巻頭特集

映画館に行こう!NY流シネマの楽しみ方

タイプ別おすすめ映画館

その1
映画館の域を超えた
レトロ感覚のエンタメ空間

封切りのブロックバスター映画を中心に扱い、収容人数が1000人を超えるようなマルチプレックスとは一線を画す、小規模の映画館は、プログラミングの妙やイベント企画力、アメニティーやサービスの魅力が勝負どころ。その点、ローワーイーストサイドの「メトログラフ」は空間デザイン、プログラム、企画ともに個性的でおもしろい。1920年代の映画館をモデルにしており、座席のフレームは木製、上映中の映画案内プレートはタングステンライトで照らされるなど、レトロ感満載。またラウンジも当時の撮影スタジオをイメージしてデザインされ、どこから見ても絵になり、どこから見ても絵になる。

プログラム構成は米国内外のインディペンデントおよびクラシック映画が中心で、こちらも映画ファンが納得するラインナップだ。10月にはヒッチコックの回顧シリーズが始まる他、81年のニューヨークのアートシーンやビレッジのエネルギーを描いた「ダウンタウン81」が注目。当時19歳だった画家のジャン=ミシェル・バスキア主演だ。

 

 

「メトログラフ」の入り口には看板も住所もないので分かりにくいが、中に入るとフォトジェニックな空間が広がる(写真上=エントランス、下=2階ラウンジ)

 

また、決して新しいスタイルではないのだが、各席にテーブルがついており、食事をしながら映画を楽しむシステムの「ナイトホーク・シネマ」や「アラモ・ドラフトハウス」は、レトロな雰囲気を生かしながら、ミレニアル向けに生まれ変わった映画館だ。提供するメニューの中には映画にちなんだ料理やドリンク、また上映中の映画からインスパイアされたものも登場する。プログラムは新作からリバイバルまで。



古い映画館を改築して再オープンした、プロスペクトパークの「ナイトホーク・シネマ」(写真上=公園沿いの外観 下=各席にテーブルを備えたスクリーニングルーム)

 

アール・デコ調の内装がラグジュアリーな「ロキシー・シネマ」は100席あまりの単館シアター。トライベッカのブティックホテル「ザ・ロキシー」の地下にあり、これまた20年代のジャズエイジの雰囲気を残している。映画鑑賞の前後はホテルに併設するラウンジやカフェでも楽しめる。

 

Metrograph

7 Ludlow St. (bet. Canal & Hester Sts.)
metrograph.com

Nitehawk Cinema

(Willamsburg location)
136 Metropolitan Ave., Brooklyn, NY 11249
nitehawkcinema.com/williamsburg

(Prospect Park location)
188 Prospect Park West, Brooklyn, NY 11215
nitehawkcinema.com/prospectpark

Alamo Drafthouse

445 Albee Square West, Brooklyn, NY 11201
drafthouse.com/theater/downtown-brooklyn

Roxy Cinema

The Roxy Hotel, Cellar Level
2 6th Ave. (bet. White & Walker Sts.)
roxycinematribeca.com

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1130

今年は75周年のメモリアルイヤー! NBAを見に行こう!

レギュラーシーズン開幕から約1カ月。創設75周年を迎えたNBAは、今季ならではのイベントが盛りだくさんだ。今、話題のNBA系YouTuber、Rikuto AFさんとニコラス武さんの解説と共に、その魅力を紹介する。

Vol. 1129

NYC新市誕生! エリック・アダムス氏を解剖

2日に行われたニューヨーク市の市長選で民主党のエリック・アダムス氏が当選し、次期ニューヨーク市長に就任する。エリック・アダムス氏とはどんな人物なのか? そして今後のニューヨークはどう変わるのか?

Vol. 1128

ビザ最新情報 2021秋冬版

2023年度DV(移民多様化)抽選永住権の米国務省受付が、9日正午で終了した。今号では、H、E、L、Oビザなどの非移民ビザや永住権に関する最新情報を紹介する。

Vol. 1127

今年は何する? もうすぐサンクスギビングデー!

いよいよサンクスギビングデーがやってくる。今年は例年のパレードも復活し、感謝祭ディナーに大セールと楽しいイベントがめじろ押し。日本人にはなじみない文化とはいえ、せっかくアメリカに住んでいるのなら目いっぱい楽しまなきゃ損! 今号はそんなサンクスギビングを存分に満喫するための情報をお届けする。