールやフルーティーなビールも豊富だ。

観葉植物で溢れた天井の高い店内は明るく、ビールが進む居心地の良さだが、テラス席の席数も多いのでこれからの季節にぴったりだろう。

Evil Twin Brewing
1616 George St., Ridgewood, NY 11385
info@eviltwin.dk
eviltwin.nyc


★タップビールを飲み比べ★ おすすめのビアバー

エセックスマーケットの地下、「マーケットライン」にあるクラフトビアバー。常時50種類以上のタップビールが飲めるのは、マンハッタンでも随一の品ぞろえだ。ローカルブルワリーによるクラフトビールから定番人気のクラシックなものまで、国内外から集めたさまざまなクラフトビールを飲むことができる。

小さいサイズのテイスティングラスもあり、遠方のブルワリーまでわざわざ足を運ばずして、幅広い種類のビールを少しずつ試すことができる。

店員さんに好みを伝えるとおすすめを詳しく紹介してくれるので、ためらわずに声を掛けていろいろ試してみよう。

The Grand Delancey
115 Delancey St./TEL: 302-751-0002
manager@thergranddelancey.com
thegranddelancey.com


常時約25種類ほどのタップビールをそろえる、地元の人々に愛されるクラフトビアバー。ローカルビールをはじめ、主にアメリカ国内のクラフトビールを提供している。ビールボトルや缶の販売のほか、おつまみやチョコレート、オリジナルキャンドルなどとビールを詰め合わせたおしゃれなギフトボックスも人気だという。

地元に根付いたアットホームな雰囲気のカフェでもあり、曜日を問わず朝はコーヒーを飲む人、昼以降はビールを飲む人たちでにぎわう。子連れ・犬連れも大歓迎なのがうれしい。プライベートイベントのためにクラフトビールを提供するオリジナルのキッチンカーを予約することもできる。

THE GREATS OF CRAFT
983 1st Ave./TEL: 646-781-9600
info@greatsofcraft.com
greatsofcraft.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1226

寒い日にお家で食べたい袋麺はコレだ!!

寒くて長いニューヨークの冬は温かいスープと麺でも啜りたくなる季節だ。しかし寒い時の外食は避けたいもの。そんな時は自宅で手頃に食べられて身体を温められるインスタントラーメンはいかが? 今回は知られざるインスタント麺の誕生秘話からアレンジレシピまで紹介。

Vol. 1225

これが噂のウェグマンズ

この秋ニューヨークの最大の話題といえば、先月オープンした「ウェグマンズ」のアスタープレース店をおいて他にない。人気全米一の栄誉に輝く地元密着型スーパーだが、今までネイビーヤードに店舗があっただけで、その実態がよく知られていなかった。ところが、ここにきて売り場総面積8万7000平方フィートのフルサイズ店上陸である。抜群に鮮度のよい青果類と最高級の精肉。デリカも充実。しかも店内には日本の「魚屋さん」もあるとか。徹底解剖してみる。

Vol. 1223

ラジオシティー・ミュージック・ホール魅力

ニューヨークに住んでいると一度は訪れたことがあると思われるラジオシティー・ミュージック・ホール。冬の公演、『クリスマス・スペクタキュラー』のロケッツはもちろん、長い歴史の裏側は意外と知られていない。今号では、知っているようで意外と知らない同ホールについて紹介していく。