NYPD退職申請が急増 抗議運動や予算削減が影響か <マンハッタン>

NYPD副本部長の報道官は、退職を申請する警察官が「憂慮すべきほど」急増していると発表した。8日付CNNが伝えた。

先月29日から7月6日までに179人が退職を申請。昨年同時期の35人から411%の増加となった。ミネソタ州ミネアポリスでジョージ・フロイドさんが警察官による拘束中に死亡したことを受け、警察の行動に対する抗議運動や予算削減を求める声が全米で高まっている。

ニューヨーク市議会は先月末、来年度のNYPD予算から、約6分の1にあたる10億ドルを削減して、青少年や社会への福祉に充てると決定した。

ニューヨーク市警察労働組合(DEA)のポール・ディジャコモ委員長は、「警官の退職申請の増加は意外ではない。命をかけて市民の命を守りながら、非難され、士気をくじかれながら働きたいと思う警官はいない」「ニューヨーク市民は市内で暴力が続く中、最も経験豊かな警官を失うことになる」と述べ、市議会は間違った判断を行っているとして批判した。

関連記事

NYジャピオン 最新号