巻頭特集

アートなニューヨークを楽しもう!!

2020年は何カ所行けるかな? 市内アートスポット厳選紹


世界遺産で最新アートに触れる

 

 

Solomon R. Guggenheim Museum

1071 5th Ave.
TEL: 212-423-3500
guggenheim.org
注目展示「Countryside, The Future」(2月20日〜8月14日)
フランク=ロイド・ライトによる建物は、昨年、世界遺産に登録されたことで話題に。注目展示は、田舎を舞台に環境や政治経済をひも解く、アカデミックなコラボレーション作品。


現代作品ならここ

 

 

New Museum

235 Bowery
TEL: 212-219-1222
newmuseum.org
注目展示「Hans Haacke: All Connected」(〜1月26日)
現代アート専門で、斬新な作品選定に定評あり。コンセプトアートなどを中心に30年以上のキャリアを重ねた、ドイツ人アーティストによる回顧展を開催中。


リアルな世界の声を聞く

 

 

Moma PS1

22-25 Jackson Ave.
Long Island City, NY 11101
TEL: 718-784-2084
moma.org/ps1
注目展示「Theatre of Operations: The Gulf Wars 1991–2011」(〜3月1日)
MoMAの別館で、元々はアーティストたちのスタジオだった。コンテンポラリーアートを中心に扱う。現在の特別展では、湾岸戦争以降、情勢が揺らぐイラクに焦点を当てている。


アメリカのアートを考える

 

 

Whitney Museum of American Art

99 Gansevoort St.
TEL: 212-570-3600
whitney.org
注目展示「Vida Americana: Mexican Muralists Remake American Art, 1925–1945」(2月17日〜3月17日)
アメリカの近代アートに特化した美術館。「Vida Americana」は、アメリカにおけるメキシコ系アーティストの作品に焦点を当て、文化の変遷を辿る意欲展だ。


大富豪のコレクションが満載

 

 

The Frick Collection

1 E. 70th St.
TEL: 212-288-0700
frick.org
注目展示「Bertoldo di Giovanni: The Renaissance of Sculpture in Medici Florence」(〜1月12日)
実業家ヘンリー・フリックの個人所蔵コレクションを、彼の豪邸で展示。終了間近の特別展では、ルネサンス期の彫刻家、ベルトルド・ディ・ジョバンニをフィーチャー。


音楽を超えたアート体験

 

Brooklyn Academy of Music

30 Lafayette Ave.
Brooklyn, NY 11217
TEL: 718-636-4100
bam.org
注目展示「BAMkids Film Festival 2020」(2月1日〜2日)
オペラハウス&コンサートホールで、通称BAM。演劇やビジュアルアートなど、音楽だけでなく幅広いアート作品を扱っている。2月には80本を超えるショートアニメ映画を上映する。


ブルックリン最大の美術館

 

 

Brooklyn Museun

200 Eastern Pkwy.
Brooklyn, NY 11238
TEL: 718-638-5000
brooklynmuseum.org
注目展示「yasiin bey: Negus」(〜1月26日)
ニューヨークで2番目の大きさを誇る美術館で、エジプト美術が特に充実している。アーティストのヤシーン・ベイの音源作品をアメリカ初公開する、特別展を現在開催中。


地元の芸術にフォーカス

Queens Museum

Flushing Meadows Corona Park
Queens, NY 11368
TEL: 718-592-9700queensmuseum.org
注目展示「American Artist: My Blue Window」(〜2月16日)
クイーンズ在住アーティストや、同地コミュニティーへの貢献度が高い美術館。現在は、ブルックリン在住の美術家「アメリカン・アーティスト」の作品展を行っている。


ブロンクスの発信地

Bronx Museum of the Arts

1040 Grand Concourse
Bronx, NY 10456
TEL: 718-681-6000bronxmuseum.org
注目展示「José Parlá: It’s Yours」(2月26日〜8月16日)
ストリートアートやヒップホップなどを含めた、アメリカのアートへの造詣が深い。ブロンクスとの縁を持つアーティスト「ホセ・パルラ」の同美術館初の個展は2月から。


おまけ 自然と共に在るアート

 

 

New York Botanical Garden

2900 Southern Blvd.
Bronx, NY 10458
TEL: 718-817-8700nybg.org
注目展示「Kusama: Cosmic Nature」(5月9日〜11月1日)
アーティスト草間彌生による、大規模な屋外インスタレーションが植物園にて開催予定。この展示のために特別に制作された作品も登場する。四季の移り変わりを利用した作品展示に注目!

ページ: 1 2 3

関連記事

秋田梨紗さん

秋田梨紗さん 職業: 雑誌編集者 撮影場所: マディソン・スクエア・ガーデン 「ティーンの頃、レッド

岡本香織さん

  岡本香織さん 職業: イラストレーター 撮影場所: ブライアントパーク 「初めて渡米し

NYジャピオン 最新号

Vol.1054

ちょっと拝見!
ニューヨーカーの
通勤バッグの中身

通勤バッグは、見た目に機能性にと、いろいろなポイントで選びたいところ。かつてはカッチリとしたブリーフケースのイメージも強かったが、職種や働き方の多様化に伴って選びも多くなってきた様子。バリバリ働くニューヨークの男性陣に、通勤バッグについて聞いてみた。(取材・文/菅礼子)

Vol.1053

焙煎したての
コーヒーが飲みたい

コーヒーは焙煎(ばいせん)してからすぐに香りや味の変化が始まってしまうので、持ち味を十分に楽しむには、焙煎したての豆からいれるコーヒーが一番。そこで、今号では店内焙煎のコーヒーを提供するカフェを紹介する。(取材・文/古村典子)

Vol.1052

今から始める
安全対策

犯罪や災害は、実際に降りかかってから行動するのでは遅い!手の届く範囲で始められる対策を、ジャピオンと一緒に講じよう。(取材・文 / 南あや・音成映舞)

 

Vol.1051

英語が得意になりたい!

「日常会話はできるし・・・」「どうせ数年後に日本に戻るし・・・」と言いながら、バイリンガルの友人がうらやましい、そこのあなた。今年こそ本腰入れて、英語力を鍛えてみない?(取材・文/南あや)