今週のトピックスまとめ

実践に生きるワークショップ
日本語で演技トレーニング

ルーシッド・ボディ

「ルーシッド・ボディ」は26日(木)、28日(土)、30日(月)の各日午後1時30分~4時30分 、ルーシッド・ボディ・ハウスで日本語ワークショップを開催する。

ルーシッドボディ認定講師のタッカー彩さんが、ベーシック(レベル1)のカリキュラムの中から、身体・感情・記憶の準備運動、チャクラと行動分析、チャクラの概念を使った役作りの体験と即興など、実践に役立つとされるエクササイズを日本語で行う。

ルーシッドボディは、ヨガやモダンダンスを基にした準備運動と、チャクラの概念・ユング心理学などを人間観察と役作りに応用した、演技トレーニング法。

参加費は240ドル。左記のEメール宛てに、応募動機を記入して申し込む。

ルーシッドボディ認定講師のタッカー彩さん

【場所/問い合わせ】
230 Lexington Ave.
(bet. 33rd & 34th Sts.)
lucidbodyjapan.com/in-nyc-japanese
aya.lucidbody@gmail.com


割 引
9周年記念プロモーション
本紙読者は30ドル引き

サロン・ド・ラッシュ

スカースデールのサロン・ド・ラッシュは9周年を迎えることを記念して、キャンペーンを実施。12月31日(火)までの毎週水曜日午前10時~午後2時の時間帯に予約して、その際に「ジャピオンを見た」と伝えると、エクステンションかラッシュリフトが30ドル引きになる。申し込みは電話で。

【場所/問い合わせ】
2 Spencer Place, #13 Scarsdale, NY 10583
TEL: 914-472-7858
kbleifuss@optonline.net
(かおり)
thesalondelash.com


福島酒ウィークを開催
日本食店10店で飲み比べ

福島県

福島県は8日(日)まで、日本酒イベント「福島酒ウィーク」を開催している。

福島県の13の醸造所が、ニューヨークの日本食レストラン10店舗に計23の銘柄の酒を提供。参加各店では、3種類の日本酒を選んで飲み比べができる。下記のウェブサイトにある、参加レストランのウェブサイトから予約すること。

今年5月、全国の日本酒の出来ばえを競う全国新酒鑑評会で、福島県の22銘柄の酒が「金賞」を受賞、史上初の金賞受賞数7年連続日本一となった。

主催者は、「レベルの高い福島のお酒の数々を、ニューヨークでも味わっていただけたら幸いです」と話している。

福島県の酒は、全国新酒鑑評会で金賞に輝いた

【問い合わせ】
fukushima-sake-map.com


20周年記念パフォーマンス
「万葉の森」を3日間開催

COBU

和太鼓グループCOBUは、27日(金)午後8時~、28日(土)午後3時~と7時~、29日(日)午後1時~と5時~、シアター・フォー・ザ・ニュー・シティーで、20周年記念パフォーマンス「万葉の森」を開催する。

石榑(ぐれ)雅代さん(琴・三味線)や香純恭さん(殺陣)らとコラボレーションして、和歌のタイトルが付いた各曲を、太鼓、三味線、日本舞踊などで表現する。チケット50ドル。

同団体主宰者で同ステージ監督の宮本やこさんは、「万葉集の世界に触れて、令和の時代の扉を開いた、日本の心を見る機会になることを願っています」と話す。

20周年を迎えるCOBUのオリジナル公演

【場所/問い合わせ】
155 1st Ave.
(bet. 9th & 10th Sts.)
Facebook: COBUNY


「和綴じ製本」を体験
ノートや日記仕立てる

ジャパン・ソサエティー

ジャパン・ソサエティーは、12日(木)午後6時30分~午後8時30分、ワークショップ「和綴じ製本」を催す。日本の伝統的な製本方法である和とじ製本を学び、友禅紙を使用したノートや日記帳、スクラップブックなどを仕立てる。

製本経験は不問。講師はミックスメディア・アーティストのアマンダ・フーさん。チケットは一般47ドル、同会会員、学生、シニア42ドル(材料費込み)。左記の電話もしくはウェブサイトから申し込む。電話での申し込みは月~金曜日の午前11時~午後7時、土・日曜日(展覧会開催期間中のみ)は~午後5時。

【場所/問い合わせ】
333 E. 47th St.
TEL: 212-715-1258
japansociety.orgm


日英で学ぶ公立校
質疑応答付き説明会

PS147

ニューヨーク市内公立校で唯一、日英2カ国語プログラムを実施している公立校PS147は、13日(金)と2020年1月24日(金)の各日午前9時〜10時30分に説明会を開催、日英2カ国語プログラムについても解説する。

