巻頭特集

映画館に行こう!NY流シネマの楽しみ方

その2
映画の世界観を
コンテクストとして楽しむ

ミュージアムや文化施設に併設する映画館は、映画を鑑賞するだけでなく、その映画や作家、あるいは時代やテーマについてなど、多角的に楽しめるのがポイント。例えば前ページで触れた「映像博物館(MoMI)」は、映像芸術の歴史・発展についての展示と、定期的に変わる企画展示を通して、映画について深く知ることができる。ミュージアムショップでは映画に関する本やDVDの品ぞろえが豊富。映画と展示、そして関連グッズと、AからZまで映画に浸ることができる。今月20日(金)から「幽霊」をテーマにした映画シリーズが始まり、「雨月物語」(溝口健二監督)や「怪談」(小林正樹監督)も上映される。拡張・改築が終了して2011年に再オープンした同ミュージアムはスケールが大きく、自然光が差し込む気持ちのいいスペースなので、ミュージアムカフェでお茶するだけでもリラックスできる。


 

アストリアの映画撮影スタジオ跡地に居を構える「映像博物館」は、ロングアイランドシティーの再開発の求心力にもなっている

 

全米随一の芸術施設群「リンカーンセンター」内には「ウォルター・リード・シアター」「アリス・タリー・ホール」を始めとする、大小の五つの上映施設があり、通常の映画上映に加えて、数々の映画祭をホストしている。27日(金)から始まる「ニューヨーク映画祭」もここで行われる。同センターは映画雑誌「フィルムコメント」を編集・発行しており、映画批評・研究のオーソリティーだ。こちらも数年にわたる改築がほぼ終わり、どのシアターも居心地がいい。

この他、「ニューヨーク現代美術館(MoMA)」(現在改築中)や、「ブルックリン・アカデミー・オブ・ミュージック(BAM)」に併設の映画館もこの類で、ラインアップが充実している。また、ジャパンソサエティーやアジアソサエティー、フレンチインスティチュート、スカンジナビアハウスなど、世界各国の文化施設もオリジナルの映画プログラムを展開している。

 

ニューヨーク映画祭が行われるリンカーンセンターは、数ブロックに渡る、巨大な芸術コンプレックス

 

Museum of the Moving Image (MoMI)

36-01 35th Ave., Astoria, NY 11106
movingimage.us

Film at Lincoln Center-Walter Read Theater

70 Lincoln Center Plaza
(on 65th St., bet. Broadway & Amsterdam Ave.)
filmlinc.org

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1094

音は続くよ、どこまでも

音を楽しむと書いて「音楽」と読むがまさに今、長く続くコロナ禍で音楽が心の支えとなっている人も、多いのではないだろうか。  今号では、コロナに負けず活動を続けるミュージシャンたちを一部だが紹介していく。オンラインはもちろん、直接鑑賞できる機会も紹介。聞いて感じて、あなただけの癒やしの音を手に入れよう!

Vol. 1093

暮らしのトラブルに強くなる!

水道詰まり、ネズミ被害、家賃交渉——他の人が経験しているあれこれ、自分に降りかかった時のことは考えてる? 今号は、住居にまつわる意外と忘れがちな自衛対策を紹介。

Vol. 1092

寒い冬だからこそあったかスープで芯まで温まりたい!

寒さの厳しいニューヨークの冬には温かいスープを! 外食規制のある現在、家で作れるスープレシピをマスターするも良し。オススメのスープのテークアウトもよし。寒い冬を乗り切ろう!

Vol. 1091

創作の世界「縫う、編む、織る人々」

刺しゅう、手芸、編み物、キルト、洋裁、和裁……。布と糸を使った創作は幅広いが、今号は、オーダーメードで制作するアーティストや教室で教える講師の「縫う、編む、織る」作品にフォーカス。オリジナル作品をオーダーしたり、自宅で実際に作ってみたりしながら、創作の世界を感じてみよう。