ロードアイランドの味わい  自分で切るユニークピザ!

「ヴァイオレット」は、ピザ店が群雄割拠するニューヨークの中でも、群を抜いてユニークだ。「これがピザ!?」という驚きの声が、店内のあちこちから聞こえてくる。

両面をグリルで焼いた薄い生地は小麦粉ベースで、丸形ではなく、インド料理のナンのような自由形。このピザを、一緒に提供される料理バサミで好きな形に切って食べる。お決まりの三角形でも、食べやすさ重視の四角形でもOK。ワイワイ友人とカットする時間も、また楽しい。ピザはでオリーブオイルたっぷり、かつ濃厚な味わいで、食べ応え抜群。ビールやワインが進む。

「Classic($17)」は、全体に伸ばしたハバティチーズにネギを散らし、アクセントにトマトソースをプラス。チーズのコクとネギの香りが、リッチな味わいを生んでいる。あなたなら、どんな風に切る?

オーナーは、ブルックリンの人気ピザ店「エミリー」で成功を収めたシェフ、マット・ハイランド氏。ロードアイランドで大学生活を過ごした彼が、同州プロビデンスのイタリア料理店「アルフォルノ」で食べて感銘を受けたのが、このタイプのピザなのだとか。「ヴァイオレット」でも、ロードアイランド含むニューイングランド地方の豊富な海鮮が食べられる。

だしとラー油がきいている「ダック・トルテリーニ」(写真)をはじめ、パスタとピザメニューにアジアの味をプラス。意外な味の融合を楽しもう

 

 

Violet
511 E. 5th St.(bet. Aves. A & B)
TEL: 646-850-5900
violeteastvillage.com

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。

Vol. 1122

コロナに負けず NYファッションシーンが再開!

まだまだデジタルでの新作発表を行うブランドが多いものの、パンデミック以降、初めてゲストを招いてのニューヨーク・ファッション・ウィークが再開した。今回のショーの動向、ニューヨークのファッションシーンを盛り上げるべく奮闘する、日本人デザイナーやモデルにもフォーカスする。