警官が新生児救う 駅のトイレで発見 <ニュージャージー>

ニュージャージー州ニューアークの駅で14日、警官2人が、意識をなくしていた新生児の命を救い、称賛を受けた。17日付PIX11が伝えた。

ニュージャージー・トランジットのニューアーク・ペン駅構内の女子トイレで緊急事態が発生したとの通報を受け、同交通機関の警官2人が急行したところ、母親が新生児の女児をあやしていた。女児が呼吸をしていなかったため、警官の1人は胸部圧迫による蘇生を試みたが、女児の意識は戻らなかった。警官は救急医療班に連絡。直ちに手当てが必要だと即断し、もう1人の警官と共に、女児を抱えたまま病院へ急行した。車中でも警官が胸部圧迫を続けていると、女児が突然泣き声を上げ、呼吸を再開した。その後の女児の状態は、良好だと伝えられた。

女児救助の様子は警官らのボディーカメラにとらえられており、同鉄道会社は、この2人の警官をフェイスブックで称賛した。

関連記事

NYジャピオン 最新号