古くて新しい、とっておきのブルックリンへ

BKを代表するビール工場 (古くて新しい、とっておきのブルックリンへ 038)

ブルックリンのガイドブックの著者、安部かすみが、本で書ききれなかったことや、まだあるお気に入りスポットを紹介します。「大切な友人に紹介するとしたら?」という目線で選んだとっておき。

今週はイーストウィリアムズバーグにある「Brooklyn Brewery」です。

 



Brooklyn Brewery(ブルックリン・ブルワリー)

ビールのおいしい季節になりました。ブルックリンのビールといえば、誰の脳裏にもまず「ブルックリンラガー」が思い浮かぶのではないでしょうか? 今や日本でも飲めるくらい、世界規模で知られる一大企業へと大成長しました。

80年代ビール界を揺らした新星

クラフトビールばやりの昨今ですが、1988年創業のブルックリン・ブルワリーはクラフトビールの先駆者。80年代の米ビール市場といえばバドワイザー、クアーズ、ミラーのビッグ3が独占していました。そこに彼らは、「ほろ辛い」香りが特徴のオールモルト(麦芽)ラガービールで、殴り込みをかけたわけです。

創業者は元AP通信やニューズデイのジャーナリスト、スティーブ・ヒンディさん。アルコール規制のある中東地域に5年半駐在し、帰国後は自宅で趣味のビール作りをはじめました。その後、近所仲間のバンカー、トム・ポッターさんと共に会社を設立し、96年に現在のような、テースティングルームを併設したブルワリー形態に。

2003年、トムさんの退職とともに長年の友、デービッド・オッタウェー家に会社を売却し、14年以降はオッタウェー家の息子、エリックさんとロビンさんが中心になって事業を展開しています。意外と知られていませんが、ロゴは「I♡NY」や「ニューヨークマガジン」を手掛けた世界的デザイナー、ミルトン・グレイザー作なんですよ。そんな裏話を思い出しながらビールを飲むと、さらに味わい深く感じられます。

 

工場見学ツアーも

現在製造しているのは、ラガーとエールの2種類。工場見学ツアーに参加するのもおすすめです。無料ツアーは土曜、日曜日の午後1〜6時の間(30分間ごと)。有料ツアー(18ドル〜、要予約)は月曜〜金曜日の午後5時以降で、缶1本と生ビール3杯をテイスティングでき、ビールラバーには大変お得!

生演奏を聴きながらのテースティングや売店でのお土産探しなど、ただビールを飲む以上のお楽しみであふれた場所です。

 

 

ツアーでは、麦芽やホップの実物を見ながら解説してくれる

 

フレンドリーなガイドが醸造所のあれこれを説明

 

工場見学の後は小部屋へ移動し、試飲が続く

 

工場見学ツアーで提供されたできたての生ビール。私は「Small Batch & Technical Tour」(45分、18ドル)に参加

 

All Photos: © Kasumi Abe

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1074

風を感じる

新型コロナウイルスの影響により、普段あまり気にしていなかった「換気」に注目が集まっている今、やはり「風」が生活のポイントといえるだろう! そこで、今号では身近な場所で「風をどこまで感じられるか」をテーマに、NYCや近郊で体験できる場所を紹介していく。

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。