コーリン・ジャパニーズ・トレーディング 創業者・社長 川野作織

人生とは縁の巡り合わせ
「自由」の意味を考える

「人生は一難去って、また一難」。そう言って静かにほほ笑む、「コーリン・ジャパニーズ・トレーディング」創業者の川野作織さんは、1978年に来米した。日本の伝統文化が好きで、子供の頃から華道、茶道、着物の着付けなどを習い、いつか海外に教えに出たいと思っていた。

来米当初はウエートレスとして働いていたが、ふと和食器の行商を思い付き、2000ドルで5ケースの有田焼を日本から取り寄せた。文字通り、商品を背負って回る日々から始まり、1988年ごろにようやく事業が軌道に乗った。娘も生まれ、公私ともに「幸せの絶頂期」だったと川野さんは振り返る。

暗雲が立ち込めたのは1990年7月。湾岸戦争が始まるという噂が流れた。「今のうちに事業を縮小しよう」と決意し、オフィスを解約。そしていざ戦争が始まると、予測通り、不景気から売り上げはガクッと落ちた。人件費を含む諸経費を削り、顧客には自ら手紙をしたためて不便を詫び、心のつながりを深めた。とにかく赤字が出ないよう、必死に考えを巡らせた。

それでも立ち行かなくなった川野さんが最後に目を留めたのは、改装工事が完成したばかりの自宅アパート。娘と共にこの新居で暮らすのが、長年の夢だった。

「成功の証でもありました。維持費が掛かるし、他に削れる経費はないと知っていましたが、どうしても手放したくなくて。でも、他人に貸し、3分の1のサイズのアパートに引っ越そうと思い切った時、心から安心したんです」

一度手に入れたものを失いたくないという執着心が、全ての苦しみの元だと悟った。それからは、人も物も、時が来たら去っていき、また違う縁で「帰ってくる」のだと考えるようになった。

「ゼロから始めて、人に助けられながら学んだ。だからもう一度振り出しに戻っても、以前よりも短い期間で、今の場所まで戻ってこれるはずです」

戦後、事業も再び軌道に乗り、2005年には日本食文化を普及するNPO法人「五絆(ごはん)ソサエティー」を設立。自分の情熱に素直に、一心不乱に仕事に打ち込み続けてきた。そして、創業から35年近く経った2016年、社員の自立を望む思いと、「やれるときにやりたいことをやる」という決意から、1カ月の北極圏一周旅行を敢行。初めての長期休暇だった。自分の不在に社員たちは心細そうだったが、トラブルはなし。会社の成長を感じてうれしかったという。自信がついた社員らに見送られ、今年は3カ月、南半球の船旅で、ゆっくり世界を見て回った。

「生涯現役だけど、ペースをゆっくりにしようかと思います。60を過ぎたら、自由に生きた方がいい。自信を持って生きられることが、本当に大切なことだと思います」

 

 

 

 

川野作織(かわの・さおり)
東京都生まれ。中学校教員を経て1978年に来米。
82年「コーリン・ジャパニーズ・トレーディング」設立。
2005年に非営利法人「五絆(ゴハン)ソサエティー」設立。
07年に国連で「LeadershipAward」を受賞。
17年に外務大臣表彰を受けた。korin.com

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。

Vol. 1122

コロナに負けず NYファッションシーンが再開!

まだまだデジタルでの新作発表を行うブランドが多いものの、パンデミック以降、初めてゲストを招いてのニューヨーク・ファッション・ウィークが再開した。今回のショーの動向、ニューヨークのファッションシーンを盛り上げるべく奮闘する、日本人デザイナーやモデルにもフォーカスする。