ニュースダイジェスト 

1週間のNY近郊の話題をチェック


オールバニ

市内で一斉休業が決定
文化施設、レストランも

ニューヨーク市のビル・デブラシオ知事は15日、新型コロナウイルス封じ込めの新たな措置として、50人以上での集まりを屋内外かかわらず禁止。市内の芸能・娯楽施設は16日夜から公立校の施設は17日から閉鎖された。バー、レストランはテークアウトおよびデリバリーのみの営業。

ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事も、16日夜からの同様の措置を宣言。午後8時以降の営業を義務付けられている業種は、スーパー、ガソリンスタンド、薬局、医療機関のみとなっている。

13日付パッチによると、今回の措置は、12日午後5時からのブロードウェーの各公演、および13日午後5時からの市内各施設で適用され、ブロードウェー公演は4月12日(日)まで延期。メトロポリタンなど美術館も臨時閉館を発表、カーネギーホールも13〜31日(火)、NYフィルとMETオペラは12〜31日の全公演中止を決定。

また同知事は11日、17日に予定されていた聖パトリックデーのパレードも中止した。1762年の初開催以来、初めての措置。


ロングアイランド

反ギャング活動家を殺害
ひき逃げの被告が有罪

ギャング集団「マラ・サルバトルチャ」に娘を殺され、反ギャング活動家として知られるエベリン・ロドリゲスさんが、2018年にロングアイランドのブレントウッドで車にひき逃げされて死亡した事件に対し、11日、被告が刑事上過失の殺人、窃盗、および刑事的いたずらなどの罪で有罪判決を受けた。同日付ABC7が伝えた。

検察によると、アンマリー・ドラゴ被告は18年9月、16歳で殺害された娘の記念碑近くにいたロドリゲスさんと口論になった。激怒した被告はその場から車で立ち去る際、ロドリゲスさんを車でひいた。

同被告は以前から、記念碑からいくつかのアイテムを盗み、その後、意図的に破壊しようとしていたため、ロドリゲスさんが同被告に立ち向かったという。

被告の弁護士側は、「ロドリゲスさんとその友人が激怒したため立ち去ろうとして起きた、不幸な事故だ」と、主張した。事件当時のビデオは、法定で一部始終を陪審員の前で流された。同被告は、最大4年の実刑となる。


ニュージャージー

消毒液でやけど
コンビニ店主を逮捕

ニュージャージー州リバーベールで9日、セブンイレブンで販売していたスプレー消毒液製品を使用した児童が重度のやけどを負い、同店の所有者が逮捕された。11日付ABC7が伝えた。

同州ウッドリッジに住むマニシャ・バラード被告は、児童の福祉を危険にさらした罪および、不正な商慣行罪で起訴された。リバーベール警察は9日夕方、腕や脚にやけどを負った少年の写真がソーシャルメディアに投稿されたことから事態に気付き、店舗にあった残りの製品を押収。店舗を捜査した時点では製品の生産元は不明だったが、警察は製品が店内で製造されたものとみている。

やけどを負った10歳の少年は治療を受け、自宅に戻った。3人の児童が製品を購入し使用したが、やけどは軽傷で治療の必要はなかったという。

警察によると、店舗は捜査に協力的で、事件は悪意で発生したものではないとみている。


オールバニ

NY、NJ、CT共同措置
コロナまん延対策を発表

ニューヨーク、ニュージャージー、コネティカットの3州の知事は16日、共同記者会見でコロナウイルス感染拡大を防ぐための共通措置を発表した。同日付NBCニューヨークが伝えた。

3州は16日午後8時から、50人以上の集会を禁止し、全てのカジノ、ジム、映画館の閉鎖を命じた。レストランも同時に閉店となり、デリバリーのみの営業となるが、公共交通機関を閉鎖する計画はない。ニュージャージー州はさらに、一部の商業施設を毎日午後8時に閉めるよう命じ、深夜に出発して早朝到着する移動を行わないよう「強く勧める」と発表した。

ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は、3州共通の措置は、「各州の措置が異なっていることを利用して、住民が他州に出かけて買い物などをすることを防ぐため」だと述べた。


マンハッタン

競走馬ドーピング計画
27人を告訴

マンハッタン区の連邦地方裁判所に提出された起訴状によると、競走馬にパフォーマンス向上薬(PED)を投与する犯罪に加担したとして、FBIが27人を告訴したことがわかった。9日付NBCニューヨークが伝えた。

