舞台女優:前嶋利菜さん

ニューヨークで奮闘する日本人たち。その新しい発想、夢に向かって走る姿は、私たちを常に刺激する。今、輝いている新人に熱い思いを語ってもらい、また推薦者からの応援メッセージも聞く。

——幼少期から、いろいろなジャンルのパフォーマンスをされていますね。

父親が大のミュージカル好きで、ゴールデンエイジのころのミュージカルビデオを見せられながら育ちました。親がそういった習いごとに積極的だったので、バレエ、子供ミュージカル、タップダンス、ジャズダンスなど、気付いたら週6日は習いごとをしていました。小学校の文集には、ブロードウェーで活躍するミュージカル女優になりたいと書いた気がします。

——日本の大学で声楽科に進んだ理由は?

劇団四季にはまったとき、出演者の経歴に日本の大学の声楽科が多いことに気付き、「ここに行けばミュージカル女優になれる」と(笑)。ミュージカルはダンスから入るケースが多いし、オペラならヨーロッパを目指すと思うので、私の経歴でニューヨークに来ている人は少ないと思います。

——アメリカに来て苦労したことは何でしたか?

アメリカに来た当初は、自分の「日本人気質」に悩みました。日本では「利菜は絶対アメリカが似合っているよ」と言われたのですが、来てみたら、自分は失敗を恥ずかしがる「日本人」のステレオタイプだったんです。他の生徒に置いて行かれている気がして、焦りました。でもこれは「慣れ」ですね。

——ミュージカルをしていて、一番うれしい瞬間は?

役と自分が一体化したとき。自分がいなくなって、役だけに集中できたときは気持ちいいですね! そして私のパフォーマンスを見た人から、プラス思考の反応をもらったときは、やりがいを感じます。

——経歴にある「クルーズ船のパフォーマー」とは?

とにかく色々できることをやろうと思って応募した仕事です。5カ月かけて、北欧、アメリカ大陸、カリブ海を巡るクルーズで、私は船上のキャバレーショーのシンガーでした。2日に1回、複数の演目をルーティンでこなすのは大変な反面、自由時間も多くて面白かったです。デッキの上で朝日を見ながらコーヒーを飲む、すてきな生活でした(笑)。でも、やっぱりニューヨークでダンスする生活が恋しかったですね。

——今春、ミュージカル「ギークス!」で、オフブロードウェーに戻ってきました。

今回はダンスキャプテンを担当しました。振り付けやチーム全体の動きを把握するだけかと思いきや、ブロッキング(ステージ全体の動きの指示)も任され、なかなか大変でした!

——今後の目標は?

私の憧れの女優たちが演じてきた、ミュージカル「オペラ座の怪人」のクリスティーヌ役をやってみたいですね。狭き門だからこそ、やってみたい。

私のロールモデルは、クリスティン・チェノウェス(ミュージカル「ウィキッド」グリンダ役の初演女優)。小柄だけど、どんな役もパワフルに歌いこなす彼女は、ミュージカル女優としての目標。でも私は同時に、自分の確固たるオリジナリティーを持ち続けたいです。

前嶋利菜さん
東京藝術大学大学声楽科卒業。2016年来米。
アメリカンミュージカル&ドラマアカデミー出身。
「コーラスライン」、「テンペスト」他に出演。
rinamaejima.wixsite.com/rinaweb

 

 

『新人の日常チェック!』
彼らは日常をどうやって過ごしているのか。仕事場、オフの姿を追う。

ミュージカル「ギークス!」では、アメコミ好きなオタク役を好演。恋愛モノのヒロインより、明るくはっちゃけた役が好きだという

 

「バイキング・オーシシャン・クルーズライン」で船上ショーに出演。シャンソンや音楽グループ「アバ」の曲目などを歌った

 

ユーチューブチャンネル「Hello New York」で活動中。「ロケで仲間といろんな所に行けて楽しい」と前嶋さん

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1078

リアルで! バーチャルで!

ハロウィーン体験

大規模なパーティーやパレードが難しくとも、10月だけのホラーな雰囲気は楽しめるはず! 今号は、ニューヨーカーが仕掛けるハロウィンの試みの数々をご紹介

Vol. 1077

こだわりのダイナー

ニューヨーク市内の飲食店では先月30日から、インドアも再開。がんばる飲食店への応援も込めて、老舗ダイナーから新しいダイナーまでを紹介します。あなたにとってのお気に入りの店が見つかるかも。

Vol. 1076

ニューヨークらしい秋冬ファッション

先行きが不安な今年の秋冬だからこそ、自分らしいおしゃれで、毎日を明るく過ごしたい! 日本に一時帰国するのを控えている人も多い今年は、あえて「ニューヨークらしい」ファッションを楽しんでみない?

Vol. 1075

さりげなく差を付ける身だしなみ

新型コロナウイルスの影響で自粛生活が続き、外出しないため、身だしなみにもこだわらなくなった人も多いのでは? 外出の機会も増えていく中、さりげなく、そして、かっこよくきめる、NY在住者のこだわりの身だしなみを今号では探ってみた。