巻頭特集

絵になるニューヨーク滞在

「ニューヨークでいいホテル知らない?」と聞かれたとき、
スマートにいいホテルを紹介できたら、きっと真のニューヨーカー!
今号は、また泊まりに来たくなるような、市内のオシャレなデザイナーズホテルを紹介。



市内最新ホテルは変わり種ばかり!

空港からの利便性を重視する人には、今年春にオープンした「TWAホテル」への宿泊をオススメしたい。何せ、JFK国際空港内の、旧トランスワールド航空(TWA)のターミナルを丸ごと改装したホテルだ。部屋数は512部屋、そしてフィットネスセンターは、ホテル内ジムとしては世界最大級の929平方メートル。

1962年に建築家のエーロ・サーリネンが手掛けたこのターミナルは、映画『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』などのロケ地にも抜てきされた、有名な場所。白を基調とした曲線美が特徴的だ。当時の出発口ホールは、ダイニングスペースとしてそのまま生かされている。

 

 

施設内で、特に地元の各種メディアが注目しているのは、50〜60年代に活躍したロッキード社の旅客機コンステレーション、通称「コニー」を改装した、カクテルラウンジ! アメリカの航空事業の黄金期に空を飛んだ機体の、コックピットにも入ることができるという、飛行機マニア垂涎(すいぜん)の貴重体験ができる。

泊まらずに日中滞在も可能なので、空港で乗り継ぎ時間を持て余している人にもオススメだ。



TWA Hotel
at JFK Airport, Jamaica, NY 11430
TEL: 212-806-9000twahotel.com(1泊$220台〜)


ユニークサービスで勝負

市内の最新ホテルで、もう1軒注目しておきたいのが、ミッドタウンの「ステイパイナップル(staypineapple)」。裸で滞在できる(stay naked)くらいフカフカのベッドやタオル、バスローブなどを採用するなど、「快適さ」にこだわる。

全89部屋は、ビビッドで大人っぽい紫が差し色。都会の遊び心が光るデザインだ。映画『プラダを着た悪魔』などにも参加した、家具デザイナー、クリスチャン・ガイがデザインを担当している。いずれもコンパクト設計で、部屋で過ごすというよりは「ゆったり寝ること」に特化した印象だ。

自転車の貸し出しサービス(今年6月にスタート予定、詳細は要問い合わせ)や、ペットと一緒に泊まれる追加パッケージ、そして宿泊客全員への午後の無料スイーツ提供など、「あったらいいな」というユニークな試みの数々で、他のホテルと差をつけている。

 

Staypinapple New York
337 W. 36th St.
TEL: 212-500-7123
staypineapple.com/midtown-new-york(1泊$230台〜)

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1114

楽しい夏こそ紫外線対策!

太陽が燦々と照りつける毎日、外で楽しく遊べる季節だからこそ、きちんとした知識を持って、紫外線対策をしたいところ。紫外線に当たることで起こるさまざまな弊害も今号できちんと把握しておこう!

Vol. 1113

ちょっとそこまで  魅惑のシティーアイランド

ブロンクスにあるシティーアイランドは、シーフードやマリンスポーツをはじめ、のんびり散歩も楽しめるという魅力的な海辺の街。知る人ぞ知るリゾート地なだけに、訪れたことがないという人も多いかもしれない。そんなシティーアイランドの見所をたっぷりご紹介!

Vol. 1112

この夏は野球アツい!

野球大国であるアメリカ。シーズン真っ最中のMLBの観戦はもちろん、ここニューヨークでは日本人チームによる草野球も盛り上がっているようだ。そんな幅広い野球の魅力を今こそ語り合おう!

Vol. 1111

いよいよ経済再開! ニューヨーク復活へ

6月24日、ついにニューヨーク州の非常事態宣言が解除された。新型コロナウイルスのあらゆる制限が解除となり、約1年3カ月ぶりに本格的に経済再開を果たしたニューヨーク。街は復活に向け着々と進んでいる。