今週のトピックスまとめ


無料コンサル受診者に
アマゾン・ギフトカード進呈

パークアベニュー・ラセック

パークアベニュー・ラセックは11月1日(金)までに無料コンサルテーションを受けた人に、アマゾン・ギフトカード(20ドル20セント)を進呈する。

ラセックは、アジア系の患者特有の高度な近視、薄い角膜などにも最適な術式であるとされる。問い合わせは下記の電話にて、日本人のコーディネーターが受け付ける。同院のエミル・チン医院長は、ダートマス、コロンビア、ハーバード、エモリー、ニューヨーク大学を卒業した、視力矯正のラセック専門眼科医。5万件のレーシックを執刀し、自身も同手術を受けたが、副作用のドライアイと夜間のぎらつきに悩まされ、角膜を切らないラセック術式に変更。2万5000件以上の手術を執刀し、CNNなど主要メディアでも紹介された。

 

角膜を切らないラセック術式で、今まで2万5000件以上の手術を執刀した、エミル・チン医院長

 

パークアベニュー・ラセックのスタッフたち

 

【場所/問い合わせ】

102 E. 25th St.
TEL: 201-815-8219(日本語)
info@parkavenuelasek.com
parkavenuelasek.com



学校説明会を開催
無料体験クラスも実施

リセ・ケネディ日本人学校

リセ・ケネディ日本人学校は、11月2日(土)午後2時30分〜3時30分に学校説明会を開く。対象は入園・入学を検討中の2020年度志願者。同校の教育方針や各プログラムの指導内容、授業料、入園・入学の手続きについて説明する。終了後には校内ツアーあり。申し込みは同校ウェブサイトから。20年度出願の受付は11月11日(月)開始。また10月14日(月)に、無料の全日制幼児体験クラスも開催する。

【場所/問い合わせ】
225 E. 43rd St., 4th Fl.TEL: 212-681-7929
manhattan@lyceumkennedy.orglyceumkennedy.org



1万3600点以上を展示
グラセンで無料写真展を開催

富士フイルム・ノースアメリカ

富士フイルム・ノースアメリカは、16日(水)〜20日(日)に、グランドセントラル駅内のバンダービルトホールで、写真展示会「プリントライフ写真展」を開催する。入場無料。

「50000人の写真展」と題した参加型写真展で、2006年から日本で開催。昨年から海外でも本格展開しており、全世界で合計約10万点の写真を展示した。アメリカでは昨年、同駅内で開催している。今年も、全米から応募された1万3600点以上の写真で、同ホールを埋め尽くす。

 

アメリカでの同フォト展示会の開催は、昨年に続き2回目となる

 

グランドセントラル駅構内で開催された、昨年の写真展の様子

 

非営利団体「100cameras」の特別コーナーも設置。さまざまな困難を抱えた世界の子供たちが、同社が同団体に寄贈した「FinePix XP130」200台を使って撮影した作品を展示する。

「写真には、そのイメージの後ろに隠れる写真家について知る、架け橋となる力がある。写真を通して、その人の大切にするものが何か学ぶことができる」と、同社長兼CEOの岩﨑哲也さん。今回の展示会を、「写真家の年齢、バックグラウンド、住む土地や政治観の違いにとらわれることなく、訪れる人が写真を楽しみ、写真を通して写真家たちの体験に共鳴できる」場所だと述べた。

また同社担当者は、「本写真展を通じて、アメリカの皆さまにプリントした写真の良さを改めて感じて頂き、日ごろカメラやスマートフォンで撮影した写真を、プリントするきっかけに繋げていければ。また、写真を撮る喜び、プリントして飾る楽しさ、写真で残す大切さを、ワールドワイドで発信していきます」と話している。

 

昨年は、アメリカ国内から集まった約1万3000点の作品を展示した

【場所】
Vanderbilt Hall
89 E. 42nd St.

【問い合わせ】
printlifesweepstakes.com/2019

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1038

ニューヨークで進化する
Katsu Sando

ニューヨークでは日本のカツサンドが今静かなブーム。数年前まではKatsuには“Japanese style cutlet”と英語の説明が必要だったが、今は堂々とkatsuで通じる。また「サンド」もsandwichではなくsandoと表記されることが多くなった。そこで今号では、ニューヨークで進化する、オリジナリティー溢れるカツサンドを紹介する。(取材・分/古村典子)

Vol.1037

いざ、ミュージカル鑑賞。

ロングランから新作まで、ブロードウェーではミュージカル作品が山ほど上演中。住んでいるとなかなか見に行く機会がない、という言う人に、今号ではおすすめ作品を紹介。(文/音成映舞)

Vol.1036

今さら聞けないクラブのこと

「自分はもう若くないし」「ナンパ目的でしょ」「なんだか危なそう」と、不慣れな人にはやや敬遠されがちな、ニューヨークのナイトクラブ。実はクラブカルチャーとは多彩で、誰でも楽しめるものなのだ!今号は、市内での安全で楽しい夜遊びのコツを、クラブ初心者向けに指南。(取材・文/南あや)

Vol.1035

ニューヨーク手土産事情

お世話になった人へのお礼、招待されたホームパーティーなど、何を手土産に買えばいいの?と、悩むことも多いはず。そこで、今回はジャピオン厳選の「手軽に購入できる手土産」を特集。(文・写真=音成映舞)