潮風に吹かれながら 新鮮なシーフードを!

マンハッタンから車で1時間、ブルックリンのマリンパーク地区に60年以上も地元民に愛され続けるシーフードレストランがある。ジャマイカベイをのぞむマリーナに面した「ニックズ・ロブスターハウス」だ。1955年に漁師のニックさんが水揚げしたての魚介類を提供し始めたのがきっかけで、当時も今も新鮮さが売り。今では近海ものだけでなく、アラスカやカナダからも仕入れているが、質と鮮度には定評がある。

 

 

看板料理の「ロブスター」は、溶かしバターでシンプルにいただくアメリカンスタイル。同店は、通りを挟んだ向かいにあるゴルフコースを訪れる人たちにも人気だ

 

 

特にロングアイランド産のオイスターやコネティカット産のクラムはぜひ生で味わってほしい。一皿で海の幸を存分に楽しむなら「シーフードケバブ」を! 大振りのエビ、ホタテ、サーモン、野菜を豪快に串刺しにし、イタリアン・ブレッドクラムを軽くまぶしてからグリル。しっかり焦げ目のついたケバブは香ばしく、がぶっとかぶりつくとクランチーな食感とシーフードの優しいうま味が口の中いっぱいに広がる。料理のスタイルはアメリカンなれど、料理長のディミトリー・カロウシスさんはイタリア料理のベテランなので、メニューには「ロブスターラビオリ」や「シュリンプアルフレド」なども並ぶ。夏は屋外テーブルで潮風に吹かれながら、シーフードを堪能したい。

 

料理長のディミトリーさんは、素材の味を生かす、日本人好みの味付けが得意。「シーフードケバブ($30)」はエビ、ホタテ、サーモンの3種類のシーフードが一皿で楽しめる

 

 

 

Nick’s Lobster House
2777 Flatbush Ave.
Brooklyn, NY 11234
TEL: 718-253-7117
nickslobsterhouse.com

 

 

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1088

新型コロナ時代のサバイバルエクササイズ

2021年を迎えても新型コロナウイルスの猛威はなかなか鎮まらない。寒さも合間って自宅での巣ごもりが続くが、ここで運動不足になって抵抗力が落ちてしまうと本末転倒。そこで、今回は自宅でできるエクササイズと、その補助ツールやティップを紹介する。

Vol. 1086

まだまだ激動のコロナ渦教育

ニューヨーク市内の再度のシャットダウンも、いよいよ現実味を帯びてきた。リモート勤務に慣れてきた大人がいる一方、子供、そして親は、対応が二転三転する学校教育に戸惑いを覚えっぱなしだ。今、何が起こっている?

Vol. 1085

冬の乾燥対策で不安を撃退!

寒さが厳しくなるなか、新型コロナウイルスの猛威が再び押し寄せている。冬季は今まで以上にウイルスのまん延が懸念されているため、乾燥対策が重要だ。冬の乾燥対策でさまざまな不安を撃退しよう。