ニュースダイジェスト 

1週間のNY近郊の話題をチェック


マンハッタン

14歳少年を殺人で逮捕
女学生殺人事件

昨年12月にマンハッタン区モーニングサイドパークで起きた女学生刺殺事件に関連して、14歳の少年が殺人容疑で逮捕・起訴された。NYPDとマンハッタン区地方検事局が15日発表。同日付NBCニューヨークが伝えた。

昨年12月11日、バーナード大学に通うテッサ・メジャーズさん(18)は、大学近くの公園で3人組の強盗に襲われ、刺殺された。事件に関連して、13歳の別の少年がすでに第二級殺人罪で起訴されている。

今回逮捕されたラショーン・ウィーバー被告(14)は、未成年ではなく成人として、第二級殺人と第一級強盗容疑で起訴された。殺人の訴因は2件あり、「故意の殺人」と「強盗の過程で起きた殺人」である。

NYPDのダーモット・シェア本部長は記者会見で、「メジャーズさんを刺した人物の身柄を拘束したと確信している」と述べた。

訴状によると、ウィーバー被告が友人2人と共にメジャーズさんを襲っている様子が監視映像に記録されており、同被告もメジャーズさんを刺したと認めているという。


ウェストチェスター

親が大学生に売春強要
娘の寮に10年寄生か

ニューヨーク州ウェストチェスター郡にあるサラローレンス大学で、同大学に通う娘の友人たちに売春や強制労働をさせていた父親が11日、ニュージャージー州ピスカタウェーの自宅で逮捕された。性的人身売買などの容疑で訴追され、翌12日に出廷し無罪を主張した。同日付CBSニューヨークが伝えた。

検察によると、ローレンス・レイ被告(60)は、2010年に娘の大学寮に転がり込み、娘の友達ら17人に身体・精神的な虐待を加え、被害者とその両親から金銭を巻き上げ、女学生の1人には売春を強制した。被告は、娘の寮に同居していたおよそ10年の間、こうした行為を行っていたとされる。容疑は性的人身売買、恐喝(きょうかつ)、労働強要、資金洗浄など9件で、有罪になれば終身刑の可能性がある。


ブロンクス

2日連続で警官に銃撃
NYPDが警戒態勢

ブロンクス区で8日から9日にかけて起きた、警官を狙った連続銃撃事件を受け、NYPDは警官が「信ぴょう性のある脅威」に面していると同局職員らに警告を出し、捜査を行っている。13日付CBSニューヨークが伝えた。

8日夜に駐車中の警察車両内にいた警官2人が銃撃され、1人が負傷。翌9日朝には同区の警察署で乱射事件があり、警官1人が負傷した。2件の襲撃事件は、同じ男によるものとされている。

NYPDのダーモット・シェイ本部長は、8日夜の銃撃事件後、「警官2人に対する暗殺未遂」と語った。

警察組合の一つは、勤務中の警官たちと情報を共有するために、襲撃の可能性についてソーシャルメディアに投稿し、「常に警戒を怠らないように」と呼び掛けた。

NYPDは市内の全警察署で警備を強化し、警戒を怠らないよう求めている。13日の時点で警官に対する脅威は、特定の団体や人物に関連していないとみられている。


ロングアイランド

学生の前で反ユダヤ発言
保護者がスマホ録音

ロングアイランド・ナッソー郡の高校で開催されたロボット工学競技会「ファースト・レゴ・リーグ」で、審判の1人が生徒たちの前で反ユダヤ的発言を行い、問題となっている。13日付NBCニューヨークが伝えた。

同郡ミネオラ高校にロングアイランド中の生徒が集まり、競技を行っていたところ、審判の1人が生徒たちの集団の前で、「いまいましいユダヤ人め」と小声で呟いた様子を、協議会に参加した生徒の保護者がスマートフォンで録画していた。生徒の1人が、ニューヨークのユダヤ系団体の所有する建物について話していたことを受けての発言で、隣にいたもう1人の審判も、発言に対してうなずいているようだったという。

同競技会は有志により運営されており、ミネオラ地区教育長によると、反ユダヤ的発言を行った審判が、ニューヨーク州または近郊で教師をしているかどうかは不明。ドブ・ハイキンド元ニューヨーク州議会議員や、発言の様子を録画した保護者は、問題となっている審判が教職にある場合は、解雇を要求すると主張している。


ニュージャージー

教会資金を流用
財務担当を起訴

ニュージャージー州バーリントン郡検察庁は11日、教会の資金を個人的に流用したとして、財務管理者を起訴した。12日付フォックス5が伝えた。

同郡フローレンスの聖ポールバプテスト教会が個人流用の疑惑を検察に報告。調査した結果、教会の財務を管理していたタイシャ・スミス=デジョセフ被告(43)が2014年から19年3月にかけて、教会に代わり個人の銀行口座を開設し、資金流用していたことが分かった。同被告はまた、教会の小切手を自分宛てに発行し、月次決算も偽造していた。

