巻頭特集

大都会にも 星はある

 

今回取材で使ったツール

星座表

アンドロイド、アイフォン共に対応する、無料アプリ。実際に見上げている空にスマホを向けると、GPS機能がリアルタイムの星の場所を捕捉して、画面に表示。星が密集していると、正確に分かりづらいときもあるが、無料であることを考えるとかなり使い勝手は良い。(escapistgames.com)

 

 

Celestron 7×50
Cometron Binocular

天体観測では、バードウォッチングやコンサート観覧以上の暗闇で使用することになる。天体観測用の双眼鏡は必須アイテムだ。今回は初心者ということもあり、約35ドルのものを購入したが、星を探す程度なら問題なく使えた。(celestron.com)

 


 

アニバーサリーイヤー到来!  アポロ11号と月

1969年7月20日に、NASA(アメリカ航空宇宙局)の有人宇宙飛行船「アポロ11号」が人類初の月面着陸に成功してから、今年で満50年を迎えた。ニール・アームストロング船長を含む3人の宇宙飛行士が、前人未到の地に星条旗を掲げた場面はあまりにも有名。着陸当日こそ過ぎてしまったが、天文学界のお祭りムードはまだ続いている! これを機に、見慣れた月の新たな一面や、宇宙航空科学の進歩を知ろう。

アメリカ自然史博物館
特別展「To The Moon by Laurie Anderson and Hsin-Chien Huang」
〜7月28日(日)10am-5:30pm
on Central Park W. (at 79th St.) / amnh.org

芸術家ローリー・アンダーソンとシン=チャン・ユアンの共同VR(バーチャルリアリティー)作品。参加者は地球から宇宙空間に打ち上げられ、月面に着陸。映像美もさることながら、音楽も幻想的だ。上映時間15分、入場料は大人23ドル〜。ちなみに、同館には月の石も展示されている。

 

イントレピッド海上航空宇宙博物館
特別展「Apollo 11: Media, the Moon and Beyond」
〜9月3日(火)
Pier 86 (on 46th St.) / ntrepidmuseum.org

アポロ11号が月面着陸した当時の様子を、メディアの記録からたどる特別展示。地球で人々が、この計画をどう見ていたのかをひも解こう。また月ではないが、館内には宇宙ステーション体験や無重力体験などもできる。入場料は大人33ドル。16歳未満は保護者同伴が必要。

 

メトロポリタン美術館
特別展「Apollo’s Muse: The Moon in the Age of Photography」
〜9月22日(日)
1000 5th Ave. / metmuseum.org

アポロ11号着陸前の、まだ月の解明が進んでいない時代に描かれた月の絵や、着陸当時の写真、さらに後世で制作された月がテーマのアート作品などを一挙に展示。月そのものの美しさと魅力がたっぷり詰まった写真展だ。ニューヨーク州内在住なら入場無料。

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1179

今年も始まるホリデーシーズン とっておきのクリスマスギフトを見つけよう!

もうすぐクリスマス。ギフト選びに苦戦する人も少なくないはず。大切な人に喜んでもらえるものを、心を込めて贈りたいですよね。そこで今年人気のあるギフトの紹介からラッピング情報まで編集部がリサーチ。

Vol. 1178

知りたい! ペンステ改装計画

パンデミックの収束とともに、ニューヨークにも本格的ににぎわいが戻ってきた。今週は30年越しのリニューアル計画で活気付くペンステーションに迫る。

Vol. 1177

帰省特集 今年の冬休みは日本で過ごす!

コロナの規制が大幅に緩和され、帰国・入国がだいぶスムースになったこの冬。久しぶりに日本で年末年始を過ごそうと計画している方も多いでしょう。今回はそんな帰省事情をリサーチ。

Vol. 1176

ホリデーシーズン到来! みんなで楽しむサンクスギビング

サンクスギビングも近づいてきて、いよいよホリデーシーズンだ。ショッピングや冬のアクティビティーも楽しめる、大切な祝日であるサンクスギビング。そのルーツや習慣も知って、アメリカの祝日を楽しもう!