アメリカ料理の人気メニュー 斬新なアイデアで新解釈

これほどまでに単純明快な店名も他にないだろう。すぐに、王道のニューヨークストリップ・ステーキとボイルしたロブスターを思い浮かべるかもしれないが、この店はそんな「アメリカ料理の固定概念」を壊そうと挑戦を続けている。王道2種と共にメニューに並ぶのは、「コギ・ステーキ」「ロブスターマック&チーズ」「ロブスター・クリームパフ」など趣向を凝らしたユニークな品々。エグゼクティブシェフが「真夜中にハッとアイデアが浮かんで、試さずにはいられなかった」のだとか。

 

バーメニューのミートボールは、隠し味に「ワイルドターキー」を仕込んだ大人の味。無国籍な雰囲気の店内で、趣向を凝らした創作料理の数々を楽しもう。現在、ブランチメニューを準備中とのこと

 

「Lobster Mac and Cheese($20)」はフレンチフライにサラダ付き。ナチュラルかつサスティナブルな生産方法で育ったロブスターは、甘みたっぷりでプリプリ! サラダドレッシングは昔懐かしの、自家製ジンジャードレッシング

 

身が柔らかいことで知られる、牛肉のトップブレード(肩部分)のステーキを提供したいと、シェフが試行錯誤した結果生まれたのが、串に刺さった「コギ・ステーキ」。丸1日漬け込んだ特製タレの甘みが、かめばかむほどジュワッとしみ出る。ナイフ要らずの柔らかさで、ワイルドな見た目に反して優しい味。そしてメーン州産ロブスターのハサミ部分がにゅっと突き出たマック&チーズは、チーズ3種を使って濃厚に仕立てた。サクサクとした食感は日本のパン粉。一見小ぶりだが、食べ応えは十分だ。

 

 

 

Steak’n Lobster
129 W. 29th St. (bet. 6th & 7th Aves.)
TEL: 212-255-4143
snlrestaurant.com

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1053

焙煎したての
コーヒーが飲みたい

コーヒーは焙煎(ばいせん)してからすぐに香りや味の変化が始まってしまうので、持ち味を十分に楽しむには、焙煎したての豆からいれるコーヒーが一番。そこで、今号では店内焙煎のコーヒーを提供するカフェを紹介する。(取材・文/古村典子)

Vol.1052

今から始める
安全対策

犯罪や災害は、実際に降りかかってから行動するのでは遅い!手の届く範囲で始められる対策を、ジャピオンと一緒に講じよう。(取材・文 / 南あや・音成映舞)

 

Vol.1051

英語が得意になりたい!

「日常会話はできるし・・・」「どうせ数年後に日本に戻るし・・・」と言いながら、バイリンガルの友人がうらやましい、そこのあなた。今年こそ本腰入れて、英語力を鍛えてみない?(取材・文/南あや)

Vol.1050

ようこそ
「白鳥の湖」の世界へ

チャイコフスキー3大バレエの名作『白鳥の湖』。1月下旬から市内で順次観ることのできる三つのバレエ団による公演と、その見どころを紹介していく(取材・文=音成映舞)