巻頭特集

焙煎したてのコーヒーが飲みたい

Valentine’s Day に飲みたい
チョコ&コーヒー・ドリンク!

「バレンタインにはやっぱりチョコ」という人は、チョコとコーヒーの両方を楽しめるドリンクを飲んでみては?

まず試してほしいのは、Dominique Ansel Bakery(189 Spring St./domi
niqueanselny.com)の「Mocha」。甘さ控えめの大人の味で、ナッツの香りが立つチョコがいいアクセントに。

もっとフレーバーのチョイスが欲しいという人には、L.A. Burdick Chocolates(156 Prince St./burdickchocolate.com)と、Hotel Chocolat(441 Lexington Ave./hotelchocolatusa.com)がおすすめ。前者はダーク、ミルク、ホワイトの3種類の「Mocha」をサーブ、そして後者ではコーヒーベースの「Chocolate Latte」「Salted Caramel Latte」「Vanilla White Chocolate Latte」が味わえる。

 

甘いものが苦手な人でもさっぱり飲める、Dominique Ansel Bakeryの「Mocha」

 

またコーヒー&チョコドリンクといえば、イタリアの名物「Bicerin」も外せない。ホットチョコレート、エスプレッソ、生クリームが3層になっている飲み物で、混ぜずにそのまま飲むのが伝統。生クリームと熱いエスプレッソ、甘いホットチョコレートが順番に入ってきて、口中で混ざるのを楽しむ。ニューヨークではCaffe Lavazza at Eately(200 5th Ave./eataly.com)とVenchi(861 Broadway/us.venchi.com)で飲める。

2月にオープンしたばかりのThe Wonderbon Chocolate Co.(257 Bleecker St./wonderbon.com)では、とろりとしたテクスチャーがリッチな「Espresso」を。メニューは毎日変わるので、その日に「Espresso」があるかどうかはFacebookで要確認。

ホットチョコレート、エスプレッソ、冷たい生クリームの3層の味が口中で混ざり合う、粋な「Bicerin」。Caffe Lavazza at Eatelyでは伝統的なスタイル(写真上)を、Venchiではチョコとエスプレッソが渦巻き上に重なったモダンなバージョン(同下)を!

 

Venchiではチョコとエスプレッソが渦巻き上に重なったモダンなバージョンを!

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1094

音は続くよ、どこまでも

音を楽しむと書いて「音楽」と読むがまさに今、長く続くコロナ禍で音楽が心の支えとなっている人も、多いのではないだろうか。  今号では、コロナに負けず活動を続けるミュージシャンたちを一部だが紹介していく。オンラインはもちろん、直接鑑賞できる機会も紹介。聞いて感じて、あなただけの癒やしの音を手に入れよう!

Vol. 1093

暮らしのトラブルに強くなる!

水道詰まり、ネズミ被害、家賃交渉——他の人が経験しているあれこれ、自分に降りかかった時のことは考えてる? 今号は、住居にまつわる意外と忘れがちな自衛対策を紹介。

Vol. 1092

寒い冬だからこそあったかスープで芯まで温まりたい!

寒さの厳しいニューヨークの冬には温かいスープを! 外食規制のある現在、家で作れるスープレシピをマスターするも良し。オススメのスープのテークアウトもよし。寒い冬を乗り切ろう!

Vol. 1091

創作の世界「縫う、編む、織る人々」

刺しゅう、手芸、編み物、キルト、洋裁、和裁……。布と糸を使った創作は幅広いが、今号は、オーダーメードで制作するアーティストや教室で教える講師の「縫う、編む、織る」作品にフォーカス。オリジナル作品をオーダーしたり、自宅で実際に作ってみたりしながら、創作の世界を感じてみよう。