今週のトピックスまとめ

割 引
マルチビタミンフェイシャル
秋のキャンペーン実施中

スパかれん・ニューヨーク

スパかれん・ニューヨークは11月15日(金)まで、「マルチビタミンフェイシャル」をスペシャル価格で提供する「秋のキャンペーン」を開催している。料金は60分115ドル(通常145ドル)、90分135ドル(通常175ドル)。要予約。

同サロンによると、「マルチビタミンフェイシャル」は、不要な角質を取り除き、抗酸化ビタミン複合体を集中投与することにより、小じわや色素沈着過多(年齢班など)を減少させ、コラーゲンの形成を刺激。早期老化やストレス、紫外線ダメージを受けた細胞を修復し、新陳代謝を整え、透明感のある肌の質感を改善するとされる。同施術は老化を遅らせる他、たんぱく質ペプチドで皮膚の弾力性を高める効果もあるという。

 

落ち着いたプライベート空間で、日々のストレスや疲れを癒やす施術を行う

 

【場所/問い合わせ】
36 W. 44th St., Suite 303(安心メディカル内)
TEL: 212-729-3521テキスト可)
spakarenny.com



割 引
米国文化とアメフト
レクチャーを開催

アイベック

語学学校のアイベックは9日(水)午後6時45分〜と12日(土)午前10時〜、アメリカ文化とフットボールの関係を分析・解説し、会話に役立つ基本知識や英語表現を学ぶレクチャー「米国文化とスポーツ〜アメリカンフットボール」を開催する。参加費は、同校の設立25周年記念割引価格の50ドル。申し込みは先着順、定員に達し次第、締め切る。

【問い合わせ/申し込み】
369 Lexington Ave., 19th Fl.
TEL: 212-867-2000
ibec-usa.com



日本人ダンサーが出演
秋のダンス公演開催

中津川愛弥子

ダンサー、役者、振付師の中津川愛弥子さんが所属する、ジョン・レーラー・ダンスカンパニーが、19日(土)午後8時〜、サルバトーレ・カペジオ・シアター・アット・ペリダンスで、秋の公演を行う。チケットは前売り25ドル。

仙台出身の中津川さんは、9歳の時からダンスを学び、日本ではミュージカルなどで活躍。その後、ニューヨーク州立大学フレドニア校で、ダンスとシアターアーツを学んだ。在学中に同カンパニーのオーディションに合格し、今年6月からダンサーとして活動。現在、さまざまな公演に参加している。

 

中津川さんは今年5月に大学を卒業し、プロとして本格的に活動を開始


【場所】
126 E. 13th St.
(bet. 3rd & 4th Aves.)

【問い合わせ】
jonlehrerdance.com



2年ぶりのNYライブ
新アルバムの曲も演奏

大和田慧

シンガーソングライターの大和田慧(けい)さんが6日(日)午後6時〜、ロックウッド・ミュージックホールで、2年ぶりのニューヨークライブを行う。当日は、新アルバム「シネマティック」収録曲も披露。入場無料(21歳以上のみ、身分証明書が必要)。

大和田さんは、NHKみんなのうた「まどろみ」など自作曲発表の他、MONDO GROSSO、さかいゆう、松本圭司など、他のアーティストの作品やライブへの参加、詞・楽曲提供なども行う。2014年にはアポロシアター・アマチュアナイトに出場し、準決勝に進んだ。

 

約2年ぶりに当地で公演を行う、大和田慧さん

 

【場所】
196 Allen St.
rockwoodmusichall.com

【問い合わせ】
keiowada.com



CD&本発売記念
老舗クラブでライブ

深尾多恵子

ジャズシンガーの深尾多恵子さんが、最新アルバム「コンテンプレーション」、そして在ニューヨーク20年の彼女の足跡をつづった書籍「アントラベルド」の発売を記念し、10日(木)午後5時30分〜、バードランド・ジャズクラブでライブを行う。アルバム収録曲のうち3曲を箏(そう)でフィーチャーしており、ライブ当日はボーカルの他、箏も演奏する。

深尾さんは、ニューヨークのビッグバンド「スパイゲーム」の専属シンガーで、数々のバンドで日米のジャズクラブに出演。またアップルウォッチのCMソングを発表したりと、多方面で活躍している。

【場所/問い合わせ】
315 W. 44th St.
(bet. 8th & 9th Aves.)
TEL: 212-581-3080
birdlandjazz.com



伝統と前衛を融合
女性ダンサーが舞う

ニューヨーク舞踏インスティチュート

舞踏家の土方巽が創始した日本発のパフォーマンスアート「舞踏」の初公演60周年を記念し、17日(木)〜27日(日)、シアター・フォー・ザ・ニューシティーで、「ニューヨーク舞踏インスティチュート・フェスティバル19」を開催。日本、コロンビア、ノルウェー、アメリカなどの女性ダンサー16人がパフォーマンスを披露する。

公演開始は午後8時〜、20日(日)は午後3時〜。チケットは18〜20ドルで、左記オンラインより購入できる。27日午後3時〜の特別講演は無料。

【場所/問い合わせ】
155 1st Ave.
(bet. 9th & 10th Sts.)
TEL: 212-254-1109
theaterforthenewcity.net



