ハンドモデル:永瀬まりさん

ニューヨークで奮闘する日本人たち。その新しい発想、夢に向かって走る姿は、私たちを常に刺激する。今、輝いている新人に熱い思いを語ってもらい、また推薦者からの応援メッセージも聞く。


——特殊な職業ですが、就いたきっかけは?

 子供のころはキッズモデルをやっていましたが、なかなか芽が出ませんでした。18歳の時、テレビでCMを観ている時に「このモデルさんより、私の指の方が長いのでは」と思ったんです。手のモデルに応募してみたらすぐにCMの仕事が決まり、あとはトントン拍子。ジュエリーやコスメをはじめ、女優さんの手の吹き替えなどもやりました。

 

——海外に行こうと決心したのはなぜですか?

 20歳の時に、ハンドモデルにとって最終目標でもあるハンドクリームブランド「アトリックス」の仕事を取ってしまい、その後どう成長すればいいのか分からなくなっていました。でも海外なら、さらにステップを進めるチャンスがあるのではと思いました。ニューヨークの第一線で活躍する写真家が背中を押してくださったこともあって決心しました。

 

——こちらではどうやって仕事を見つけましたか?

 来る前からインスタグラムで写真家などに営業していたので、すぐに声を掛けてもらえました。また大手エージェンシーに所属できたので、大きな仕事も回ってきました。撮影は、難しいポーズで長時間停止することが多いので体力勝負ですが、とても楽しいです。


——日米のハンドモデルに違いはありますか?

 こちらのモデルは山や海にも行き、普通に生活しているので、私が日常でも手袋をしていると驚かれます。日本と違って、日焼けした手が受けたり、骨がゴツッとした指もセクシーとされたりと、手にもダイバーシティーがあります。


——大変だった体験は?

 来たばかりの頃、ある仕事に遅れが出ていた時に、「私が英語が理解できないせいで、時間を取らせていたらごめんなさい」と謝ったら、翌日「もう来なくていい」と言われてしまいました。私が謝ったことをいいことに、仕事が遅れた責任を、写真家が全て私に押し付けたせいでした。

 クライアントが私を気に入ってくれていたので、現場に戻れましたが、一番悔しい出来事でした。それから英語に対する不安は捨てようと決め、対応の仕方を変えたら、仕事がどんどん来るようになりました。


——逆に一番うれしかったことは何でしょう?

 2017年の「ティファニー」の仕事。世界中の雑誌の広告ページにも出たので格が上がり、周囲の扱いも変わりました。世界に通用する代表作に出合えたのは、ニューヨークに来たごほうびだと思います。

 

——今後の目標は?

 今は手がとてもいい状態ですが、この仕事を始めた時から、「自分でプロと言えなくなったらきっぱり辞めよう」と決めています。何年か後には次の職業に就いているかもしれません。

 実は昨年大病をして、人生観が変わりました。一番を目指して突き進んで来ましたが、これからはもっと肩の力を抜いて、自然体で仕事とも人生とも向き合っていきたいです。

 


永瀬まりさん

埼玉県出身。
19歳でハンドモデルをスタート、2016年に来米。
日本では150本以上のCMや、数々の雑誌、テレビ、ラジオ番組にも出演した。
Instagram: @mari_handmodel

 


 

『新人の日常チェック!』
彼らは日常をどうやって過ごしているのか。仕事場、オフの姿を追う。

 

ハンドモデルはファッションモデルと異なり、小さなセットの中で手のアップを撮影するのが基本

 

ネイルはいつも、スタジオでネイリストにやってもらう。現場に来るネイリストはハンドモデルという職業に理解があるので、安心して任せられるという

 

休日はジムに通っている。「サウナやミストやジャグジーも付いているので、気分転換にも最高です!」と永瀬さん

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1074

風を感じる

新型コロナウイルスの影響により、普段あまり気にしていなかった「換気」に注目が集まっている今、やはり「風」が生活のポイントといえるだろう! そこで、今号では身近な場所で「風をどこまで感じられるか」をテーマに、NYCや近郊で体験できる場所を紹介していく。

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。