同被告は盗んだ資金56万1777ドルを、家賃や自動車ローン、クレジットカードの支払い、数百件のオンライン購入、またバーリントン郡の結婚式場での挙式費用などに使用。

ウィリングボロに住む同被告は、窃盗、委託された財産の誤用、虚偽の個人所得税申告など、多数の罪で告発された。


マンハッタン

若者ら笑えないイタズラ
コロナウイルスを悪用

ニューヨーク市で十代の若者2人が防護服を着て地下鉄に乗り込み、コロナウイルスの流行を逆手に取ったイタズラを行って、MTAの不評を買った。13日付NBCニューヨークが伝えた。

ソーシャルメディアに流された映像では、デビットとモリスと名乗る2人が防護服を着用し、赤い液体の入ったバケツを持って地下鉄Lラインに乗車。乗客に「コロナウイルスか」と尋ねられた2人が立ち上がり、うっかりしたようにバケツの中身を床にこぼすと、近くにいた乗客数人は慌てて逃げ出していた。

同テレビ局の電話インタビューで2人は、「人を怖がらせるためではなく、楽しませる目的だった。赤い液体はクールエイドと石けんで作った」と話した。

MTAのパット・フォイ総裁は、「現在の状況を考えると、防護服でニューヨークの街を歩くのは、無責任だ」とし、事件をNYPDとMTA警察に報告したと述べた。

コロナウイルスは世界中でおよそ1100人が死亡しているが、ニューヨーク市での症例は発見されていない。


クイーンズ

ネイルサロンで妻殺害
男に25年の刑を宣告

昨年8月にクイーンズ区ジャクソンハイツのネイルサロンで勤務中の妻を刺殺したとして、有罪判決を下されていた男が、13日に25年の懲役を言い渡された。14日付NBCニューヨークが伝えた。

同区コロナ出身のウィリアム・リバス被告(39)は、疎遠になっていた妻の勤務先であるネイルサロンを訪れ、妻と口論になり、店を追い出された。少し経ってから店に戻り、長いナイフで妻の胸部を繰り返し刺して殺害。ネイルサロンは営業中で、顧客たちが目撃する中での事件だった。

通報を受けて現場に向かった警察は、2児の母である被害者が血まみれになって倒れ、その上に被告が重なって倒れているのを発見。被害者は搬送先の病院で死亡した。

クイーンズ区のジョン・ライアン検事長代理は、「容赦なく妻を刺して死に至らしめた。恐ろしい家庭内暴力行為であり、被告はこの残虐な犯罪を認め、自分の犯した行為の罰として数十年服役することになる」と、声明を発表している。


ウェストチェスター

最先端の指紋技術
警察の捜査に導入

ニューヨーク州ウェストチェスター郡警察は13日、これまで証拠として使用することが困難だった指紋を使用可能にする、最先端の指紋検出技術を導入すると発表した。同日付ABC7ニュースが伝えた。

「真空蒸(じょう)着法(VMD)」と呼ばれる技術で、使用済みの銃弾やポリ袋、布、木、紙幣など、これまで検出が困難だった表面からの指紋の検出が可能となる。同技術を導入している米国の警察当局はまだ少なく、郡警察だけでなく、同郡内全ての警察当局による利用が可能となる。

同郡のトーマス・グリーソン公安委員は、「同技術の使用により、20年以上前の指紋を検出した例もあり、未解決事件の捜査が強化されるだろう」と述べた。

同技術は1970年代に英国で開発されたが、非常に高価で維持が困難なため、世界でもわずかな法科学鑑定研究所のみが使用していた。最先端のシステム開発により、導入が比較的容易になった。


マンハッタン

市がチャイナタウン支援
コロナウイルス影響

ニューヨーク市は12日、中国で発生した新型コロナウイルスの影響で落ち込んだチャイナタウンを活性化させるため、「ショウ・サム・ラブ・トゥ・チャイナタウン」キャンペーンを立ち上げた。同日付CBSニューヨークが伝えた。

同市で新型コロナウイルスの症例は確認されていないが、チャイナタウンのレストランや商店の売り上げはおよそ60%落ち込んでいるという。同市中小企業局グレッグ・ビショップ局長は、「市民にこれらの小規模商店を支援してほしい。小規模商店は、市の経済のバックボーンです」と話した。同キャンペーンでは、市民に地元商店での買い物やレストランの利用を促進するもの。

保健当局は、インフルエンザの方がより致命的であるため、数値を正確に把握することが重要であると述べる。同市でコロナウイルス検査を受けた7人は、全員陰性だった。


アップステート

水道水勧告を解除
水処理問題で汚染

ニューヨーク州アルスター郡ニューパルツで水道水の汚染がみられ、州当局は10日、水道水を使用しないよう勧告。14日には勧告が解除された。14日付NBCニューヨークが伝えた。

