巻頭特集

今さら聞けないクラブのこと

 

人気・有名どころの市内スポット一覧
あえて場所で選ぶなら、ここ!

 

★ルーフトップ

Le Bain at the Standard, High Line
444 W. 13th St., 18th Fl.
standardhotels.com
instagram:@lebainnyc
室内ジャグジーをはじめとしたラグジュアリーな雰囲気が大人気。入店に長時間並ぶことが多いので、行く際は早めの到着を心掛けて。

JIMMY at the James New York
15 Thompson St.
jimmysoho.com
instagram:@jimmyatthejames
〈JapaneseDeeさんのオススメ〉夏場は屋外プールが大人気だが、秋冬もその眺望と、シックな室内の居心地は抜群。

1 Hotel Brooklyn Bridge
60 Furman St., Brooklyn, NY 11201
1hotels.com/brooklyn-bridge
instgram:@1hotels
〈JapaneseDeeさんのオススメ〉ブルックリン橋すぐ隣からの、マンハッタンの眺めは格別! カジュアルで洗練されたデザインも人気の理由。

 

★クラブ

Elsewhere
599 Johnson Ave., Brooklyn, NY 11237
elsewherebrooklyn.com
instagram:@elsewherespace
アーティスティックな雰囲気をまとうブッシュウィックならではの、個性的空間。

Good Room
98 Meserole Ave., Brooklyn, NY 11222
goodroombk.com
instagram:@goodroombk
グリーンポイントの、地元住民を中心に人気のスポット。二つの部屋で異なるDJがパフォーマンスしている。あなたが気に入るのはどっち?

House of Yes
2 Wyckoff Ave., Brooklyn, NY 11237
houseofyes.org
instagram:@houseofyesnyc
奇々怪界なサーカスをはじめ、アート色の強い独創的なイベントを多数開催。刺激的でぶっ飛んだ夜を求める人向け。

Marquee New York
289 10th Ave.
marqueeny.com
instagram:@marqueeny
〈JapaneseDeeさんのオススメ〉市内のナイトクラブ紹介では、ほぼ必ず名前が挙がる大型施設。世界の人気DJによる、ド派手なパーティーが多く開催される。

 

★バー/ラウンジ/レストラン

Electric Room at Dream Downtown
355 W. 16th St.
electricroomnyc.com
instagram:@electricroomnyc
ロックンロールをテーマにした、英国モチーフのバー。ちょっとアグレッシブに攻めたい夜にオススメ。

HOME SWEET HOME
131 Chrystie St.
homesweethomethebar.com
instagram:@homesweethomebar
ローワーイーストサイドにて、パーティーやDJイベントを多数開催。こぢんまりとしていて、ちょっと隠れ家のような雰囲気。

LAVO
39 E. 58th St.
lavony.com
instagram:@lavony
メインフロアはシックなイタリア料理店で、地下がクラブハウス。食事の後にそのまま踊って騒ぐのが定番の流れなのだとか。

Playboy Club New York
512 W. 42nd St.
playboyclubnyc.com
instagram:@playboyclubnyc
〈JapaneseDeeさんのオススメ〉セクシーなバニーガールがアイコニックな有名店。食事やドリンクのイメージが強いが、時折DJイベントも開催している。

 

ページ: 1 2 3 4

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1041

自由気ままに
デトックス

年末も近くなり、何かと忙しいこの季節。2019年を最後まで楽しむために、体の不調やストレスは今のうちに排除しよう!今号は、気軽に立ち寄れる市内のリラクゼーションスポットを探訪。

Vol.1040

読者ランナーを一挙紹介!
NYCマラソンを見る。

NYジャピオンは、今年もニューヨークシティーマラソンを応援します!レースの基礎情報から、知っていると得する応援の豆知識、そして5区を駆け抜ける読者ランナー太刀を一挙に紹介。(文/南あや)

Vol.1039

ジェネレーションZ が
経済を動かす!

「ジェネレーションZ」(略称=Z世代)という言葉を耳にしたことがあるだろうか?今、この若い世代の勢いが止まらない!数年後にはアメリカ最大の消費者層となると言われている彼らの正体・生態を、今号で勉強使用!(取材・文/菅礼子)

 

Vol.1038

ニューヨークで進化する
Katsu Sando

ニューヨークでは日本のカツサンドが今静かなブーム。数年前まではKatsuには“Japanese style cutlet”と英語の説明が必要だったが、今は堂々とkatsuで通じる。また「サンド」もsandwichではなくsandoと表記されることが多くなった。そこで今号では、ニューヨークで進化する、オリジナリティー溢れるカツサンドを紹介する。(取材・分/古村典子)