舞台女優:前嶋利菜さん

ニューヨークで奮闘する日本人たち。その新しい発想、夢に向かって走る姿は、私たちを常に刺激する。今、輝いている新人に熱い思いを語ってもらい、また推薦者からの応援メッセージも聞く。

——幼少期から、いろいろなジャンルのパフォーマンスをされていますね。

父親が大のミュージカル好きで、ゴールデンエイジのころのミュージカルビデオを見せられながら育ちました。親がそういった習いごとに積極的だったので、バレエ、子供ミュージカル、タップダンス、ジャズダンスなど、気付いたら週6日は習いごとをしていました。小学校の文集には、ブロードウェーで活躍するミュージカル女優になりたいと書いた気がします。

——日本の大学で声楽科に進んだ理由は?

劇団四季にはまったとき、出演者の経歴に日本の大学の声楽科が多いことに気付き、「ここに行けばミュージカル女優になれる」と(笑)。ミュージカルはダンスから入るケースが多いし、オペラならヨーロッパを目指すと思うので、私の経歴でニューヨークに来ている人は少ないと思います。

——アメリカに来て苦労したことは何でしたか?

アメリカに来た当初は、自分の「日本人気質」に悩みました。日本では「利菜は絶対アメリカが似合っているよ」と言われたのですが、来てみたら、自分は失敗を恥ずかしがる「日本人」のステレオタイプだったんです。他の生徒に置いて行かれている気がして、焦りました。でもこれは「慣れ」ですね。

——ミュージカルをしていて、一番うれしい瞬間は?

役と自分が一体化したとき。自分がいなくなって、役だけに集中できたときは気持ちいいですね! そして私のパフォーマンスを見た人から、プラス思考の反応をもらったときは、やりがいを感じます。

——経歴にある「クルーズ船のパフォーマー」とは?

とにかく色々できることをやろうと思って応募した仕事です。5カ月かけて、北欧、アメリカ大陸、カリブ海を巡るクルーズで、私は船上のキャバレーショーのシンガーでした。2日に1回、複数の演目をルーティンでこなすのは大変な反面、自由時間も多くて面白かったです。デッキの上で朝日を見ながらコーヒーを飲む、すてきな生活でした(笑)。でも、やっぱりニューヨークでダンスする生活が恋しかったですね。

——今春、ミュージカル「ギークス!」で、オフブロードウェーに戻ってきました。

今回はダンスキャプテンを担当しました。振り付けやチーム全体の動きを把握するだけかと思いきや、ブロッキング(ステージ全体の動きの指示)も任され、なかなか大変でした!

——今後の目標は?

私の憧れの女優たちが演じてきた、ミュージカル「オペラ座の怪人」のクリスティーヌ役をやってみたいですね。狭き門だからこそ、やってみたい。

私のロールモデルは、クリスティン・チェノウェス(ミュージカル「ウィキッド」グリンダ役の初演女優)。小柄だけど、どんな役もパワフルに歌いこなす彼女は、ミュージカル女優としての目標。でも私は同時に、自分の確固たるオリジナリティーを持ち続けたいです。

前嶋利菜さん
東京藝術大学大学声楽科卒業。2016年来米。
アメリカンミュージカル&ドラマアカデミー出身。
「コーラスライン」、「テンペスト」他に出演。
rinamaejima.wixsite.com/rinaweb

 

 

『新人の日常チェック!』
彼らは日常をどうやって過ごしているのか。仕事場、オフの姿を追う。

ミュージカル「ギークス!」では、アメコミ好きなオタク役を好演。恋愛モノのヒロインより、明るくはっちゃけた役が好きだという

 

「バイキング・オーシシャン・クルーズライン」で船上ショーに出演。シャンソンや音楽グループ「アバ」の曲目などを歌った

 

ユーチューブチャンネル「Hello New York」で活動中。「ロケで仲間といろんな所に行けて楽しい」と前嶋さん

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1041

自由気ままに
デトックス

年末も近くなり、何かと忙しいこの季節。2019年を最後まで楽しむために、体の不調やストレスは今のうちに排除しよう!今号は、気軽に立ち寄れる市内のリラクゼーションスポットを探訪。

Vol.1040

読者ランナーを一挙紹介!
NYCマラソンを見る。

NYジャピオンは、今年もニューヨークシティーマラソンを応援します!レースの基礎情報から、知っていると得する応援の豆知識、そして5区を駆け抜ける読者ランナー太刀を一挙に紹介。(文/南あや)

Vol.1039

ジェネレーションZ が
経済を動かす!

「ジェネレーションZ」(略称=Z世代)という言葉を耳にしたことがあるだろうか?今、この若い世代の勢いが止まらない!数年後にはアメリカ最大の消費者層となると言われている彼らの正体・生態を、今号で勉強使用!(取材・文/菅礼子)

 

Vol.1038

ニューヨークで進化する
Katsu Sando

ニューヨークでは日本のカツサンドが今静かなブーム。数年前まではKatsuには“Japanese style cutlet”と英語の説明が必要だったが、今は堂々とkatsuで通じる。また「サンド」もsandwichではなくsandoと表記されることが多くなった。そこで今号では、ニューヨークで進化する、オリジナリティー溢れるカツサンドを紹介する。(取材・分/古村典子)