巻頭特集

いざ、ミュージカル鑑賞。

鑑賞マニアな編集部員イチオシ作品

トニー賞受賞作品と、ディズニー作品を紹介していく。気になる作品は劇場に足を運ぼう!



トニー賞受賞作品

演劇界のアカデミー賞といわれる「トニー賞」を近年受賞した、3作品を紹介。英語に不慣れだとセリフの聞き取りがやや難しいかもしれないが、世界観とダンスパフォーマンスは一見の価値あり。キャストの圧倒的な歌声に酔いしれよう。

ハミルトン (2016年受賞)

・音楽
・予習必須

〈ストーリー〉アメリカ建国の父といわれる、アレクサンダー・ハミルトン(ジョージ・ワシントンの大統領時代は右腕として活躍し、トーマス・ジェファーソンの時代は初代国務長官に任命された人物)の生涯を、ヒップホップを交えて描く、斬新かつスタイリッシュなミュージカル。

〈見どころ〉オバマ前大統領も観に行った、全米熱狂のミュージカルは、いまだにチケットが高額で、なかなか手が出せない状態。主要キャストを白人ではなくマイノリティーが演じているのも話題となった。脚本、音楽、主役を務めたリン=マニュエル・ミランダは、現在、エンターテインメント業界から引っ張りだこ。サントラを聞きながらの事前予習が必須。

 

Photos by Joan Marcus

 

Photos by Joan Marcus

Hamilton
Richard Rodgers Theatre
226 W. 46th St. (bet. Broadway & 8th Ave.)
hamiltonmusical.com/new-york

 

 

ヘイディズタウン (2019年受賞)

・注目キャスト
・予習必須

〈ストーリー〉オルフェウスは、音楽家を目指す青年。貧しい生まれのエウリュディケと出会い恋に落ちるが、エウリュディケが生活のため、隔離された地下の街ヘイディズタウンで働くことになり、離れ離れに…。

〈見どころ〉今年最多14部門ノミネートした作品。73歳にして見事、助演男優賞を初受賞したアンドレ・デ・シールスのステージは必見。地上と地下世界の違いも分かりやすく作られており、それぞれのキャストの歌唱力にも圧倒される。チケットも意外と手頃。

Hadestown
Walter Kerr Theatre
219 W. 48th St. (bet. Broadway & 8th Ave.)
hadestown.com

 

 

ディア・エバン・ハンセン (2017年受賞)

・音楽
・ストーリー

〈ストーリー〉母子家庭で育った内気な高校生、エヴァン・ハンセンは、自分の居場所が見つけられない17歳の高校生。友達と呼べる存在が1人もいない上に対人恐怖症の彼は、セラピストからの宿題で、自分へ手紙を書くことに。だが、その手紙がきっかけで、エヴァンの今までとは違う人生が始まり…。

〈見どころ〉現代ならではのSNS社会を描いた作品。居場所を模索する主人公に共感し、思わず泣いてしまうことも。ハンカチを忘れずに。

 

 

Dear Evan Hansen
Music Box Theatre
239 W. 45th St. (bet. 7th & 8th Aves.)
dearevanhansen.com

ページ: 1 2 3 4

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1057

春よ来い、
花よ来い!

暦の上ではまだだが、暖冬で花も少しずつほころびはじめ、春らしさを街中で感じるようになってきた。

そこで今号では、気軽に行けるマンハッタンのガーデンと、スケールの大きい郊外のガーデンを紹介。

Vol.1056

サッカー
観に行こうぜ!

アメリカでもサッカーは大人気。男子は今季リーグが始まったばかり。女子も4月から開幕するのをご存知だろうか?サッカーをやったことがある人、観戦好きな人、そして初めて観るという人も、今号を読んで、競技場へ応援しに行こう!

Vol.1055

チーズ!チーズ!!チーズ!!!

今号の巻頭では、みんな大好きなチーズを大特集!アメリカ、特にニューヨークには美味しい地元産チーズや、絶品チーズ料理を提供するレストランがレストランがたくさんある。これを知らずしてニューヨークは語れないぞ!(取材・文/南あや)

Vol.1054

ちょっと拝見!
ニューヨーカーの
通勤バッグの中身

通勤バッグは、見た目に機能性にと、いろいろなポイントで選びたいところ。かつてはカッチリとしたブリーフケースのイメージも強かったが、職種や働き方の多様化に伴って選びも多くなってきた様子。バリバリ働くニューヨークの男性陣に、通勤バッグについて聞いてみた。(取材・文/菅礼子)