日本語を教える教員による質疑応答は、午前10時30分〜11時。予約不要。対象は4歳〜5年生。写真付きの身分証明書を持参。日本語がネイティブの生徒は、学区を問わず応募、編入の申し込みが可能。

同校は日英両言語で授業を行い、季節や行事などを通じて日本の文化なども学ぶ。

【場所/問い合わせ】
325 Bushwick Ave.
Brooklyn, NY 11206
ps147jdlp.or


ANA新仕様機導入を祝福
600人が巻きずし堪能

ANA/MakiMaki

ANAの新仕様機がニューヨークー成田〜羽田線に導入されることを祝して、11月7日にピア36でイベントが開催された。会場では巻きずし専門店「MakiMaki」のオーナー、宝田ケビンさんによるケータリングが、ゲスト約600人に振る舞われた。

同店はマンハッタン内に2店舗を構え、すしは全て注文を受けてから作る。特許取得済みのフィルムでのりを包装しており、「常にパリパリとした食感を保つことを実現」したという。

宝田さんは「新鮮なすしを、手頃な価格で食べていただきたい」と話す。

当日は、ゲストのスティーブ・アオキさんが、新作アルバムを一般初公開した

 

「MakiMaki」は、特許取得済みのフィルムで包装した、パリパリした食感ののりが特長

 

【場所/問い合わせ】
〈セントラルパーク南店〉
1369 6th Ave.
〈グランドセントラル駅店〉
360 Lexington Ave.
makimaki.nyc


旭日双光章を受賞
日本食の普及や当地日本人に貢献

TICグループ

日本政府が11月3日、秋の勲章受賞者を発表。TICグループ代表の八木秀峰さんが旭日(きょくじつ)双光章を受章した。同グループは、ニューヨーク市内で飲食店17店舗を展開。

日本食の普及と、当地の日本人に長年貢献した功績がたたえられた。八木さんは「すばらしい賞に恥じないよう、これからも社会のために精進してまいりたいと思っております」と語った。

【問い合わせ】
tic-nyc.com


スタイリスト指名で10%オフ
本紙読者限定プロモーション

ガーデン

日系ヘアサロンのガーデンは、12月31日(火)までプロモーションを実施。ヘアスタイリストのErikoさんを指名した本紙読者は、10%引きになる。詳細は要問い合わせ。

Erikoさんは東京のサロンに11年勤務した後、今年8月から同店に勤務。「カット、カラー、パーマの技術で、一人一人の髪質に合った、顔型や肌色にフィットするデザインを見つけます」と話している。

全ての技術において意識しているのは、持続性と再現性だと言い、「次回来店時まで、持ちのいいヘアスタイルを提供します」としている。特にヘアカラーにはこだわりを持っており、日本人特有の、赤味を抑えた柔らかいカラーや、ハイライトやブリーチを用いたデザイン性のあるカラーを得意とする。「技術の進化により、ダメージの少ないブリーチ技術で髪色の変化を楽しんでいただけると思います」とErikoさん。

今年の12月に5周年を迎える同店は、日本では原宿、銀座、表参道とその近郊に合わせて13店舗を持つ。カットやカラー、パーマ、ストレートパーマなどの他に、酸熱(ラトックス)トリートメントやヘッドスパなどの施術を行う。日本とニューヨークで経験があるスタイリストが、一人一人のダメージの度合いや要望、髪質に合わせてヘアスタイルをアドバイス。同店スタッフは、「日本のトレンドや技術を、そのままニューヨークにお住まいの人に提供する、ニューヨークで唯一無二の存在でありたいです」と話している。

営業時間は、月〜金曜日の午前10時〜午後8時、土・日曜日は〜午後7時。

 

ウェストビレッジの閑静な住宅街の中にあり、店内は落ち着いた雰囲気

 

Erikoさんはじめ、経験あるスタイリストが、ダメージの度合いや要望、髪質に合わせてアドバイス

 

日本のクオリティーをニューヨークでそのまま提供できるように、スタッフのほとんどが、日本とニューヨークを行き来している

【場所/問い合わせ】
323 W. 11th St.
(bet. Greenwich & Washington Sts.)
TEL: 212-647-9303
garden-nyc.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1048

2020年はさらに熱い!
アートなニューヨークを楽しもう! 

昨年、ニューヨークのアート施設は新オープンからリニューアルまで、様々なニュースが相次いだ。今年も、メトロポリタン美術館150周年アニバーサリーをはじめ、話題が目白押し!(文/菅礼子)

Vol.1046

フーフーしちゃう!?
ワールド煮込み特集

寒いこの時期は、家で鍋が定番という人も多いだろう。日本の鍋もいいが、世界の味が集まるニューヨークでは、様々な煮込み料理を食べて芯から温まってみてはいかが?(取材・文/音成映舞)