アメリカ料理の人気メニュー 斬新なアイデアで新解釈

これほどまでに単純明快な店名も他にないだろう。すぐに、王道のニューヨークストリップ・ステーキとボイルしたロブスターを思い浮かべるかもしれないが、この店はそんな「アメリカ料理の固定概念」を壊そうと挑戦を続けている。王道2種と共にメニューに並ぶのは、「コギ・ステーキ」「ロブスターマック&チーズ」「ロブスター・クリームパフ」など趣向を凝らしたユニークな品々。エグゼクティブシェフが「真夜中にハッとアイデアが浮かんで、試さずにはいられなかった」のだとか。

 

バーメニューのミートボールは、隠し味に「ワイルドターキー」を仕込んだ大人の味。無国籍な雰囲気の店内で、趣向を凝らした創作料理の数々を楽しもう。現在、ブランチメニューを準備中とのこと

 

「Lobster Mac and Cheese($20)」はフレンチフライにサラダ付き。ナチュラルかつサスティナブルな生産方法で育ったロブスターは、甘みたっぷりでプリプリ! サラダドレッシングは昔懐かしの、自家製ジンジャードレッシング

 

身が柔らかいことで知られる、牛肉のトップブレード(肩部分)のステーキを提供したいと、シェフが試行錯誤した結果生まれたのが、串に刺さった「コギ・ステーキ」。丸1日漬け込んだ特製タレの甘みが、かめばかむほどジュワッとしみ出る。ナイフ要らずの柔らかさで、ワイルドな見た目に反して優しい味。そしてメーン州産ロブスターのハサミ部分がにゅっと突き出たマック&チーズは、チーズ3種を使って濃厚に仕立てた。サクサクとした食感は日本のパン粉。一見小ぶりだが、食べ応えは十分だ。

 

 

 

Steak’n Lobster
129 W. 29th St. (bet. 6th & 7th Aves.)
TEL: 212-255-4143
snlrestaurant.com

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1041

自由気ままに
デトックス

年末も近くなり、何かと忙しいこの季節。2019年を最後まで楽しむために、体の不調やストレスは今のうちに排除しよう!今号は、気軽に立ち寄れる市内のリラクゼーションスポットを探訪。

Vol.1040

読者ランナーを一挙紹介!
NYCマラソンを見る。

NYジャピオンは、今年もニューヨークシティーマラソンを応援します!レースの基礎情報から、知っていると得する応援の豆知識、そして5区を駆け抜ける読者ランナー太刀を一挙に紹介。(文/南あや)

Vol.1039

ジェネレーションZ が
経済を動かす!

「ジェネレーションZ」(略称=Z世代)という言葉を耳にしたことがあるだろうか?今、この若い世代の勢いが止まらない!数年後にはアメリカ最大の消費者層となると言われている彼らの正体・生態を、今号で勉強使用!(取材・文/菅礼子)

 

Vol.1038

ニューヨークで進化する
Katsu Sando

ニューヨークでは日本のカツサンドが今静かなブーム。数年前まではKatsuには“Japanese style cutlet”と英語の説明が必要だったが、今は堂々とkatsuで通じる。また「サンド」もsandwichではなくsandoと表記されることが多くなった。そこで今号では、ニューヨークで進化する、オリジナリティー溢れるカツサンドを紹介する。(取材・分/古村典子)