巻頭特集

読者ランナーを一挙紹介! NYCマラソンを観る。

 

それぞれの思いを胸に!
特殊条件で走る出場者に注目!

NYCマラソンには、ハンディキャップを持った出場者も多い。例えば、車椅子。2000年に設置されたプロ車椅子部門は、各部門の中で最も早い、午前8時30分からスタートする。昨年度の優勝者はアメリカ人のダニエル・ロマンシュク選手で、タイムは1時間29分66秒! 車椅子ランナーのスピードと迫力は、沿道からの見応えもたっぷりだ。

弱冠20歳で優勝した、ダニエル・ロマンシュク選手

 

そして同大会には、伴走者と走る視聴覚障害者も多く出場する。今回は、以下の2組の読者を紹介しよう。

 

金子元輝さん&國井康世さん(Motoki Kaneko & Yasuyo Kunii)

 

今年10月5日に結婚式を挙げたばかりという、日本在住の金子・國井夫妻は、新婚旅行を兼ねてNYCマラソンに初参戦。実は2人とも、網膜色素変性症という難病により、視覚障害を持っている。金子さんは左目がほぼ見えず、右目は「活字1文字程度の視野」。國井さんは幼少期から視野がかなり狭く、暗所で見えなくなる、いわゆる「鳥目」だった。病状が進行した現在は、拡大鏡や音声ソフトなどを駆使して読み書きをしている。明確な症状が出たり、悪化したりしない限り、専門家でも見逃してしまう病気だ。

そんな2人は東京のランニングクラブで出会った仲で、マラソンを「社会とのつながり」(金子さん)、「伴走者や仲間とのチームスポーツ」(國井さん)だとそれぞれ語る。今年の長野マラソンでは、視覚障害B2の男女の部でそれぞれ2位という好成績をマーク。当日は2人に聞こえるよう、「カルカン!(=金子さんのあだ名)」「クニイちゃん!」と声援を送ろう!

 

長本法子さん(Noriko Nagamoto)

 

さまざまな障害を持つランナーの伴走者として、これまで実に20回、NYCマラソンに出場してきた長本さん。上記の金子・國井夫妻も所属する、障害者のためのランニングクラブ「アキレス」のニューヨークメンバーだ。今年度は視覚障害を持つ、福住美奈子さんこと「みーちゃん」の伴走を、西山由実子さんと共に担当する。「徐々に視力を失いつつある、みーちゃんに、NYCマラソンを満喫してもらいたい」と意気込む。

NYCマラソンのいい所は、「5万人のチームメイトと共に、同じ目標(ゴール)に向かうこと」だという長本さん。沿道で見守るからこそ、同じ熱量や一体感を知ることができるものだ。さあ、今年はあなたも現地に行くっきゃない!

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1159

夏バテはこれで解決!

暑さで体調を崩しがちなこの季節、ヘルスケアの専門家から夏を乗り切るための注意点や対策を教えてもらった。

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。