巻頭特集

絵になるニューヨーク滞在


新感覚が欲しい人に

 

メキシコでデザイナーズホテルを複数展開する、「グルーポ・ハビタ」の米国進出店が「ホテル・アメリカーノ」。情熱の国・メキシコの、カラフルでエネルギッシュなトーンと雰囲気を思い浮かべる人もいるかもしれないが、このホテルはどこか無国籍で、時の流れがゆったりしている。

デザインを手掛けるのは、母国メキシコで数々の賞に輝いた建築家のエンリケ・ノーテン。ラテンとミッドセンチュリー・アメリカ、そしてなんと日本の文化的要素を織り交ぜたとのこと。確かに、まるで敷布団のような不思議な形をしたベッドを始め、客室はどことなく日本の旅館のような落ち着きを感じる。無駄な装飾を削ぎ落としたインテリアも相まって、開放感のあるホテルだ。

併設レストラン「ラ・セントラル」では、メキシコ、ペルーなど南米の味を、スペイン、そして中国や日本といったアジアの食文化と、複雑にミックス。この「どこでもない」文化が、何だかニューヨークらしい。今回紹介した中では最高級だが、泊まる価値がありそうだ。

Hôtel Americano
518 W. 27th St.1$540台〜)
TEL: 212-216-0000hotel-americano.com
●周辺観光名所●
ハイライン、ハドソンヤード

 

 

1人で身軽に旅する人に


今回最後に紹介する「シチズンM」は、ビジネスホテルのような規模と利便性を兼ね備えながら、内装にこだわるユニークなホテルだ。タイムズスクエアとバワリーの2カ所にある。

ロビーの第一印象は、カラフルでポップ! 赤や緑のカラフルな家具、あちこちに伸びたライトスタンド、そして壁一面に陳列された、大小さまざまなオブジェなどが目に楽しい。デザイン事務所、あるいは子どもの遊び場に迷い込んだようなワクワク感がある。

一方、客室はほぼベッドと椅子だけの簡素な作り。丸みを帯びた部屋のフォルムがポップアートのようだ。複数で泊まるときゅうくつそうだが、出張やひとり旅など、あまりスペースが必要でない人は落ち着くかもしれない。

ちなみにこのホテル、超高速インターネット通信(有料サービス)を目玉としているので、ビジネスパーソンの利用にオススメ。

そしてもう一つの売りが、ルーフトップバー「クラウドM」。高層ビルに囲まれているので、夜の輝きはなかなかゴージャス。

 

CitizenM
218 W. 50th St.189 Bowery1$300台〜)
citizenm.com/destinations/new-york
●周辺観光名所●
タイムズスクエア、ロックフェラーセンター、MoMA

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1109

夏のアートを体験しよう!

さまざまなアートを身近に触れられる芸術の街、ニューヨーク。話題のゴッホ展をはじめ、いよいよ全面オープンとなった市内の美術館でも、夏に向けてさまざまな展示会が始まっている。この夏はアートを存分に満喫しよう!

Vol. 1108

知っておきたい 大学進学への心得  日本編

米国からの帰国生が大学受験において知っておくべきことはなんだろうか? 先週号に引き続き大学の進学事情をお届けする今週号では、海外から日本の大学を受験するための基礎知識と基本最新情報を徹底解剖する。

Vol. 1107

知っておきたい 大学進学への心得  米国編

子供を持つ家庭において教育課程の最難関ともいえる大学進学。そこで、これから大学進学を控える親子が知っておくべき基礎知識と最新情報を、米国編と日本編の2回に分けて特集する。今号は、米国の大学にまつわる受験事情をご紹介!

Vol. 1106

フレキシタリアンのすすめ

昨今にわかに注目を浴びる「フレキシタリアン」ダイエット。一体どんなメリットがあり、どう実践したらいいのか? 今号ではフレキシタリアンの考え方をうまく自分の食生活に取り入れる方法を紹介する。