潮風に吹かれながら 新鮮なシーフードを!

マンハッタンから車で1時間、ブルックリンのマリンパーク地区に60年以上も地元民に愛され続けるシーフードレストランがある。ジャマイカベイをのぞむマリーナに面した「ニックズ・ロブスターハウス」だ。1955年に漁師のニックさんが水揚げしたての魚介類を提供し始めたのがきっかけで、当時も今も新鮮さが売り。今では近海ものだけでなく、アラスカやカナダからも仕入れているが、質と鮮度には定評がある。

 

 

看板料理の「ロブスター」は、溶かしバターでシンプルにいただくアメリカンスタイル。同店は、通りを挟んだ向かいにあるゴルフコースを訪れる人たちにも人気だ

 

 

特にロングアイランド産のオイスターやコネティカット産のクラムはぜひ生で味わってほしい。一皿で海の幸を存分に楽しむなら「シーフードケバブ」を! 大振りのエビ、ホタテ、サーモン、野菜を豪快に串刺しにし、イタリアン・ブレッドクラムを軽くまぶしてからグリル。しっかり焦げ目のついたケバブは香ばしく、がぶっとかぶりつくとクランチーな食感とシーフードの優しいうま味が口の中いっぱいに広がる。料理のスタイルはアメリカンなれど、料理長のディミトリー・カロウシスさんはイタリア料理のベテランなので、メニューには「ロブスターラビオリ」や「シュリンプアルフレド」なども並ぶ。夏は屋外テーブルで潮風に吹かれながら、シーフードを堪能したい。

 

料理長のディミトリーさんは、素材の味を生かす、日本人好みの味付けが得意。「シーフードケバブ($30)」はエビ、ホタテ、サーモンの3種類のシーフードが一皿で楽しめる

 

 

 

Nick’s Lobster House
2777 Flatbush Ave.
Brooklyn, NY 11234
TEL: 718-253-7117
nickslobsterhouse.com

 

 

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1030

観なきゃソン!
全米オープンテニス

世界4大大会(グランドスラム)の一つとなる、全米オープンテニス。世界的に有名な選手たちの試合が間近で観れる、数少ない機会を利用し、ぜひコートへ観戦に行ってみよう。知っているようで意外と知らない!? お得な情報と共に、今回は大会の魅力を紹介していく。

 

Vol.1029

華麗にこなしてステップアップ
ジャピオン読者の出張事情

普段から慣れない米国で頑張る社会人にとって、見知らぬ土地でビジネスチャンスを決めるのはひと苦労。今号は、そんな読者をほんの少し手助けする特集です。

Vol.1028

まだ間に合うよ!屋外サマーイベント

いよいよ8月に突入!一年の中でもイベントの多い夏は、気軽に行ける屋外イベントが目白押し。「忙しくてまだどこにも行けていない」という人のために、今号は「演劇」、「映画」、「音楽」とジャンル別に分けて紹介していく。(文=音成映舞)

Vol.1027

大都会にも星はある

高層ビルと人であふれたニューヨーク、下ばかり見て歩いていない?野外にいる時間が長くなる夏こそ、夜空の美しさを楽しもう!今号は、ジャピオンがニューヨーク市内で天体観測にトライ。