NY州が無観客試合でのプロスポーツ再開を奨励

ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事が、無観客状態でのプロスポーツの再開を奨励すると発表した。18日付のNBCが伝えた。

会場にファンが集うことのない無観客試合は、テレビ放送される方針。「アイスホッケー、バスケットボール、野球、アメリカンフットボールなど主要スポーツチームが再開する場合、州は喜んで支援する」とクオモ知事は話した。

ニューヨーク州では、来月に合計11カ所の競馬場と、カーレースサーキットのワトキンス・グレン・インターナショナルが、無観客でレースを再開することを決定している。

メジャーリーグサッカーは、全チームの試合をフロリダ州オーランドで行うことにより、今夏のシーズン再開の可能性を探っている。一方、NBAは今シーズンの試合を全てキャンセルしている。

また、NBCフィラデルフィアによると、ニュージャージー州では、バッティングセンター、ゴルフ練習場、その他の屋外アクティビティーが22日(金)から再開の可能性があると、アンドリュー・マーフィー知事が発表した。

(5月20日)

※トップ画像はイメージです。

関連記事

NYジャピオン 最新号