「BLM」計画、市長も参加 トランプタワー前に完成 <マンハッタン>

ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長は9日、ミッドタウンのトランプタワー前にブラック・ライブズ・マターの黄色い文字を道路に描く計画を進めると発表した。同日付パッチが伝えた。

同市長は正午ごろにマンハッタン区の5アベニューに到着し、塗装作業のキックオフを行った。同市長はまた、トランプ大統領の名を冠したミッドタウンの高層ビルの前に文字を描くのは、市内全域にブラック・ライブズ・マターの文字を設置する先駆けになるとし、個人的に計画を進めたと話す。

一方、ドナルド・トランプ大統領はツイッターで同市の計画を非難し、ブラック・ライブズ・マターの文字を「憎悪の象徴」に例えた。

ハーレム地域への設置も追加し、道路の文字設置は7カ所に増加している。

関連記事

NYジャピオン 最新号