巻頭特集

映画館に行こう!NY流シネマの楽しみ方

その3
映画好きのための
こだわりアートシアター


新旧、国内外、ジャンルを問わず、とにかく作品の質にこだわったプログラムセレクションをしてくれるアートシアターがたくさんあるのも、ニューヨークでの映画鑑賞の魅力の一つ。

こうした映画館では俳優や監督、プロデューサーといったいわゆるセレブをゲストに迎えるだけでなく、ライターやプロダクションデザイナー、作曲家など、映画作りに欠かせない重要な役割を担っているスタッフも招待してくれるので、映画ファンにはたまらない。逆に映画ファンでなくても、ゲストトークを通して制作秘話やエピソードを聞くことは、映画に興味を持つようになるよいきっかけだ。

そんなアートシアターの中からのおすすめの一つ目は「クワッドシネマ」。オープンは1972年。デジタル化とリノベーションの後2017年にリニューアルオープンし、都会的かつ宇宙的な空間にガラリとイメージが変わったが、四つ(クワッド)のスクリーンをベースに、良質の映画をキュレートするというスピリットは変わらず。シニアプログラマーが、前述の「フィルム・コメント」ライターで映画批評家のギャビン・スミスというのも信頼がおける。

 

 

黒と赤を基調にしたスーパーモダンな内装に生まれ変わった「クワッドシネマ」。座席の座り心地抜群

70年創設の「フィルムフォーラム」は、ニューヨークに長く住む映画ファンなら一度は行ったことがあるアートシアターだろう。映画をサポートしたいという思いが強いファンが作ったNPOで、映画セレクションには定評がある。

国内外のインディペンデント系の新作に加え、毎回楽しみなのが凝ったテーマの映画シリーズ。10月11日(金)からは「東京の下町」に焦点をあてた映画を一挙37本上映。「東京物語」(小津安二郎監督)や「野良犬」(黒澤明監督)、「菊次郎の夏」(北野武監督)などが観られる。

またソーホーにほど近い「アンジェリカ・フィルム・センター」はハリウッドスタジオ制作ものと、インディペンデント系、海外作品をバランスよく上映しているアートシアター。今でこそ入り口の待合ラウンジが広い映画館が増えているが、アンジェリカは昔からラウンジが広々としており、ゆったり気分で館内入場の順番を待つことができる。映画を観ずに、カフェ替わりに利用する人もいる。

 

映画関係者のゲストトークはアートシアターに行く楽しみの一つ。写真は「After the Wedding」主演のジュリアン・ムーアと監督のバート・フロイントリッヒ。アンジェリカ・フィルム・センターでのプレミアにて


そして、「IFC(
Inde-pendent Film Channel)センター」は名前にインディペンデントとついてるだけあり、独立系の個性的な映画を中心に上映。スクリーンは五つあり、アートシアターにしては多めだ。毎年11月にはドキュメンタリー映画祭「DOC NYC」をホストする。

これらのアートシアターはグリニッチビレッジに集中しており、すべて徒歩圏内。映画館のハシゴとまではいかないだろうが、ビレッジ周辺はたくさんの映画のロケ地にもなっているので、映画館とロケ地めぐりをセットで楽しむこともできる。

「IFC センター」はグリニッチビレッジのハブとなるウエスト4駅を出るとすぐ目の前にある。ゴダール映画や黒澤映画のシーンをイラストにあしらった、オリジナルのトートバッグはアートシアターならではのセレクション

 

Quad Cinema

34 W. 13th St.
(bet. 5th & 6th Aves.)
quadcinema.com

Film Forum

209 W. Houseton St.
(bet. 6th Ave. & Varick St.)
filmforum.org

Angelika Film Center

18 W. Houseton St.
(at Mercer St.)
angelikafilmcenter.com/nyc

IFC Center

323 6th Ave.
(bet. Carmine & 4th Sts.)
ifccenter.com

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1094

音は続くよ、どこまでも

音を楽しむと書いて「音楽」と読むがまさに今、長く続くコロナ禍で音楽が心の支えとなっている人も、多いのではないだろうか。  今号では、コロナに負けず活動を続けるミュージシャンたちを一部だが紹介していく。オンラインはもちろん、直接鑑賞できる機会も紹介。聞いて感じて、あなただけの癒やしの音を手に入れよう!

Vol. 1093

暮らしのトラブルに強くなる!

水道詰まり、ネズミ被害、家賃交渉——他の人が経験しているあれこれ、自分に降りかかった時のことは考えてる? 今号は、住居にまつわる意外と忘れがちな自衛対策を紹介。

Vol. 1092

寒い冬だからこそあったかスープで芯まで温まりたい!

寒さの厳しいニューヨークの冬には温かいスープを! 外食規制のある現在、家で作れるスープレシピをマスターするも良し。オススメのスープのテークアウトもよし。寒い冬を乗り切ろう!

Vol. 1091

創作の世界「縫う、編む、織る人々」

刺しゅう、手芸、編み物、キルト、洋裁、和裁……。布と糸を使った創作は幅広いが、今号は、オーダーメードで制作するアーティストや教室で教える講師の「縫う、編む、織る」作品にフォーカス。オリジナル作品をオーダーしたり、自宅で実際に作ってみたりしながら、創作の世界を感じてみよう。