競走馬の調教師や獣医らなど逮捕された27人は、ニューヨーク州、ニュージャージー州、フロリダ州、オハイオ州、ケンタッキー州、そしてアラブ首長国連邦の競馬場で、競走馬の成績を向上させるために、PEDを投与したとして起訴された。

FBI、NYPD、米国税関国境警備局、ニューヨーク州警察、FDAが協力して実施した捜査により、競走馬に関わる専門家らが、粗悪なPEDの製造、流通、管理など、広範囲にわたる計画に関係していたことが明らかとなった。

トレーナーのホルヘ・ナバロ被告は、2019年にドバイのゴールデン・シャヒーン杯で優勝した「XYジェット」をドーピングしたとして告発。また、別のトレーナーも他州のダービーで起きた同様のケースで告発された。


スタテンアイランド

殺人事件で司教を逮捕
80年代のコールドケース

スタテンアイランドで1980年に起きた、19歳の女性が首を絞められ殺害された未解決事件の容疑者を、警察が40年の時を経て今月12日に逮捕した。同日付PIX11が伝えた。

教会の司教ジェームス・バラス被告(64)は12日朝、ロレイン・スネルさん(当時19)殺害容疑で、同被告が住居および礼拝所として使用していた、同区デラフィールドアベニューのランドリーのガレージで逮捕された。

スネルさんは80年9月25日、ブルックリン区ニューカークアベニューのスーパーマーケットに駐車した、ステーションワゴンの後部座席で遺体となって発見された。

ブルックリン地方検事局のエリック・ゴンザレス連邦検察官は、およそ5年前、未解決事件だったスネルさん殺人事件の捜査を再開していた。再捜査にあたり、地方検事局の未解決事件捜査班および科学捜査班がNYPDと連携。最新のDNA技術を採用した結果、スネルさんの爪の中から発見されたDNAが、被告のものと一致したと、レイチェル・シンガー同班長は話している。


マンハッタン

女性警官が駅構内で自殺
没収された銃を再入手か

マンハッタン区コロンバスサークル駅構内の警察署で13日、NYPDの女性警官が拳銃自殺を図り、急送された付近の病院で死亡した。14日付CBSニューヨークが伝えた。

消息筋によると、死亡した警官は銃を没収されていたが、何らかの方法で再入手したという。

NYPDのジェームズ・オニール本部長(当時)は昨年10月、年頭から計10人の現職警官が自殺したことを受け、NYPDにおける、精神衛生の危機を宣言していた。

今回の自殺を受けて、ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長はツイッターに、「われわれは、考える限り最も苦痛を伴う方法で、素晴らしい人物の1人をまた失った。NYPD職員たちへ、もしあなたが苦しんでいて、誰かと話す必要があれば、助けを求めてほしい。無料で秘匿性を守った支援が、あなたの側に存在する」と投稿した。

NYPD職員は、年中無休で24時間対応のホットラインに、電話または「blue」とテキストし、助けを求めることができる。


マンハッタン

車の下敷きで死亡
盗難車に乗車の少年

マンハッタン区ハーレムで15日夜、13歳の少年が盗難SUV車の下敷きになり死亡した。同日付PIX11が伝えた。

警察によると死亡した少年は、盗難車である日産パスファインダーに乗っていたという。

盗難車を運転していた15歳の少年は、警官の前で赤信号を無視し、116ストリートをモーニングサイドアベニューで左折。運転していた少年と同乗していた13歳の少年は、パスファインダーが走行したまま車から降りた。その後、パスファインダーは駐車していたフォード・フィエスタに衝突して反転。13歳の少年は、その下敷きになって死亡したという。

盗難車を運転していた15歳の少年は現在入院中で、重窃盗、盗品不法所持、車両の無認可使用などの疑いで逮捕された。

NYPDは、死亡した少年と運転していた少年を特定する情報を公表していない。


マンハッタン

ワインスタイン禁固23年
一貫して無罪を主張

マンハッタン区ニューヨーク州高位裁判所は11日、複数の女性に対する性暴力で有罪評決を受けていたハリウッドの元大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン被告(67)に対し、禁錮23年の刑を言い渡した。NBCニューヨークが同日伝えた。

ワインスタイン被告は、2006年と13年に行った、元制作アシスタントと女優志望の女性に対する性的暴行により、2月に有罪の評決を受けていた。被告弁護団は禁錮5年を求めていたが、性犯罪で禁錮20年、性的暴行で禁錮3年の量刑となり、合計で23年の禁錮刑となった。

