潮風に吹かれながら 新鮮なシーフードを!

マンハッタンから車で1時間、ブルックリンのマリンパーク地区に60年以上も地元民に愛され続けるシーフードレストランがある。ジャマイカベイをのぞむマリーナに面した「ニックズ・ロブスターハウス」だ。1955年に漁師のニックさんが水揚げしたての魚介類を提供し始めたのがきっかけで、当時も今も新鮮さが売り。今では近海ものだけでなく、アラスカやカナダからも仕入れているが、質と鮮度には定評がある。

 

 

看板料理の「ロブスター」は、溶かしバターでシンプルにいただくアメリカンスタイル。同店は、通りを挟んだ向かいにあるゴルフコースを訪れる人たちにも人気だ

 

 

特にロングアイランド産のオイスターやコネティカット産のクラムはぜひ生で味わってほしい。一皿で海の幸を存分に楽しむなら「シーフードケバブ」を! 大振りのエビ、ホタテ、サーモン、野菜を豪快に串刺しにし、イタリアン・ブレッドクラムを軽くまぶしてからグリル。しっかり焦げ目のついたケバブは香ばしく、がぶっとかぶりつくとクランチーな食感とシーフードの優しいうま味が口の中いっぱいに広がる。料理のスタイルはアメリカンなれど、料理長のディミトリー・カロウシスさんはイタリア料理のベテランなので、メニューには「ロブスターラビオリ」や「シュリンプアルフレド」なども並ぶ。夏は屋外テーブルで潮風に吹かれながら、シーフードを堪能したい。

 

料理長のディミトリーさんは、素材の味を生かす、日本人好みの味付けが得意。「シーフードケバブ($30)」はエビ、ホタテ、サーモンの3種類のシーフードが一皿で楽しめる

 

 

 

Nick’s Lobster House
2777 Flatbush Ave.
Brooklyn, NY 11234
TEL: 718-253-7117
nickslobsterhouse.com

 

 

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。

Vol. 1122

コロナに負けず NYファッションシーンが再開!

まだまだデジタルでの新作発表を行うブランドが多いものの、パンデミック以降、初めてゲストを招いてのニューヨーク・ファッション・ウィークが再開した。今回のショーの動向、ニューヨークのファッションシーンを盛り上げるべく奮闘する、日本人デザイナーやモデルにもフォーカスする。