愛されて30年の老舗店 西海岸の定番にひと工夫

今年で創業30周年を迎える、カリフォルニア・サンタモニカ発のレストラン「マイケルズ」。創業者のマイケル・マッカーシーさんは、「大手出版社やテレビ局のオフィスが軒並み近くにあるから、マスメディア業界の客が多いよ。」とニッコリ。取材したこの日も、夜は中庭でプライベートパーティーがあるそう。いつも活気と笑い声であふれる店だ。

 

「Organic Salmon($38)」は、冷たいオリーブ・ビネグレットソースが夏らしく爽やか。レモンをたっぷり絞っていただこう。ユズこしょうのピリッとした刺激で、食欲も倍増

 

まだ「ファーム・トゥー・テーブル」という概念のなかった時代から、使うハーブは種から育てていたという同店は、現在、ニューヨーク近郊の農家から仕入れた食材を中心に使用。カリフォルニアの伝統的なメニューに、韓国出身のエグゼクティブシェフ、キャン・アップ・リムさんが、アジアや中東などの味をプラスする。アボカドをたっぷりのせた同店のコブサラダはあまりに有名なので、今回はあえて、マイケルさんオススメの黒豚ポークチョップとオーガニックサーモンをチョイスした。黒豚にはアルゼンチンのチミチュリソース、サーモンにはユズこしょうをたっぷりと載せて、飽きのこない深みのある味を提供する。

 

 

 

イチゴとメレンゲの食感が楽しい「イートン・メス」などのデザート含め、メニューはシーズンごとに入れ替わる。ちなみに同店は、8月16日(金)まで開催中のレストラントウイークにも参加中(該当メニューは通常のものと異なる)

 

 

 

 

Michael’s New York
24 W. 55th St.
(bet. 5th & 6th Aves.)
TEL: 212-767-0555
michaelsnewyork.com

 

 

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1078

リアルで! バーチャルで!

ハロウィーン体験

大規模なパーティーやパレードが難しくとも、10月だけのホラーな雰囲気は楽しめるはず! 今号は、ニューヨーカーが仕掛けるハロウィンの試みの数々をご紹介

Vol. 1077

こだわりのダイナー

ニューヨーク市内の飲食店では先月30日から、インドアも再開。がんばる飲食店への応援も込めて、老舗ダイナーから新しいダイナーまでを紹介します。あなたにとってのお気に入りの店が見つかるかも。

Vol. 1076

ニューヨークらしい秋冬ファッション

先行きが不安な今年の秋冬だからこそ、自分らしいおしゃれで、毎日を明るく過ごしたい! 日本に一時帰国するのを控えている人も多い今年は、あえて「ニューヨークらしい」ファッションを楽しんでみない?

Vol. 1075

さりげなく差を付ける身だしなみ

新型コロナウイルスの影響で自粛生活が続き、外出しないため、身だしなみにもこだわらなくなった人も多いのでは? 外出の機会も増えていく中、さりげなく、そして、かっこよくきめる、NY在住者のこだわりの身だしなみを今号では探ってみた。