同被告による長年の性暴力やセクハラに対する告発の動きが、一連の「#MeToo」運動に発展したとされている。女性の人権運動における画期的な本判決に対して、セクハラ撲滅運動「タイムズアップ」の主催者などがソーシャルメディアで支持を表明した。


オールバニ

囚人が消毒剤製造
刑務所内の対策は不明

ニニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は9日、同州の囚人の労働に対して平均1時間65セントを支払う州営企業「コークラフト」が、手の消毒液を生産し、新型コロナウイルスと闘う州内の政府機関や学校、MTAなどに配布するとツイートした。12日付ゴッサミストが伝えた。

しかし、同州内に52カ所ある刑務所では、禁制品であるアルコールが含まれているため、手の消毒液の保有が禁止されている。合計4万4000人以上を収容するそれら刑務所において、ウイルス感染拡大を防ぐ公式な計画が存在するかどうかも不明だという。

中国の刑務所では、コロナウイルス感染が急速に拡大しており、同州の刑務所でも感染拡大が懸念されている。州内の刑務所の状況を調査する第三者機関は、手の消毒液と清掃用品を配布する方法を見いだし、感染予防に努めるべきだと指摘した。


ニュージャージー

近隣男性が火災で活躍
7人家族を救出

ニュージャージー州ンミドルセックス郡ピスカタウェーの住宅で10日早朝、火災が発生し、近所の男性が7人家族を炎の中から救出した。11日付CBSニューヨークが伝えた。

火災が発生したエンジェル・ゴメスさんの家では、乳児2人と幼児1人を含む7人が閉じ込められ、助けを求めて叫んでいた。向かいに住むマリオ・レイエスさんが救出に向かい、窓の格子を壊し、家族全員を助け出した。

火災を通報した別の隣人によると、レイエスさんは大型ハンマーで地下室の窓の格子を壊して、ゴメスさんの家に入った。

脱出可能な唯一の場所は2階の窓だったため、母親のゴメスさんが子供たちを窓から投げ、レイエスさんが子供たち全員を無事に受け止めたという。

4人の子供の父親であるレイエスさんは、隣人の苦境に「何も考えず」に救出に向かったという。

ゴメスさん一家は病院に搬送されたが、全員が健康な状態。レイエスさんに対し、感謝の意を述べた。


マンハッタン

スポーツ店が破産
競争激化で衰退

ニューヨーク市を本拠地とする、老舗スポーツ用品店チェーン「モデルズ・スポーティング・グッズ」は11日、米連邦破産法11条の適用を裁判所に申請し、100店舗余りを閉店すると発表した。同日付ABC7ニューヨークが伝えた。

他スポーツ用品店だけでなく、「ターゲット」など全米規模のスーパーマーケットが展開するスポーツウエアや、「アマゾン」の他、「ルルレモン」など高級ブランドも新たに競合相手となり、競争が激化。「モデルズ」はその中で差別化に失敗し、倒産につながったと業界関係者は見ている。

同チェーン店の閉店セールが13日朝から開始されたが、店舗閉店による従業員の失業者数は、現時点では不明となっている。


マンハッタン

気候変動に対応した公園
市内で建設開始

ローワーマンハッタンのバッテリーパーク内で12日、気候変動に対応したものとしてはニューヨーク市内で最大規模となる、遊び場の建設が開始された。11日付ウォール・ストリート・ジャーナルが伝えた。

建設費1830万ドルの公園「バッテリー・プレイスケープ」は、米連邦政府とニューヨーク市が建設費を負担。市内で最も環境に優しく、持続可能な遊び場となり、21年春にオープンする予定だ。

2012年のハリケーン・サンディで、以前にあった公園は損傷を受け、地ならしされた後に復旧された。しかしバッテリーパーク関係者は、暴風雨に耐えることが可能な新たな遊び場の建設を求めていた。

遊び場は崖、沼地、砂丘、川底、草地の五つの区域に分けられ、その大半が洪水時に氾濫(はんらん)する低地よりも高い場所に設置される。地下には水があふれた際の受け皿が設置され、下水道への流入を防ぐ。侵食に強い植物や花こう岩など、洪水に強い建材が使用され、雨水を吸収する設計となっている。

関連記事

NYジャピオン 最新号