マインドフルネスを導入
土曜の保育クラスがスタート

Yoko’s Daycare/中根真理子

全米催眠協会公認のヒプノティスト、中根真理子さんが、9月からブルックリン区パークスロープで、マインドフルネスを取り入れた日本語幼児教室を始めた。

デイケアセンター「Yoko’s Daycare」の土曜保育の一環。日本語の読み書きや日本語での日米文化の学習などと共に、「マインドフルネス・アクティビティー」を実践。子供の集中力、忍耐力を高め、子供が心の豊かさを習得することができるという。中根さんは「自分を見つめ直して、心の乱れをなくし、心の平和を保ちます」と話す。同クラスは午前10時〜午後2時。日本語がある程度理解できる、3〜6歳の子供が対象。定員12人。参加費は下記ウェブサイト参照。

中根さんは、オークランド大学文学部教育学科卒業。華道師範を取得。

 

中根さんは地元の公立小学校などでも、ボランティアでマインドフルネスを教えている

 

季節の花を使った生け花で、日本文化への理解を深める

 

【会場/問い合わせ】
183 19th St., #1
Brooklyn, NY 11232
yokosdaycare.com



ファッションデザイナー着任
週3回の授業を担当

P.I.アートセンター

美術専門学校、P.I.アートセンターに、講師としてファッションデザイナーの小西翔さんが着任した。小西さんはフランクフルト・スタイルアワード(ドイツ)の最優秀賞など、これまでに数々の受賞歴を持つ。同校ではアクセサリーデザイン、DIY&クラフト、裁ほうなど、クラスを週3回担当。

 

【場所/問い合わせ】
328 7th Ave., 6th Fl.
n.tadashi@piartcenter.com(中沢)
TEL: 212-695-5470piartcenterjp.com



北米産マツタケ販売中
日本への秋のギフトに

JALショッピング・アメリカ

JALショッピング・アメリカは、日本国内向けに、北米産マツタケのセットを販売している。申し込み締め切りは10月下旬までを予定。

「特級特選松茸」はカナダ(ブリティッシュコロンビア州など)やアメリカ北西部(ワシントン州、カリフォルニア州北部など)が主な産地で、同社によると、日本産のものに比べて色白でサイズが大きめ。「豊かな自然の香りが特徴で、焼きマツタケ、炊き込みご飯、土瓶蒸しなどがオススメです」と同社担当者は話す。

商品は1本1本を丁寧に検品し、箱詰めして発送する。価格は次の通り(いずれも一例)。

▷「北米産・特級特選松茸(つぼみ)」=71ドル(200グラム)、100ドル(300グラム)、120ドル(400グラム)

▷「北米産・特選松茸(つぼみ・ひらき)」=66ドル(250グラム)、116ドル(450グラム)

価格には配送料金、税金が含まれる(沖縄県など一部への配送は追加料金あり)。また収穫量が限られているマツタケは、品質優先の観点から、届け日の指定は不可。

申し込みは下記ウェブサイトから。商品に関する電話での問い合わせは、月〜金曜日の午前9時〜午後5時(米国西海岸時間)に対応。

 

「北米産・特選松茸(ひらき)」。香り高いマツタケは、「秋の味覚の王様」と呼ばれる存在だ

 

「北米産・特級特選松茸(つぼみ)」。商品価格は、いずれも配送料金込み

 

予約はネットから。選べるグラム数と品級を用意し、さまざまなギフトシチュエーションに対応する

 

【申し込み】
JALUX Americas
jalshoppingam.com

【問い合わせ】
support@jalshoppingam.com
TEL: 800-252-5725
FAX: 888-952-5725

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1038

ニューヨークで進化する
Katsu Sando

ニューヨークでは日本のカツサンドが今静かなブーム。数年前まではKatsuには“Japanese style cutlet”と英語の説明が必要だったが、今は堂々とkatsuで通じる。また「サンド」もsandwichではなくsandoと表記されることが多くなった。そこで今号では、ニューヨークで進化する、オリジナリティー溢れるカツサンドを紹介する。(取材・分/古村典子)

Vol.1037

いざ、ミュージカル鑑賞。

ロングランから新作まで、ブロードウェーではミュージカル作品が山ほど上演中。住んでいるとなかなか見に行く機会がない、という言う人に、今号ではおすすめ作品を紹介。(文/音成映舞)

Vol.1036

今さら聞けないクラブのこと

「自分はもう若くないし」「ナンパ目的でしょ」「なんだか危なそう」と、不慣れな人にはやや敬遠されがちな、ニューヨークのナイトクラブ。実はクラブカルチャーとは多彩で、誰でも楽しめるものなのだ!今号は、市内での安全で楽しい夜遊びのコツを、クラブ初心者向けに指南。(取材・文/南あや)

Vol.1035

ニューヨーク手土産事情

お世話になった人へのお礼、招待されたホームパーティーなど、何を手土産に買えばいいの?と、悩むことも多いはず。そこで、今回はジャピオン厳選の「手軽に購入できる手土産」を特集。(文・写真=音成映舞)