鮮度と景色が人気の秘密 気軽に食べるフレンチ

観光客の増える夏は、9/11メモリアルに隣接するショッピングモール、「ブルックフィールドプレース」も大盛況。ハドソン川に面したボート停泊所を望む、ちょっとしたリゾート気分を味わえる場所だ。「いい景色を見ながら、ゆったり、おいしい食事を取る。これに勝るぜいたくはないですよ」と話すのは、併設レストラン「バーボール」のエグゼクティブシェフ、ジョー・マロルさん。

フランス系フードホール「ル・ディストリクト」の中にある「バーボール」は、その日使う分の食材だけを仕入れ、常に新鮮な味わいを提供するのが信条。大西洋でとれたサーモンはミディアムレアの状態で、とろけた舌触りを楽しんで。夏はさっぱりとしたスイカのサラダもオススメだ。そして、フランス料理の代名詞的存在、濃厚なオニオンスープも四季を問わず大人気。

観光地のフレンチということで、さぞかしお高いのでは…と思ったら、意外にもリーズナブル。その理由を尋ねると、ジョーさんは「毎日でも食べに来たいと思って欲しいからです」と、にっこり。

 

メニューは年に約2回、季節ごとに入れ替わる。こってりしたフェタチーズとみずみずしいスイカの調和が見事な「Heirloom Tomato Sald」は、夏にぴったりだ

 

 

ランチメニュー「Salade au saumon($25)」は、ナイフ要らずの柔らかさ。キュウリの風味が爽やかな、ヨーグルトソース(ザジキ)をアクセントに添える。サーモンの下は、ミントがきいたタブーリサラダ

 

 

 

Beaubourg
at Le District
225 Liberty St.
beaubourgny.com

 

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1074

風を感じる

新型コロナウイルスの影響により、普段あまり気にしていなかった「換気」に注目が集まっている今、やはり「風」が生活のポイントといえるだろう! そこで、今号では身近な場所で「風をどこまで感じられるか」をテーマに、NYCや近郊で体験できる場所を紹介していく。

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。