愛されて30年の老舗店 西海岸の定番にひと工夫

今年で創業30周年を迎える、カリフォルニア・サンタモニカ発のレストラン「マイケルズ」。創業者のマイケル・マッカーシーさんは、「大手出版社やテレビ局のオフィスが軒並み近くにあるから、マスメディア業界の客が多いよ。」とニッコリ。取材したこの日も、夜は中庭でプライベートパーティーがあるそう。いつも活気と笑い声であふれる店だ。

 

「Organic Salmon($38)」は、冷たいオリーブ・ビネグレットソースが夏らしく爽やか。レモンをたっぷり絞っていただこう。ユズこしょうのピリッとした刺激で、食欲も倍増

 

まだ「ファーム・トゥー・テーブル」という概念のなかった時代から、使うハーブは種から育てていたという同店は、現在、ニューヨーク近郊の農家から仕入れた食材を中心に使用。カリフォルニアの伝統的なメニューに、韓国出身のエグゼクティブシェフ、キャン・アップ・リムさんが、アジアや中東などの味をプラスする。アボカドをたっぷりのせた同店のコブサラダはあまりに有名なので、今回はあえて、マイケルさんオススメの黒豚ポークチョップとオーガニックサーモンをチョイスした。黒豚にはアルゼンチンのチミチュリソース、サーモンにはユズこしょうをたっぷりと載せて、飽きのこない深みのある味を提供する。

 

 

 

イチゴとメレンゲの食感が楽しい「イートン・メス」などのデザート含め、メニューはシーズンごとに入れ替わる。ちなみに同店は、8月16日(金)まで開催中のレストラントウイークにも参加中(該当メニューは通常のものと異なる)

 

 

 

 

Michael’s New York
24 W. 55th St.
(bet. 5th & 6th Aves.)
TEL: 212-767-0555
michaelsnewyork.com

 

 

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1038

ニューヨークで進化する
Katsu Sando

ニューヨークでは日本のカツサンドが今静かなブーム。数年前まではKatsuには“Japanese style cutlet”と英語の説明が必要だったが、今は堂々とkatsuで通じる。また「サンド」もsandwichではなくsandoと表記されることが多くなった。そこで今号では、ニューヨークで進化する、オリジナリティー溢れるカツサンドを紹介する。(取材・分/古村典子)

Vol.1037

いざ、ミュージカル鑑賞。

ロングランから新作まで、ブロードウェーではミュージカル作品が山ほど上演中。住んでいるとなかなか見に行く機会がない、という言う人に、今号ではおすすめ作品を紹介。(文/音成映舞)

Vol.1036

今さら聞けないクラブのこと

「自分はもう若くないし」「ナンパ目的でしょ」「なんだか危なそう」と、不慣れな人にはやや敬遠されがちな、ニューヨークのナイトクラブ。実はクラブカルチャーとは多彩で、誰でも楽しめるものなのだ!今号は、市内での安全で楽しい夜遊びのコツを、クラブ初心者向けに指南。(取材・文/南あや)

Vol.1035

ニューヨーク手土産事情

お世話になった人へのお礼、招待されたホームパーティーなど、何を手土産に買えばいいの?と、悩むことも多いはず。そこで、今回はジャピオン厳選の「手軽に購入できる手土産」を特集。(文・写真=音成映舞)