ヘアスタイリスト: Erikoさん

ニューヨークで奮闘する日本人たち。その新しい発想、夢に向かって走る姿は、私たちを常に刺激する。今、輝いている新人に熱い思いを語ってもらい、また推薦者からの応援メッセージも聞く。


美容師を志したきっかけは何ですか?

高校生の時に髪をバッサリ切って、自分に少し自信が持てたこと。ただ人見知りな性格なので、美容師になってすぐのアシスタントの頃は、「向いてないのでは?」「いつ辞めようか?」と毎日考えていました。

しかし、やるべきことを着実にやっていく生真面目な気質なので、気付いたらステップアップしていて、今に至ります。結果的に、美容師に向いているのかもしれません(笑)

海外でスタイリストになろうと最初に意識したのは、いつですか?

26歳の時、なんとなく海外を意識しました。英語圏に行ってみようと思い、カナダにワーキングホリデーで行こうと企んでいました。勤務していたサロンのオーナーも許可してくれたのですが、一歩が踏み出せず、いったん諦めました。

その2年後、1カ月仕事を休んでニューヨークに滞在しました。たった1カ月でしたが、そこで「海外生活」に満足し、再度日本での仕事に打ち込みました。

では、昨年にニューヨークに移り住んだ経緯は?

あるとき、「この店でできることはやり切った」と感じる瞬間がありました。ちょうどその時期に、ニューヨークに1週間程、再び滞在したのですが、「やはりここかな」と。尊敬できるカラーリストの人との出会いも大きかったです。日本のヘアスタイリストはカット、カラー、パーマと全て1人でこなすことが多いので、カラーを専門的に極めている姿勢が、かっこいいなと思いました。

タイミングよく、ガーデンニューヨークの求人を見て、即座にメールしました。現マネジャーのTAKAさんが日本にいて、お会いできたので、これも縁かなと(笑)。そこからは他のつながりもあり、ありがたいことに、トントン拍子で今に至ります。

日本にいたころと現在で、働き方の違いは?

日本ではアシスタントがいましたが、今は全て自分でこなすので、仕事の一つ一つ、お客さま一人一人にきちんと向き合えている気がします。また、お客さまから「How do you think?(どう思う?)」と意見を求められるのが違います。「プロ」として実感させられます。

大変な点は?

今はまだ来てから半年なので、英語ですね。伝えたいことを伝えきれないのがもどかしいです! ボキャブラリーを増やすため、ヘアに関する記事を読んだり、ユーチューブを見たりして勉強中です。

仕事で一番喜びを感じるのはどんな時?

お客さまが満足してくださることはもちろんですが、自分自身が仕上がりに「120%完璧!」と思えた瞬間です。

今後の目標は?

仕事を頑張る。一歩ずつ前へ進んでいきたいです。日本では仕事人間だったのですが、ニューヨークの人は仕事とプライベートのバランスの取り方がいいなと感じるので、私もよいバランスを見つけていきたいです。

 

 

Erikoさん

■岡山県出身。
東京・表参道のヘアサロン2店に勤務。
昨年10月に来米。
現在「Garden New York」にてヘアカットとカラーを担当。
Instagram: ericolor_19870328


『新人の日常チェック!』
彼らは日常をどうやって過ごしているのか。仕事場、オフの姿を追う。

 

ニューヨークのサロンでは、カラーとカットを中心に担当

 

客それぞれに合った接客を心掛けているという

 

オフは市内のレストランで、楽しいひと時を過ごすのが好き

 

関連記事

NYジャピオン 最新号