今週のトピックスまとめ

「桜祭りダンサー」を募集
来年のステージ向けて練習

伊藤さちよ舞踊団

伊藤さちよ舞踊団は、桜祭りイベントのステージで日本舞踊を踊る「桜祭りダンサー」を募集している。2020年4月25日(土)および26日(日)に、ブルックリン植物園のメインステージでのパフォーマンなどに参加。リハーサルは4月24日(金)午後4時〜8時。

練習期間は今年10月〜来年4月。毎週月曜日か土曜日、いずれかのクラスに参加可能な人を募集。日本舞踊未経験者も可。各クラス定員8人。レッスンは無料だが別途、施設利用費40〜70ドル(月額)が必要。参加希望者は名前、電話番号、Eメールアドレス、年齢、ダンス歴(日本舞踊以外も可)を明記の上、下記Eメール宛てに9月27日(金)までに申し込む。締め切り後でも興味のある人、練習日の調節が必要な人は問い合わせること。


【問い合わせ】
sachiyoitoandcompany@gmail.com
dancejapan.com


あめ細工アートを披露
商品購入者に進呈も

ミキハウス

ミキハウスは14日(土)午後2時〜5時に、ブルーミングデールズ59丁目店で、イベント「トラディショナル・ジャパニーズ・キャンディー・アート・パフォーマンス」を開催する。

キャンディーアーティストのミユキさんが、あめ細工制作のパフォーマンスを披露。また、イベント中に同店の商品を購入した人に、制作したあめを一つ進呈する。詳細は左記まで。

【場所/問い合わせ】
1000 3rd Ave., 5th Fl.
mikihouse-usa.com
info@mikihouse-usa.com


無料
開講16周年を記念
初回レッスンが無料

山田ミカ

ハワイアンキルト教室を主宰する山田ミカさんが、18日(水)、25日(水)、10月2日(水)の各日午前10時〜正午(〜12時30分はティータイム)に、ニュージャージー州フォートリーの自宅アトリエで、秋のクラスを開催する。

同教室の開講16周年キャンペーンとして、初回のレッスン代を無料(通常20ドル)、キルトキットを20ドル(通常40ドル)で提供する。要予約。下記のEメール宛てに申し込む。教室の場所など、詳細は予約時に通知する。

同クラスは山田さんがハワイ・オアフ島の地元キルターから習得した手法で、2004年にボストンでスタートした。

 

【問い合わせ】
myhawaii2015@gmail.com
myhawaii.exblog.jp


進 呈
優勝者コンサートを開催
読者3人にチケット進呈

H&Kアーツマネジメント

H&Kアーツマネジメントは、10月10日(木)午後7時30分〜、オペラ・アメリカ内マーク・A・スコラ・ホールで、「ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール・イン・東京」の優勝者コンサートを開催する。ピアニストの尾崎有飛さんが出演。

本紙読者3人にチケットを進呈する。22日(日)までに、表題を「コンサートチケット進呈」として、氏名と連絡先を明記の上、reader@nyjapion.com宛てに応募する。当選者のみに通知。

一般チケットは20ドル。要予約。下記の電話かEメールから申し込む。

尾崎有飛さん(写真右下)はチェリストのユーラさん(左下)と共演


【場所/問い合わせ】
330 7th Ave., 7th Fl.
TEL: 917-482-1566
toshiko.nishino@handkarts.com


サンドアート講座
無料体験レッスン開催

日本サンドペインティング協会

日本サンドペインティング協会は、15日(日)午前10時〜午後12時30分に、ニューヨーク日系人会館で、無料サンドペインティング(砂絵)講座を開催する。

参加無料。定員30人(18歳以上のみ)、要予約。左記の電話かEメール宛てに申し込む。

同協会担当者は、「日本でブレイクしている、ベトナム発祥の新しいカルチャーです。われを忘れて没頭できるサンドペインティングには、癒やし効果もあり、すり切れた都会人の心を慰めるには最適です。また、技術を学んで資格を取得すれば、独立も可能です」と話す。


【場所/問い合わせ】
49 W. 45th St., 11th Fl.
TEL: 212-840-6942
info@jaany.org


展覧会を今年も開催
上田優子さん回顧展も

多摩美術大学校友会ニューヨーククラブ

多摩美術大学校友会ニューヨーククラブは、20日(金)〜10月3日(木)に天理ギャラリーで、第15回展覧会「ホーム・アウェイ・フロム・ホーム15」を催す。

レセプションは20日午後6時〜8時。当日は「RGBエクスペリメンタル・ミュージック・ラボラトリー」という、イメージから音楽を作るソフトウエアで制作した、参加アーティストの作品を題材とした音楽を発表。また同クラブの会員で、急逝した、アーティストでデザイナーの上田優子さんの回顧展も、期間中に同時開催する。

【場所】
43 W.13th St.
(bet. 5th & 6th Aves.)
tenri.org

【問い合わせ】
tamabiny.com


オープンハウスを実施
コーラス部員を随時募集

日本クラブ

日本クラブ女声コーラス部は、26日(木)午前10時〜午後12時30分にオープンハウスを開催する。

1988年に創立。声楽家の尾島陽子さんの指導の元、毎週木曜日の同時間に練習している。年に一度の定期演奏会に加え、カーネーギーホールでのチャリティーコンサートにも参加。

