ロードアイランドの味わい  自分で切るユニークピザ!

「ヴァイオレット」は、ピザ店が群雄割拠するニューヨークの中でも、群を抜いてユニークだ。「これがピザ!?」という驚きの声が、店内のあちこちから聞こえてくる。

両面をグリルで焼いた薄い生地は小麦粉ベースで、丸形ではなく、インド料理のナンのような自由形。このピザを、一緒に提供される料理バサミで好きな形に切って食べる。お決まりの三角形でも、食べやすさ重視の四角形でもOK。ワイワイ友人とカットする時間も、また楽しい。ピザはでオリーブオイルたっぷり、かつ濃厚な味わいで、食べ応え抜群。ビールやワインが進む。

「Classic($17)」は、全体に伸ばしたハバティチーズにネギを散らし、アクセントにトマトソースをプラス。チーズのコクとネギの香りが、リッチな味わいを生んでいる。あなたなら、どんな風に切る?

オーナーは、ブルックリンの人気ピザ店「エミリー」で成功を収めたシェフ、マット・ハイランド氏。ロードアイランドで大学生活を過ごした彼が、同州プロビデンスのイタリア料理店「アルフォルノ」で食べて感銘を受けたのが、このタイプのピザなのだとか。「ヴァイオレット」でも、ロードアイランド含むニューイングランド地方の豊富な海鮮が食べられる。

だしとラー油がきいている「ダック・トルテリーニ」(写真)をはじめ、パスタとピザメニューにアジアの味をプラス。意外な味の融合を楽しもう

 

 

Violet
511 E. 5th St.(bet. Aves. A & B)
TEL: 646-850-5900
violeteastvillage.com

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1088

新型コロナ時代のサバイバルエクササイズ

2021年を迎えても新型コロナウイルスの猛威はなかなか鎮まらない。寒さも合間って自宅での巣ごもりが続くが、ここで運動不足になって抵抗力が落ちてしまうと本末転倒。そこで、今回は自宅でできるエクササイズと、その補助ツールやティップを紹介する。

Vol. 1086

まだまだ激動のコロナ渦教育

ニューヨーク市内の再度のシャットダウンも、いよいよ現実味を帯びてきた。リモート勤務に慣れてきた大人がいる一方、子供、そして親は、対応が二転三転する学校教育に戸惑いを覚えっぱなしだ。今、何が起こっている?

Vol. 1085

冬の乾燥対策で不安を撃退!

寒さが厳しくなるなか、新型コロナウイルスの猛威が再び押し寄せている。冬季は今まで以上にウイルスのまん延が懸念されているため、乾燥対策が重要だ。冬の乾燥対策でさまざまな不安を撃退しよう。