ロードアイランドの味わい  自分で切るユニークピザ!

「ヴァイオレット」は、ピザ店が群雄割拠するニューヨークの中でも、群を抜いてユニークだ。「これがピザ!?」という驚きの声が、店内のあちこちから聞こえてくる。

両面をグリルで焼いた薄い生地は小麦粉ベースで、丸形ではなく、インド料理のナンのような自由形。このピザを、一緒に提供される料理バサミで好きな形に切って食べる。お決まりの三角形でも、食べやすさ重視の四角形でもOK。ワイワイ友人とカットする時間も、また楽しい。ピザはでオリーブオイルたっぷり、かつ濃厚な味わいで、食べ応え抜群。ビールやワインが進む。

「Classic($17)」は、全体に伸ばしたハバティチーズにネギを散らし、アクセントにトマトソースをプラス。チーズのコクとネギの香りが、リッチな味わいを生んでいる。あなたなら、どんな風に切る?

オーナーは、ブルックリンの人気ピザ店「エミリー」で成功を収めたシェフ、マット・ハイランド氏。ロードアイランドで大学生活を過ごした彼が、同州プロビデンスのイタリア料理店「アルフォルノ」で食べて感銘を受けたのが、このタイプのピザなのだとか。「ヴァイオレット」でも、ロードアイランド含むニューイングランド地方の豊富な海鮮が食べられる。

だしとラー油がきいている「ダック・トルテリーニ」(写真)をはじめ、パスタとピザメニューにアジアの味をプラス。意外な味の融合を楽しもう

 

 

Violet
511 E. 5th St.(bet. Aves. A & B)
TEL: 646-850-5900
violeteastvillage.com

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1053

焙煎したての
コーヒーが飲みたい

コーヒーは焙煎(ばいせん)してからすぐに香りや味の変化が始まってしまうので、持ち味を十分に楽しむには、焙煎したての豆からいれるコーヒーが一番。そこで、今号では店内焙煎のコーヒーを提供するカフェを紹介する。(取材・文/古村典子)

Vol.1052

今から始める
安全対策

犯罪や災害は、実際に降りかかってから行動するのでは遅い!手の届く範囲で始められる対策を、ジャピオンと一緒に講じよう。(取材・文 / 南あや・音成映舞)

 

Vol.1051

英語が得意になりたい!

「日常会話はできるし・・・」「どうせ数年後に日本に戻るし・・・」と言いながら、バイリンガルの友人がうらやましい、そこのあなた。今年こそ本腰入れて、英語力を鍛えてみない?(取材・文/南あや)

Vol.1050

ようこそ
「白鳥の湖」の世界へ

チャイコフスキー3大バレエの名作『白鳥の湖』。1月下旬から市内で順次観ることのできる三つのバレエ団による公演と、その見どころを紹介していく(取材・文=音成映舞)