鮮度と景色が人気の秘密 気軽に食べるフレンチ

観光客の増える夏は、9/11メモリアルに隣接するショッピングモール、「ブルックフィールドプレース」も大盛況。ハドソン川に面したボート停泊所を望む、ちょっとしたリゾート気分を味わえる場所だ。「いい景色を見ながら、ゆったり、おいしい食事を取る。これに勝るぜいたくはないですよ」と話すのは、併設レストラン「バーボール」のエグゼクティブシェフ、ジョー・マロルさん。

フランス系フードホール「ル・ディストリクト」の中にある「バーボール」は、その日使う分の食材だけを仕入れ、常に新鮮な味わいを提供するのが信条。大西洋でとれたサーモンはミディアムレアの状態で、とろけた舌触りを楽しんで。夏はさっぱりとしたスイカのサラダもオススメだ。そして、フランス料理の代名詞的存在、濃厚なオニオンスープも四季を問わず大人気。

観光地のフレンチということで、さぞかしお高いのでは…と思ったら、意外にもリーズナブル。その理由を尋ねると、ジョーさんは「毎日でも食べに来たいと思って欲しいからです」と、にっこり。

 

メニューは年に約2回、季節ごとに入れ替わる。こってりしたフェタチーズとみずみずしいスイカの調和が見事な「Heirloom Tomato Sald」は、夏にぴったりだ

 

 

ランチメニュー「Salade au saumon($25)」は、ナイフ要らずの柔らかさ。キュウリの風味が爽やかな、ヨーグルトソース(ザジキ)をアクセントに添える。サーモンの下は、ミントがきいたタブーリサラダ

 

 

 

Beaubourg
at Le District
225 Liberty St.
beaubourgny.com

 

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1153

マインドフルに生きよう!

心や体を落ち着かせる効果があるとされるマインドフルネス。慌ただしく不安が尽きない日々の中で、生活に取り入れてみると少しは気持ちが楽になるかもしれない。すでに実践している人も未体験の人も、今号を読んでマインドフルネスについての理解を深めよう!

Vol. 1152

ニューヨークで学ぶ! 楽しむ! 子供の習い事 最新情報

新しい生活がスタートする5月。この時期に子供に習い事をさせたいと考える親も多い。子供向けの習い事教室の傾向や日米の違い、選ぶときの注意点やポイントなどについて、教育コンサルタントの船津徹さんに話を聞いた。

Vol. 1151

日本の手仕事

来る14日に開催されるジャパンパレードにちなみ、今号は日本の手仕事を特集する。日本の工芸やデザインをニューヨークに紹介してきた第一人者や、当地で活動する工芸作家、日本の無名作家を発掘する若きギャラリーオーナーに話を聞いた。

Vol. 1150

ニューヨーク、フードトラック最前線!

屋外でランチを楽しめる季節になってきた    ニューヨーク。テイクアウト需要が高まり、ますます進化を遂げているのがフードトラックだ。今号ではパンデミックの影響や近年のトレンドについて解説し、ニューヨークで楽しめるおすすめ のフードトラックを紹介する。