今週のトピックスまとめ


無料コンサル受診者に
アマゾン・ギフトカード進呈

パークアベニュー・ラセック

パークアベニュー・ラセックは11月1日(金)までに無料コンサルテーションを受けた人に、アマゾン・ギフトカード(20ドル20セント)を進呈する。

ラセックは、アジア系の患者特有の高度な近視、薄い角膜などにも最適な術式であるとされる。問い合わせは下記の電話にて、日本人のコーディネーターが受け付ける。同院のエミル・チン医院長は、ダートマス、コロンビア、ハーバード、エモリー、ニューヨーク大学を卒業した、視力矯正のラセック専門眼科医。5万件のレーシックを執刀し、自身も同手術を受けたが、副作用のドライアイと夜間のぎらつきに悩まされ、角膜を切らないラセック術式に変更。2万5000件以上の手術を執刀し、CNNなど主要メディアでも紹介された。

 

角膜を切らないラセック術式で、今まで2万5000件以上の手術を執刀した、エミル・チン医院長

 

パークアベニュー・ラセックのスタッフたち

 

【場所/問い合わせ】

102 E. 25th St.
TEL: 201-815-8219(日本語)
info@parkavenuelasek.com
parkavenuelasek.com



学校説明会を開催
無料体験クラスも実施

リセ・ケネディ日本人学校

リセ・ケネディ日本人学校は、11月2日(土)午後2時30分〜3時30分に学校説明会を開く。対象は入園・入学を検討中の2020年度志願者。同校の教育方針や各プログラムの指導内容、授業料、入園・入学の手続きについて説明する。終了後には校内ツアーあり。申し込みは同校ウェブサイトから。20年度出願の受付は11月11日(月)開始。また10月14日(月)に、無料の全日制幼児体験クラスも開催する。

【場所/問い合わせ】
225 E. 43rd St., 4th Fl.TEL: 212-681-7929
manhattan@lyceumkennedy.orglyceumkennedy.org



1万3600点以上を展示
グラセンで無料写真展を開催

富士フイルム・ノースアメリカ

富士フイルム・ノースアメリカは、16日(水)〜20日(日)に、グランドセントラル駅内のバンダービルトホールで、写真展示会「プリントライフ写真展」を開催する。入場無料。

「50000人の写真展」と題した参加型写真展で、2006年から日本で開催。昨年から海外でも本格展開しており、全世界で合計約10万点の写真を展示した。アメリカでは昨年、同駅内で開催している。今年も、全米から応募された1万3600点以上の写真で、同ホールを埋め尽くす。

 

アメリカでの同フォト展示会の開催は、昨年に続き2回目となる

 

グランドセントラル駅構内で開催された、昨年の写真展の様子

 

非営利団体「100cameras」の特別コーナーも設置。さまざまな困難を抱えた世界の子供たちが、同社が同団体に寄贈した「FinePix XP130」200台を使って撮影した作品を展示する。

「写真には、そのイメージの後ろに隠れる写真家について知る、架け橋となる力がある。写真を通して、その人の大切にするものが何か学ぶことができる」と、同社長兼CEOの岩﨑哲也さん。今回の展示会を、「写真家の年齢、バックグラウンド、住む土地や政治観の違いにとらわれることなく、訪れる人が写真を楽しみ、写真を通して写真家たちの体験に共鳴できる」場所だと述べた。

また同社担当者は、「本写真展を通じて、アメリカの皆さまにプリントした写真の良さを改めて感じて頂き、日ごろカメラやスマートフォンで撮影した写真を、プリントするきっかけに繋げていければ。また、写真を撮る喜び、プリントして飾る楽しさ、写真で残す大切さを、ワールドワイドで発信していきます」と話している。

 

昨年は、アメリカ国内から集まった約1万3000点の作品を展示した

【場所】
Vanderbilt Hall
89 E. 42nd St.

【問い合わせ】
printlifesweepstakes.com/2019

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1053

焙煎したての
コーヒーが飲みたい

コーヒーは焙煎(ばいせん)してからすぐに香りや味の変化が始まってしまうので、持ち味を十分に楽しむには、焙煎したての豆からいれるコーヒーが一番。そこで、今号では店内焙煎のコーヒーを提供するカフェを紹介する。(取材・文/古村典子)

Vol.1052

今から始める
安全対策

犯罪や災害は、実際に降りかかってから行動するのでは遅い!手の届く範囲で始められる対策を、ジャピオンと一緒に講じよう。(取材・文 / 南あや・音成映舞)

 

Vol.1051

英語が得意になりたい!

「日常会話はできるし・・・」「どうせ数年後に日本に戻るし・・・」と言いながら、バイリンガルの友人がうらやましい、そこのあなた。今年こそ本腰入れて、英語力を鍛えてみない?(取材・文/南あや)

Vol.1050

ようこそ
「白鳥の湖」の世界へ

チャイコフスキー3大バレエの名作『白鳥の湖』。1月下旬から市内で順次観ることのできる三つのバレエ団による公演と、その見どころを紹介していく(取材・文=音成映舞)