巻頭特集

焙煎したてのコーヒーが飲みたい

Valentine’s Day に飲みたい
チョコ&コーヒー・ドリンク!

「バレンタインにはやっぱりチョコ」という人は、チョコとコーヒーの両方を楽しめるドリンクを飲んでみては?

まず試してほしいのは、Dominique Ansel Bakery(189 Spring St./domi
niqueanselny.com)の「Mocha」。甘さ控えめの大人の味で、ナッツの香りが立つチョコがいいアクセントに。

もっとフレーバーのチョイスが欲しいという人には、L.A. Burdick Chocolates(156 Prince St./burdickchocolate.com)と、Hotel Chocolat(441 Lexington Ave./hotelchocolatusa.com)がおすすめ。前者はダーク、ミルク、ホワイトの3種類の「Mocha」をサーブ、そして後者ではコーヒーベースの「Chocolate Latte」「Salted Caramel Latte」「Vanilla White Chocolate Latte」が味わえる。

 

甘いものが苦手な人でもさっぱり飲める、Dominique Ansel Bakeryの「Mocha」

 

またコーヒー&チョコドリンクといえば、イタリアの名物「Bicerin」も外せない。ホットチョコレート、エスプレッソ、生クリームが3層になっている飲み物で、混ぜずにそのまま飲むのが伝統。生クリームと熱いエスプレッソ、甘いホットチョコレートが順番に入ってきて、口中で混ざるのを楽しむ。ニューヨークではCaffe Lavazza at Eately(200 5th Ave./eataly.com)とVenchi(861 Broadway/us.venchi.com)で飲める。

2月にオープンしたばかりのThe Wonderbon Chocolate Co.(257 Bleecker St./wonderbon.com)では、とろりとしたテクスチャーがリッチな「Espresso」を。メニューは毎日変わるので、その日に「Espresso」があるかどうかはFacebookで要確認。

ホットチョコレート、エスプレッソ、冷たい生クリームの3層の味が口中で混ざり合う、粋な「Bicerin」。Caffe Lavazza at Eatelyでは伝統的なスタイル(写真上)を、Venchiではチョコとエスプレッソが渦巻き上に重なったモダンなバージョン(同下)を!

 

Venchiではチョコとエスプレッソが渦巻き上に重なったモダンなバージョンを!

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1121

秋から楽しむ ホットカクテル

秋風が吹き始め、ここから一気に冬へと向かうニューヨーク。そんな時、肌寒さをほんわか癒やしてくれるのが燗酒だ。今号では、心も体も温まる燗酒の楽しみ方と魅力、そして自宅で作れるホット酒カクテルを紹介する。

Vol. 1120

知っておこう マリファナ基礎知識

今年3月より、ニューヨーク州でマリファナの使用が合法化された。これにより今後免許保持者の自家栽培や許可された公共の場での吸引が可能になる。アメリカで拡大するマリファナ市場。注意点も含め、まずは正しい基礎知識を身に付けよう。

Vol. 1119

コミュニティーガーデン探訪

摩天楼や住宅街の一角にひっそりと佇む緑の園。今号では、時代の荒波を生き抜いてきたコミュニティーガーデンの歴史と現在の姿を紹介する。

Vol. 1118

舞台再開! 再始動する日本人パフォーマーたち

劇場の灯が消えて1年半、ニューヨークの劇場が戻ってくる。ブロードウェーやメトロポリタンオペラ、カーネギーホールなどの劇場再開とともに、小・中劇場やコミュニティーに根ざすアーティストたちも、新たな決意を胸に再始動しつつある。ニューヨークで頑張る日本人パフォーミングアーティストたちに取材した。