地下にある水処理施設用の燃料パイプの破損により、油が漏れ、付近の貯水池に流出したとみられている。水道水からガソリンの味と匂いがするとの住民の苦情を受け、州当局は住民1万5000人に対して、水道水を利用しないよう勧告した。

州環境保全局は、石油の流出を処理し、住民にはボトル水と、安全な飲料水がタンカーから配布された。また、ニューヨーク州立大学ニューパルツ校は、12〜16日まで閉校した。

州保健局が13日に水質検査を行い、石油が検出されなかったため、翌14日、アンドリュー・クオモ州知事が同勧告を解除した。当局は住民に対して、配管の中に残っている可能性のある汚染された水を取り除くため、排水を行うよう呼び掛けた。


ロングアイランド

住宅にネコ11匹の死骸
さらに30匹が居住か

ロングアイランド・ナッソー郡にある住宅で12日、ネコ2匹の死骸と、少なくとも11匹の生きたネコが発見された。当局によると、あと30匹ものネコが住宅内に隠れている可能性があるという。13日付NBCニューヨークが伝えた。

近所の住民の通報を受けて、警察と危険物処理班が同郡バレーストリームのトラファルガースクエアにある住宅に向かったところ、ネコの死骸と生きたネコを発見した。住民の女性は病院に搬送された。警察によると、住宅は非常に不衛生な状態で、浴槽の中から、約60センチの高さに積み上げられた人間の糞便が発見された。

警察は、住宅内に隠れていると思われる最大30匹の猫を全て救出予定。赤外線画像により隠れている場所を特定し、ワナを設置してから、日に2〜3回住宅を訪れて救出を行うと発表した。

全部のネコを救出後に、不衛生な住宅の処理が行われる予定。住民の女性は、しばらく前から不潔で不衛生な状態で生活していたという。


マンハッタン

プライド50周年
テーマ「未来は…」

ニューヨーク市で毎年6月にLGBTQプライドイベントを主催する団体「NYCプライド」は12日、今年のテーマは「ザ・フューチャー・イズ…(未来は…)」になると発表した。同日付PIX11が伝えた。

同性愛者解放運動のきっかけとなった「ストーンウォールの反乱」から50周年となった昨年に続き、今年は同市でのプライドパレード50周年を迎える。

同団体がツイッターに投稿したメッセージでは、テーマを「アイデンティティー、人種、年齢、体型、言語、宗教の多様性を包容する」ものと説明。6月13日(土)〜28日(日)まで、パレードを含む、さまざまなイベントが市内で開催される。


マンハッタン

23日に全店舗を閉鎖
バーニーズ・ニューヨーク

高級百貨店チェーン「バーニーズ・ニューヨーク」は13日、倒産を申請し、今月23日に全店を閉店する。同日付ニューヨークポストが伝えた。

同百貨店は、マディソンアベニューの旗艦店や7アベニューのチェルシー店、ニューヨーク州セントラルバレーのウッドベリーコモンのアウトレット店、それにカリフォルニア州ビバリーヒルズやサンフランシスコにある店舗も全て閉店。これにより、719人の従業員が失業する。

13日朝、バーニーズ経営陣は、同社で2年以上勤務した場合、5週間分の賃金が退職金として支払われると発表した。

一方、情報筋によると、サックス・フィフス・アベニューは9月に、全米のデパート内にバーニーズのブティックをオープンする計画を立てている。

昨年末、サックス・フィフス・アベニューは、バーニーズのeコマースサイトのリダイレクトを開始。このサイトでは現在、バーニーズの商標の下で、サックス・フィフス・アベニューの商品を販売している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1057

春よ来い、
花よ来い!

暦の上ではまだだが、暖冬で花も少しずつほころびはじめ、春らしさを街中で感じるようになってきた。

そこで今号では、気軽に行けるマンハッタンのガーデンと、スケールの大きい郊外のガーデンを紹介。

Vol.1056

サッカー
観に行こうぜ!

アメリカでもサッカーは大人気。男子は今季リーグが始まったばかり。女子も4月から開幕するのをご存知だろうか?サッカーをやったことがある人、観戦好きな人、そして初めて観るという人も、今号を読んで、競技場へ応援しに行こう!

Vol.1055

チーズ!チーズ!!チーズ!!!

今号の巻頭では、みんな大好きなチーズを大特集!アメリカ、特にニューヨークには美味しい地元産チーズや、絶品チーズ料理を提供するレストランがレストランがたくさんある。これを知らずしてニューヨークは語れないぞ!(取材・文/南あや)

Vol.1054

ちょっと拝見!
ニューヨーカーの
通勤バッグの中身

通勤バッグは、見た目に機能性にと、いろいろなポイントで選びたいところ。かつてはカッチリとしたブリーフケースのイメージも強かったが、職種や働き方の多様化に伴って選びも多くなってきた様子。バリバリ働くニューヨークの男性陣に、通勤バッグについて聞いてみた。(取材・文/菅礼子)