グローバル時代の子育て

その36 子供の習い事 継続させるコツ

子供の習い事に関して多い相談が「継続できない」こと。「習い事に行きたがらない」「練習したがらない」「辞めたいと言って聞かない」。子供によっては五つも六つも習い事を渡り歩くというケースもあります。

習い事に子供を参加させる目的は「自信」の育成です。志半ばで習い事をやめてしまうことは「自分はできない!」という失敗体験をさせることになり、本末転倒です。

習い事を継続させ、特技へ引き上げ、自信を大きくするには、10年くらい続けさせることが必要です。たとえば武道で黒帯を取るには数年かかると言われますが、それを達成したことから得られる自信は一生の支えになります。

人よりうまく!

子供が習い事を「もうやりたくない!」「やめたい!」と言うのはなぜだか分かりますか?

その理由は、「うまくできないから」です。うまくできないことをやるのは楽しくないのです。例えば、泳げない子供をスイミングスクールに入れても嫌な経験、挫折感を味合わせるだけです。

子供の習い事を継続させたければ、まずは家庭で基本的な技術を教えてあげなければいけません。水泳教室に入れる前に、お父さんがプールに連れて行き、ストロークの方法、息継ぎのタイミング、飛び込みのコツを子供に教えてあげるのです。

両親が子供の練習に協力して、技能を周囲より少しだけ突き抜けさせてあげると、子供は「自分はできる!」という自信を持ちます。「もっとうまくなりたい!」と、自分から練習に励むようになるのです。

 


習い始めが肝心!

周りの子供たちと同じように週に1、2回のグループレッスンに参加していてもせいぜい技能は平均止まりです。周囲より突き抜けるには、家庭でもコツコツと練習に取り組むことが必要です。

親の経験した習い事でしたら、子供の練習に付き合ってあげてください。そうでない場合はプロのコーチからレッスンを受けることをお勧めします。

「最初からお金をかける必要ない!」と思うかもしれません。でも習い事は最初が肝心なのです。スタート時に正しい技術を身に付けることで、周囲よりも速いスピードで上達することができます。

年齢が小さい子供であれば、少し集中レッスンをするだけで、すぐに周囲から抜き出ることができます。これが子供の自信となり、習い事を継続する原動力となるのです。

習い事、丸投げはダメ!

「習い事に通わせておけばいずれ上達するだろう」と期待してはいけません。週に1、2回のグループ練習では「特技」にはなりません。技能が伸び悩むと子供は「行きたくない!」と言い出します。

習い事は家庭での練習の成果を発表する場、子供が「できる!」という自信を深める場です。習い事で技能を伸ばしてもらおうと思ってはいけません。

大切なのは親が家庭でサポートすることです。子供の自主練習に、親も根気強く付き合ってあげてください。

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1093

暮らしのトラブルに強くなる!

水道詰まり、ネズミ被害、家賃交渉——他の人が経験しているあれこれ、自分に降りかかった時のことは考えてる? 今号は、住居にまつわる意外と忘れがちな自衛対策を紹介。

Vol. 1092

寒い冬だからこそあったかスープで芯まで温まりたい!

寒さの厳しいニューヨークの冬には温かいスープを! 外食規制のある現在、家で作れるスープレシピをマスターするも良し。オススメのスープのテークアウトもよし。寒い冬を乗り切ろう!

Vol. 1091

創作の世界「縫う、編む、織る人々」

刺しゅう、手芸、編み物、キルト、洋裁、和裁……。布と糸を使った創作は幅広いが、今号は、オーダーメードで制作するアーティストや教室で教える講師の「縫う、編む、織る」作品にフォーカス。オリジナル作品をオーダーしたり、自宅で実際に作ってみたりしながら、創作の世界を感じてみよう。

Vol. 1090

新規オープン店に見るNYC

「コロナ禍の今こそあえて」、あるいは「元々のオープン予定がずれて」などの理由で、2020年秋冬にニューヨークで新たにビジネスを始めたオーナーたち。オープンから数カ月経った今、その率直な現状を聞いてみた。