ロードアイランドの味わい  自分で切るユニークピザ!

「ヴァイオレット」は、ピザ店が群雄割拠するニューヨークの中でも、群を抜いてユニークだ。「これがピザ!?」という驚きの声が、店内のあちこちから聞こえてくる。

両面をグリルで焼いた薄い生地は小麦粉ベースで、丸形ではなく、インド料理のナンのような自由形。このピザを、一緒に提供される料理バサミで好きな形に切って食べる。お決まりの三角形でも、食べやすさ重視の四角形でもOK。ワイワイ友人とカットする時間も、また楽しい。ピザはでオリーブオイルたっぷり、かつ濃厚な味わいで、食べ応え抜群。ビールやワインが進む。

「Classic($17)」は、全体に伸ばしたハバティチーズにネギを散らし、アクセントにトマトソースをプラス。チーズのコクとネギの香りが、リッチな味わいを生んでいる。あなたなら、どんな風に切る?

オーナーは、ブルックリンの人気ピザ店「エミリー」で成功を収めたシェフ、マット・ハイランド氏。ロードアイランドで大学生活を過ごした彼が、同州プロビデンスのイタリア料理店「アルフォルノ」で食べて感銘を受けたのが、このタイプのピザなのだとか。「ヴァイオレット」でも、ロードアイランド含むニューイングランド地方の豊富な海鮮が食べられる。

だしとラー油がきいている「ダック・トルテリーニ」(写真)をはじめ、パスタとピザメニューにアジアの味をプラス。意外な味の融合を楽しもう

 

 

Violet
511 E. 5th St.(bet. Aves. A & B)
TEL: 646-850-5900
violeteastvillage.com

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1074

風を感じる

新型コロナウイルスの影響により、普段あまり気にしていなかった「換気」に注目が集まっている今、やはり「風」が生活のポイントといえるだろう! そこで、今号では身近な場所で「風をどこまで感じられるか」をテーマに、NYCや近郊で体験できる場所を紹介していく。

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。