巻頭特集

いざ、ミュージカル鑑賞。

本当は教えたくない?! チケット購入お得情報!

どれも面白そうだから観てみたい! でもチケットが高くて手を出しづらい! と思っている人も多いはず。

実は買い方を選べば、意外とお得な方法で観ることができるのをご存知だろうか? オススメなチケットの買い方を、タイプ別に伝授しよう。

 

チケットの買い方

チケットを買う方法は、作品のウェブサイトや劇場ボックスオフィスだけではない。「チケット界のUber」といわれる「Today Tix」など、チケット購入方法もさまざまだ。あなたのタイプに合わせて、ベストな購入方法を見つけよう!

→多忙すぎて時間がない、利便性重視タイプ ・・・A

→事前に場所や席を分かっていたい、慎重派タイプ ・・・B

→少しでも安く購入したい、節約家タイプ ・・・C

→チャンスにすがる? 運任せタイプ ・・・D

 

タイプ A

各劇場ウェブサイトや、大手チケットサイトからの購入がオススメ

日時や座席が選べる

チケット手数料が高い

〈購入方法〉 各作品のウェブサイトを確認

telecharge: telecharge.comticketmaster: ticketmaster.combroadway.com: broadway.com

 

タイプ B

劇場チケットBOXでの購入がオススメ

日時や座席が選べる、手数料が安い、劇場場所を把握できる

買いに行く時間を作らないといけない

〈購入方法〉 各作品のウェブサイトを確認

ポイント・・・親切な窓口スタッフの場合、見やすい席を教えてくれたり、希望を聞いてくれる。

 

タイプ C

ディスカウントウェブサイトやアプリがオススメ

定価よりも値段が安い、手数料も抑えられる

席が選べないことが多い

〈購入方法〉TKTS: tdf.org

※実店舗はウェブサイトで確認。夜公演とマチネ(昼公演)でオープン時間が異なる

TodayTix: todaytix.comPlayBill: playbill.com/discountbroadwaybox.com: broadwaybox.comtheatermania: theatermania.com

ポイント1・・・TodayTixは席が選べないが、当日劇場に行くと良席が多い(あくまで体験談)。

ポイント2・・・メルマガ登録やアプリを使うと、よりお得な情報をゲットできる。劇場購入でも、メルマガに記載されているディスカウントコードを見せれば安くなる。

ポイント3・・・タイムズスクエアのTKTSはとにかく混む。他店舗に行く方が空いていて、前日夕方に昼公演分の購入が可能。オススメはカフェもある、リンカーンセンター店。

 

タイプ D

当たったら行ってもいいかも?!くらいの人は、ロータリー(ウェブのみ)か、ラッシュチケットからの応募がオススメ

とにかく値段が安い!

ほぼ当たらない。人気作品は一獲千金の宝くじのよう

〈購入方法〉 各作品のウェブサイトを確認

Broadway Direct: lottery.broadwaydirect.com

Lucky Seat: luckyseat.com

TodayTix: todaytix.com

ポイント1・・・余った当日券を販売するラッシュチケットは、ウェブと劇場窓口がある。ジェネラルラッシュは窓口、オンラインラッシュは各劇場のサイトで確認を。

ポイント2・・・当選した場合、劇場で顔写真付きIDの提示が必要!

 

<おまけ>

StubHubの店舗購入▶︎当日券の購入が可能。場合によっては売り切れチケットも手に入るかも。スタッフに相談してみよう

StubHub NYC
1412 Broadway
stubhub.com

 

グッズ

鑑賞の思い出にパンフレットやCDなど、グッズを買うのも楽しみの一つ。劇場内の売場での購入が一番だが、買い忘れたという人は劇場街にあるグッズ専門店で購入可能。ただし、劇場のみで販売している商品は、後日、劇場で改めて購入可能なので、買える時間帯は劇場によって異なるので、劇場窓口スタッフに、まずは聞いてみよう。

【ブロードウェーグッズ専門店】

●Theatre Circle268 W. 44th St.
●HAMILTON: THE STOREat The Paramount Hotel235 W. 46th St.

 

その他のポイント!

▶︎食事は上演前に

終演は、だいたい夜10〜11時くらい。作品の話をしながらアフターディナーを楽しむのもアリだが、先にお腹を満たしておくのがベスト。劇場付近のレストランでは、上演前のプレディナーを用意しているお店も多い。入店の際にショーの時間を言えば、早く運んでもらえる。

▶︎出待ちでサインをゲット

終演後に「出待ち」をすると、俳優がサインに応じたり、一緒に写真を撮ってくれることも。お目当ての俳優が来るかどうか、セキュリティーに聞いてみてもOK。特に夏は休暇シーズンで世界中から人が観に来るので、終演後はすぐに並ぼう。逆に、冬はガラガラ。万全の防寒着で待てば、俳優たちも「寒い中わざわざ待っていたのね」と、普段よりも親切にしてくれること多し!

▶︎交通事情

作品の終演時間は近隣劇場とかぶることが多いので、タクシーを捕まえるのは至難の技。可能であれば地下鉄かバスを利用しよう。

 

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1094

音は続くよ、どこまでも

音を楽しむと書いて「音楽」と読むがまさに今、長く続くコロナ禍で音楽が心の支えとなっている人も、多いのではないだろうか。  今号では、コロナに負けず活動を続けるミュージシャンたちを一部だが紹介していく。オンラインはもちろん、直接鑑賞できる機会も紹介。聞いて感じて、あなただけの癒やしの音を手に入れよう!

Vol. 1093

暮らしのトラブルに強くなる!

水道詰まり、ネズミ被害、家賃交渉——他の人が経験しているあれこれ、自分に降りかかった時のことは考えてる? 今号は、住居にまつわる意外と忘れがちな自衛対策を紹介。

Vol. 1092

寒い冬だからこそあったかスープで芯まで温まりたい!

寒さの厳しいニューヨークの冬には温かいスープを! 外食規制のある現在、家で作れるスープレシピをマスターするも良し。オススメのスープのテークアウトもよし。寒い冬を乗り切ろう!

Vol. 1091

創作の世界「縫う、編む、織る人々」

刺しゅう、手芸、編み物、キルト、洋裁、和裁……。布と糸を使った創作は幅広いが、今号は、オーダーメードで制作するアーティストや教室で教える講師の「縫う、編む、織る」作品にフォーカス。オリジナル作品をオーダーしたり、自宅で実際に作ってみたりしながら、創作の世界を感じてみよう。