声楽家の尾島陽子さんの指導の元、年に一度の定期演奏会や、カーネーギーホールでチャリティーコンサートなどを開催

 

同コーラス部は、「発声練習から始まる2時間半は、歌う楽しさに出合える時間。新しいメンバーをいつでも歓迎しています。コーラスの経験がある人もない人も、一緒に歌う楽しさを味わってみませんか? いつからでも参加できますので、ぜひ一度見学にいらしてください」と呼び掛けている。

参加希望者は、下記の電話かEメール宛てに問い合わせること。

日本クラブ女声コーラス部の団員たち。レパートリーは、日本の歌からオペラやミュージカルまでと幅広い

【場所/問い合わせ】
145 W. 57th St., 2nd Fl.
TEL: 212-581-2223
womens.chorus.nc@gmail.com
nipponclub.org


2日間の「粉もんフェス」
コンテストも同時に開催

JAPAN Fes

JAPAN Fesは、21日(土)と22日(日)の各日午前10時〜午後6時に、「粉もんフェス」を開催する。お好み焼き、たこ焼き、焼きそばなどの「粉もん」をテーマにしたストリートフェスティバル。入場無料。また、日本から4店とニューヨークから5店、計9店舗による「粉もんコンテスト」も開催。他にもデザート、日本の伝統工芸品、ギフトなど30店舗以上が参加する。

 

 

【場所/問い合わせ】
on 8th Ave. (bet. 15th &16th Sts.)japanfes.com


新校舎、5クラスを新設
アート&デザインクラスでI-20取得

P.I.アートセンター

アート、デザイン系の大学への進学準備のための専門機関、P.I.アートセンターは、今年4月に新校舎に移転した。

1986年に創設以来、FIT、パーソンズ、プラットインスティチュートをはじめ、米国内、欧州などのアート、デザイン系大学に多くの卒業生を送り出している。また、基礎クラスも開講しており、大学進学を目的としていないアート未経験者に対しても、ニューヨークの現役アーティストとして活躍している講師が、アートとデザインの基礎を実践的に指導している。
9月には、以下の5クラスを新設した。

▷「Character Design」(毎週土曜日午後5時30分〜10時)=ストーリーを伝えるためのキャラクター設計を考察。30年代のディズニー、80年代のイラストレーター、現代のビジュアルアーティストなどのデザインを学ぶ▷「Drawing for Yourself」(毎週月曜日午後5時30分〜10時)=自分を探求する方法や自分とのコミュニケーション方法、絵を通して自分を表現する方法を学ぶ▷「Abstract Painting」(毎週土曜日午後1時〜5時30分)=さまざまな材料と方法が、クリエーティブなプロセスにどのような影響を与えるかを探る。色、質感、組成などの絵画要素や原理の基礎を考察▷「Multi-level studio」(毎週火曜日午後5時30分〜9時)=アイデアを視覚化する方法を学ぶ。視覚的に効果的な作品を開発して、直感から生まれた作品にアイデアを実行する方法を考察▷「BSA Illustrator」(毎週月曜日午後1時〜5時30分)=Adobe Illustratorのワークスペース、ツール、描画、ペイント機能などの使い方を学ぶ

 

今年4月に移転したチェルシーの新校舎のロビー。9月には新たに5クラスを新設した

 

新設クラスのひとつ、「Multi-level studio」のアート作品。アートクラスではI-20が取得できる

 

ディレクターの中沢正さんが、日本人留学生の入学相談や入学手続きなどをサポート

【場所/問い合わせ】
328 7th Ave., 6th Fl.
TEL: 212-695-5470
n.tadashi@piartcenter.com(中沢)
piartcenterjp.com


 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1041

自由気ままに
デトックス

年末も近くなり、何かと忙しいこの季節。2019年を最後まで楽しむために、体の不調やストレスは今のうちに排除しよう!今号は、気軽に立ち寄れる市内のリラクゼーションスポットを探訪。

Vol.1040

読者ランナーを一挙紹介!
NYCマラソンを見る。

NYジャピオンは、今年もニューヨークシティーマラソンを応援します!レースの基礎情報から、知っていると得する応援の豆知識、そして5区を駆け抜ける読者ランナー太刀を一挙に紹介。(文/南あや)

Vol.1039

ジェネレーションZ が
経済を動かす!

「ジェネレーションZ」(略称=Z世代)という言葉を耳にしたことがあるだろうか?今、この若い世代の勢いが止まらない!数年後にはアメリカ最大の消費者層となると言われている彼らの正体・生態を、今号で勉強使用!(取材・文/菅礼子)

 

Vol.1038

ニューヨークで進化する
Katsu Sando

ニューヨークでは日本のカツサンドが今静かなブーム。数年前まではKatsuには“Japanese style cutlet”と英語の説明が必要だったが、今は堂々とkatsuで通じる。また「サンド」もsandwichではなくsandoと表記されることが多くなった。そこで今号では、ニューヨークで進化する、オリジナリティー溢れるカツサンドを紹介する。(取材・分/古村典子)