BLM文字を路上に トランプタワー前も設置<マンハッタン>

ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長は、マンハッタン区ミッドタウンの、トランプタワーのあるブロックの路上に、「ブラック・ライブズ・マター(BLM)」の文字を描く計画を推進している。先月24日付パッチが伝えた。

市長は先月初め、市内5区全区の路上5カ所に「BLM」の文字を黄色で大きく描く、パブリックアート計画を発表。トランプタワーのある5アベニューと同区ハーレムの2カ所が追加され、市内で計7か所に描かれることになった。

ニューヨーク・ポストによると、「BLM」の文字は、5アベニューの56ストリートと57ストリートの間に、7月4日前に描かれる予定だという。

今回の計画は、人種差別や警官の暴力に対する抗議として、最初にホワイトハウス近くの路上に大きく「BLM」と黄色で描かれたことがきっかけ。

関連記事

NYジャピオン 最新号