潮風に吹かれながら 新鮮なシーフードを!

マンハッタンから車で1時間、ブルックリンのマリンパーク地区に60年以上も地元民に愛され続けるシーフードレストランがある。ジャマイカベイをのぞむマリーナに面した「ニックズ・ロブスターハウス」だ。1955年に漁師のニックさんが水揚げしたての魚介類を提供し始めたのがきっかけで、当時も今も新鮮さが売り。今では近海ものだけでなく、アラスカやカナダからも仕入れているが、質と鮮度には定評がある。

 

 

看板料理の「ロブスター」は、溶かしバターでシンプルにいただくアメリカンスタイル。同店は、通りを挟んだ向かいにあるゴルフコースを訪れる人たちにも人気だ

 

 

特にロングアイランド産のオイスターやコネティカット産のクラムはぜひ生で味わってほしい。一皿で海の幸を存分に楽しむなら「シーフードケバブ」を! 大振りのエビ、ホタテ、サーモン、野菜を豪快に串刺しにし、イタリアン・ブレッドクラムを軽くまぶしてからグリル。しっかり焦げ目のついたケバブは香ばしく、がぶっとかぶりつくとクランチーな食感とシーフードの優しいうま味が口の中いっぱいに広がる。料理のスタイルはアメリカンなれど、料理長のディミトリー・カロウシスさんはイタリア料理のベテランなので、メニューには「ロブスターラビオリ」や「シュリンプアルフレド」なども並ぶ。夏は屋外テーブルで潮風に吹かれながら、シーフードを堪能したい。

 

料理長のディミトリーさんは、素材の味を生かす、日本人好みの味付けが得意。「シーフードケバブ($30)」はエビ、ホタテ、サーモンの3種類のシーフードが一皿で楽しめる

 

 

 

Nick’s Lobster House
2777 Flatbush Ave.
Brooklyn, NY 11234
TEL: 718-253-7117
nickslobsterhouse.com

 

 

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1053

焙煎したての
コーヒーが飲みたい

コーヒーは焙煎(ばいせん)してからすぐに香りや味の変化が始まってしまうので、持ち味を十分に楽しむには、焙煎したての豆からいれるコーヒーが一番。そこで、今号では店内焙煎のコーヒーを提供するカフェを紹介する。(取材・文/古村典子)

Vol.1052

今から始める
安全対策

犯罪や災害は、実際に降りかかってから行動するのでは遅い!手の届く範囲で始められる対策を、ジャピオンと一緒に講じよう。(取材・文 / 南あや・音成映舞)

 

Vol.1051

英語が得意になりたい!

「日常会話はできるし・・・」「どうせ数年後に日本に戻るし・・・」と言いながら、バイリンガルの友人がうらやましい、そこのあなた。今年こそ本腰入れて、英語力を鍛えてみない?(取材・文/南あや)

Vol.1050

ようこそ
「白鳥の湖」の世界へ

チャイコフスキー3大バレエの名作『白鳥の湖』。1月下旬から市内で順次観ることのできる三つのバレエ団による公演と、その見どころを紹介していく(取材・文=音成映舞)